FC2ブログ
06≪ 2021| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303107/ ≫08
霰粒腫

連休の終わり頃から、なーんか目が痛いなぁと思っていたら、だんだんと瞼の裏が腫れてきまして、ヤバイと感じて眼科に行ってきました。

診断の結果、

霰粒腫(さんりゅうしゅ)

と言われました。
…なんのこっちゃ?
というわけで、ググってみた。

 


【症状・説明】
霰粒腫(さんりゅうしゅ)とは、まぶたの裏に近いところにあるマイボーム腺に慢性的にできる腫瘤である。
症状はまぶたに痛みのない腫瘤が出現してくる。痛みや異物 感、目やになどはない。

目の表面は涙の膜で覆われているが、この涙がすぐに乾燥してしまわないようにその上層には油の膜がある。
この油を出す腺は瞼の内側、ちょうど目と接する部分にあり、霰粒腫とはこの部分に炎症がおきて肉芽腫と呼ばれる肉のかたまりができる病気である。瞼が腫れるのだが、徐々に大きくなる場合と急激に大きくなる場合がある。

症状としては腫れている部分は痛くない。瞼の裏側でも腫れている部分(肉のかたまり)を感じるために目を動かすとごろごろした感じがする。

急激に腫れが起こる場合では目が赤くなり目が圧迫されて痛みを伴うこともある。また、高齢者の場合、時により他の良性腫瘍(眼瞼嚢腫や眼瞼乳頭腫)や悪性腫瘍の場合もあるので専門医に診てもらうことが必要である。



【原因】
原因としては、分泌物の排泄がうまくいかず、まぶたの内で袋状のカプセルの中にたまったものである。疲れがたまると目をこすることが多いためかできやすい。


【対策】
原因がはっきりしている場合はそれを取り除き、点眼・軟膏・内服剤などで治療を行うことが多い。

霰粒腫にかかりやすい場合、瞼を清潔にしておくと再発を防ぐ効果がある。 また、不規則な生活や寝不足、大量の飲酒やストレスがあるとめばちこができやすくなる病気である。

霰粒腫は本人がすぐに気付く病気であるので発見は容易である。美容的にも早目に見つけて、専門医で適切な処置を受けすることが大切である。また全身状態や精神状態などもある程度病気に影響されるので精神的、肉体的な疲労はなるべく避けるようにしたい。

霰粒腫は切除手術が必要になることある。手術は、まぶたの裏側から切開し霰粒腫を包んでいる袋ごと摘出する。老人にこのようなものができた場合には、よく似た病気で、まれに癌であることもあり注意が必要である。



要するに、疲れていたわけだ。

稀に手術が必要になる場合があるらしく、そういったことも踏まえて医者は「3,4日後にまた来てください。」と言ってくれたのだが、実は1週間くらい暇がない…。

 

大丈夫であることを祈ろう。




スポンサーサイト



2008'05'08(Thu)00:00 [ - 雑記 ]
CM : 0 . TB : 0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://kenblogmanhole.blog57.fc2.com/tb.php/369-d2e832d9
trackback