07≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303108/ ≫09
【Stage.045】2009春の交流会(終了後編)
終了後、南大沢駅前の牛角で打ち上げをすることに…。

周りがビールを頼むなか、自転車で来たので飲めない自分涙目ww



やっぱり、今回の交流会はみんな収穫が多かったようで、満足そうな表情が見て取れました。

で、今回の飲み会の話のメインは1年生への対応について。

今の幹部代は全体的に後輩の扱い方が下手なので、どうしても後輩の満足するようなものに出来ていない気がするというのが、オレの意見であり、みんなの共通意見だったよう。
春休み中、後輩の様子を見てて感じたのが、

オレは同期の人間に恵まれている

ということ。

鬱期だった頃は、ちょうど接合班班長が消失した頃でもあったせいなのか、疑心暗鬼になって何もかも疑ってかかっていたけど、春休み中の活動をずっと見てきて、オレの同期の人間は、みんな鳥人間への情熱にあふれていることを痛感した。

常に新しいことを求め、常によりよい方向へと考えている。

あんだけ疑ってから言うのもなんだが、ぶっちゃけ自分なんかより情熱を持っているような気がする。
自分なんか、先輩達が用意してくれたレールの上をただ進むだけって感じだし。
それに比べたら、新しいことを求め、よりよい方向へと考えている彼らのほうが断然情熱にあふれてる。
なのに、彼らは自分たちへの感謝も忘れてない。
こんないいやつらに囲まれて、なんでオレは今まで恵まれていると感じなかったのだろうと、悔やんだし、自分を憎みさえした。

確かに、人数は少なかったけど、それぞれが情熱にあふれているからこそ、この人数でもやれるんだと思う。

この交流会ではいろいろと収穫もあったので、自分も新しいことにチャレンジしてみたいと、強く感じた瞬間でした。
スポンサーサイト
2009'03'29(Sun)02:01 [ Birdman - 作業記録 ]
CM : 0 . TB : 0 . TOP ▲

タグ : 鳥人間コンテスト

COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://kenblogmanhole.blog57.fc2.com/tb.php/763-30647793
trackback