FC2ブログ
06≪ 2021| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303107/ ≫08
熱い想い
突然の誘いを受けて、将棋部時代の先輩2人、同級生2人と飲み会をすることに。


席で、同級生2人の部活への熱い想いを聴いていて、自分もサークルへの想いを少し改めたほうがいいなと、感じた。

自分も、鳥人間に対する想いは強いほうだと思っているけれども、彼に比べたらまだまだ覚悟が足りないかなと思ってしまう。
その時は、「パイロットと言う立場を利用して、”退部”をチラつかせて悪役に徹する」みたいなことを言ったけど、素直に言えば「面と向かって言えない」というだけのこと。

そうなってしまったのも、自分の弱さが原因、だったら姑息な手段を使わないほうがいい。
パイロットと言う立場上、なにか事故があったとき、最も被害が及びやすい位置にあるということは、自らの身を投げ打ってまでも、今後の活動への戒めとすることが出来る立場でもある。

もし、何か問題があったとき、辞めてしまえば自分に被害は及ばないかもしれないが、改善されなければ、結局誰かが被害を受けてしまう。
パイロットとは、簡単に辞めてはいけないし、もっと覚悟を持つべきものなんだと、そう思う。


もうひとつ。
これは、確か先輩から聴かされた話を言っていたんだと思うけど、「大学の名前で戦っている」ということ。

正直、行き当たりばったりな製作ばかりしているサークルだが、実は大学から80万以上のお金をもらっている、優遇された団体のひとつでもある。
そして、それだけのお金をもらって活動している以上、毎年毎年「書類で落ちました」とか「大した記録が出ませんでした」では済まされない。

今年こそ、大会自体がなくなってしまったのでどうしようもないが、それでも綿密な設計製作をし、テストフライトでは満足のいく飛行をしなければならない。
80万円をもらうに見合った活動をしなければならない。
それには、当然パイロットの腕だって関わってくる。
ハンググライダーこそ、ライセンス取得が出来なかったものの、体重管理や体力づくりはもっとしっかりと行うべきなんだと、痛感した。

誕生日だからと、

ケーキ

こんなもの食べている場合ではなかったのですよね。。。
スポンサーサイト



2009'02'17(Tue)00:22 [ Others - 囲碁将棋部 ]
CM : 0 . TB : 0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://kenblogmanhole.blog57.fc2.com/tb.php/689-208b52f7
trackback