09≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303110/ ≫11
vs.千葉ロッテ 6回戦
2009年観戦4回目@3塁側ベンチサイドシート

3試合パックのラストですね。
この3連戦2回目の観戦。

西武先発は、ワズディン。
2回目なので写真省略。
13:02に球場到着したら、すでに1-0だったことには驚いたww

一方のロッテ先発は、大嶺祐太

大嶺祐太

八重山商工時代から結構好きな投手の一人です。

試合は、乱打戦の様相が一転、初回に一死満塁のチャンスを潰した西武の打線は沈黙。
ワズディンは4回4失点でK.O.
やっぱり、ワズディンは中継ぎにしたほうがいいと思うんだよな…。

2番手は松永浩典
フォームがなんとなく、杉内(ソフトバンク)に似ているのは、三菱重工長崎出身の影響か?

松永浩典 松永浩典

ルーキーイヤー以来、鳴かず飛ばずですが、なんとか先発候補or左の中継ぎとして使える選手になってほしいのですが…。
結果は2回2失点。
5回は中村のエラーや、中島の悪送球(記録はホームスチール)に足を引っ張られた感があるものの、6回は四球で自滅した感もあり、まだまだといったところか。

3番手は岡本慎也

岡本慎也

中日時代は劇場投手といわれながらも、抑える所は抑えていたのに、昨年終盤からは抑えるべきところでも打たれてしまう投手に…。
敗戦処理では、普通に抑えてくれるみたいです。

4番手は正津英二
岡本に続く、中日出身の投手。

正津英二

個人的に、ロングリリーフも出来るシンカーがいいサイドハンド投手、というイメージがある選手なんですが…。
今日は3四球のあとに連打連打でまさかの5失点と大炎上。
1点ずつ返してきている展開だっただけに、試合を完全にぶっ壊しましたね。

7回裏からは、ロッテも2番手中郷大樹に交代。

中郷大樹 中郷大樹

余裕の交代かと思いきや、いきなり中島にストレートの四球を出した後に、中村剛也に豪快にレフトスタンドに運ばれましたww

中村剛也8号HR

その後も、石井義人・清水崇行の浦和学院出身コンビに連続四球。

石井義人&清水崇行

結局、川崎雄介に交代。

川崎雄介

ロッテも中継ぎに難があるところが、浮上できない原因ですよね。

畳み掛けるチャンスで野田浩輔が敢え無く三振。
結局2点止まりというのも、どこか攻めきれないんだよな…。

バット回しの野田浩輔

打席に入る前に、バットの真ん中を持ってグルグル回す野田浩輔。
パワプロでもお馴染みですねww


9回は5番手として、「臨時ストッパー」のはずの小野寺力が登場。

小野寺力

1週間前にこういうピッチングをしてくれればなぁ…。

結局大敗でしたが、終盤に点は取ってくたので、最後まで見た価値はあった(のかな…?)。

スコア 人身事故案内

まぁ、人身事故というおまけがついてきて、西武ファンにとっては泣きっ面に蜂の試合でしたww
ってか、わざわざアナウンスしてくれるなんて、さすが西武グループですね。
スポンサーサイト
2009'04'26(Sun)23:43 [ Sports - 埼玉西武ライオンズ ]
CM : 0 . TB : 0 . TOP ▲

テーマ : スポーツ西武ライオンズ

タグ : 埼玉西武ライオンズ 千葉ロッテマリーンズ 大嶺祐太 松永浩典 岡本慎也 正津英二 中郷大樹 川崎雄介 中村剛也 西武池袋線

COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://kenblogmanhole.blog57.fc2.com/tb.php/792-659ecb17
trackback