09≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303110/ ≫11
転向への問題
1年生はプロペラをやりたいと言っている
オレたちは1年生がプロペラをやるのであれば、滑空機として別エントリーが出来る


双方が、引き続き2010年大会を目指せる理想の形なのだが、本当にプロペラに転向できるのだろうか?
うちのサークルには、まだプロペラについてほとんど技術がない。

製作費用も滑空機と比べて、膨大なものになるだろう。

1年生に、そこまでの覚悟ができた上で、転向したいと言っているのだろうか?


サークルの今後のことを考えたら、1年生に現実を突きつけた上で、本当に転向したいのかを訊くべきなのだと思う。


しかし、オレらには突きつけられる現実を知らない。

どのくらいの製作費用がかかるのか?
何もない状態から始めて、製作期間はいかほどになるのか?
実験は?テストフライトは?

疑問を挙げたらキリがない。


そういった情報も仕入れる必要があるのか…。
スポンサーサイト
2009'01'21(Wed)21:31 [ Birdman - その他 ]
CM : 0 . TB : 0 . TOP ▲

タグ : 鳥人間コンテスト 滑空機 プロペラ機

COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://kenblogmanhole.blog57.fc2.com/tb.php/648-17570cb2
trackback