09≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303110/ ≫11
成績返却

昨日取りに行かなかったら、今日の夕方には早くも自宅に…orz

まぁ、親はあんまりとやかく言わなかったですけど。

結果はと言うと、最高に頭のいい某氏のように圧勝とまではいかないものの、快勝 といった感じかな。

教養科目。
哲学はAを取る自信がなかったので捨てた(=来年の教養科目でA取らないと意味ないけど。)、ちなみに前期はB
生態学は、過去問天国と言われながら前期C、後期Bの大誤算…orz

線形数学は前期にケアレスミス連発でCを食らった教訓を生かした結果、無事A
微積はなんか書いてりゃいいので、かなり楽でしたww、前後期ともA

基礎教科系(物理、化学)は、前期ではあまり勉強せずにBを取ってしまい、後悔したので後期はしっかり勉強して、A

実験科目。
化学は1回休んでAが絶望となったから、捨てた。
物理は皆勤し、レポート提出も遅れず出したので、予定通りA

体育は出席すればOKなので、普通にA

英語。
表現のほうは、前期に勉強せずに望んだらCだったので、後期はしっかり勉強、でもB
読解のほうは勉強してもしなくても、前後期ともB
英語が苦手なのは仕様ですww

中国語。
文法のほうが、前期NO勉強で死に掛けたので、後期は万全に備えて、無事A
表現は試験前週の授業にでる類似問題を抑えれば完璧、当然A

専門科目。
基礎熱学は想定外のC、やっぱりケアレスミスが出たか…。
流れの力学は「参照可」の効果は絶大で、余裕のA
基礎材料力学は勉強不足が響いてB
機械デザインは前期で疑惑のB判定が出て焦ったものの、後期はAでした。
プログラミングは授業中の課題提出のみの評価、こういうのは好きなんでAでした。
電気の基礎も、「参照可」の効果で余裕のA評価。

前期に比べて成績がかなり向上、GPAも前期1.96に対して後期は2.66で、1年通算でも2.33とかなりよくなりました。
とりあえず、目標にしていた「Aを増やす」は達成できて満足だし、2年もこの調子なら、3年のゼミ選択は苦労しないかな。

ちなみに、うちの大学のGPAの出し方は、(A評価の単位数×3)+(B評価の単位数×2)+(C評価の単位数×1)を総取得単位数で割ったものらしいです。
割る部分が総取得単位数ってのがミソで(ミソラーメンではないw)、落とした単位は計算値に一切関わらないので、A評価が取れないと判断したら、捨てるのも手ってことです。
欧米や他大学では落とした単位も計算に含んでるみたいだけど、うちの大学は学生に優しいのかな?

そういえば、うちの成績通知表だと、自分が何点取ったかが大まかにしかわかんないんだよなぁ…。
教えて欲しい気もするんだけど。




スポンサーサイト
2008'03'12(Wed)00:00 [ Others - 大学生活とか ]
CM : 0 . TB : 0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://kenblogmanhole.blog57.fc2.com/tb.php/329-142fed33
trackback