09≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303110/ ≫11
時間を掛けるのであれば…
プロペラ転向に時間的な弊害があるのであれば、やはりサークルとして引退時期を1年先延ばしにするのがよいのではないかと、思い始めた。


正直、1年半もあるのであれば、現幹部代だけでも機体製作はできるし、今から1年生にプロペラ機体の設計製作を考えてもらって、人手が必要なときに招集を掛ける。

申し訳ないが現幹部代はプロペラのノウハウがないので、何も教えることが出来ないけれども、さすがに2年半もあれば、十分な設計製作の時間や、テストフライトの回数を得られるのではないだろうか。


ただ、問題は前回書いたように、オレらが現実を突きつけられないので、軽々しく転向を進められないということ。

Y川くんとか、M原くんとか、知り合いに自分のところの鳥人間チームの人いたりしないかな…。
そして、話を訊けたりしないかな…。


そして、やはり引退時期を延ばすことを、よく思わない人がいるのではないか、という問題。

提案したいのは山々なのだが、オレを始めとする現幹部代や準OB(要は先輩)が提案するのはフェアじゃないような気がするので、1年から自然とそういう声が上がるのを待つしかないのかな…。
スポンサーサイト
2009'01'22(Thu)23:14 [ Birdman - その他 ]
CM : 0 . TB : 0 . TOP ▲

タグ : 鳥人間コンテスト

COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://kenblogmanhole.blog57.fc2.com/tb.php/650-f6e4667a
trackback