07≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303108/ ≫09
【Stage.040】桁試験
今日こそは、予定通り桁試験

とはいえ、自分は新しく始めるバイトの関係で銀行に立ち寄るなど、だいぶ遅刻。

桁試験とは、滑空機の桁に揚力が発生したときに、その揚力による上方向の力に桁自身が耐え切ることができるのかというのを、試験すること。
リブの位置ごとに揚力を計算で出し、その1.2倍~1.7倍程度の揚力に耐えられれば、引き起こしなどで過度の力が加わったとしても全く問題ないとされます。

今回は、最初に1.2倍で試験した後、1.7倍に増量するという方法をとりました。

やり方としては、桁を実際とは上下逆に配置し、各リブ取り付け位置に、発生する揚力から桁自身の重さを引いた分の力を、水を入れた重りで擬似的に作り、それを桁自身にくくりつけます。


桁試験 桁試験

こんな感じで、桁に大量の水入りビニル袋がぶら下がる姿は、なんか滑稽に感じますww

自分が遅刻してしまったせいもあり、試験は夜まで続きました…。
申し訳ないです…。

桁試験

結構たわんでいるのがわかると思います。
1.7倍のときに異音を感じたので途中で中止しましたが、途中まではしっかり耐えていましたし、強度面での問題はないということがハッキリしたので、パイロットとしても一安心です。
スポンサーサイト
2009'03'23(Mon)23:09 [ Birdman - 作業記録 ]
CM : 0 . TB : 0 . TOP ▲

タグ : 鳥人間コンテスト 桁試験

COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://kenblogmanhole.blog57.fc2.com/tb.php/759-f3e03f02
trackback