07≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303108/ ≫09
人に優しく。

このブログも開設1周年を向かえた今日、僕は「人の優しさ」というものに触れました。 
mixiにも同じこと書いたけど、感謝の気持ちが伝わってくれるとうれしいので、こっちにも書きます。

それは久しぶりに自転車通学をした、今朝の話。


歩道のない道路を自転車で走っていると、前の自転車に追いついた。

歩道がない上に、そこそこ自動車の交通量も多かったために、前の自転車を追走する形をとっていた。

すると、少し先に歩道が復活していたので、

前の自転車は歩道に入るだろうから、車道側を走って追い抜こう

と、考えていた。

しかし、前の自転車は予想に反して車道側に入る体勢に入り、自分は慌てて歩道側へハンドルを切った。

 

 


が、

 

 

前の自転車が車道側へ入り、視界が開けた先には、背の低い人が手前の路地から入ってきていた。

 

 

 

慌ててハンドルを車道側へきる。

 

 

 

 

ガン!

 

鈍い音と共に、ガードレールに直撃した左手人差し指から血が噴き出した。
すぐに自転車を止め、傷の状態を確認する。

血がだらだらと流れ出る、1時間近く自転車をこいで血圧が上がっていたせいだと思うのだが、そのときの自分はパニックになっていたためそんなこととは気づかず、どうにかして出血を抑えようと必死だった。
そんなパニック状態の自分に指は相反するように血を流し続ける。

とりあえず、絆創膏だけでも手に入れよう。

あたりを見渡すと、幼稚園の入り口で、立ち話をしているおじさんとおばさんがいた。

幼稚園なら絆創膏くらいはあるはずだから、もらえるか訊いてみよう。

…すいません、そこで怪我しちゃって、血が止まらないんで、絆創膏もらえませんか?

今思えば、血が止まらないほどの怪我をしていると話し、両手は止血しようとあれこれ頑張った結果、真っ赤に染まっている状況を見たら、絆創膏程度で済むとは思わないだろう。
とはいえ、おじさんは親切にも僕を幼稚園の中へ案内し、止血消毒などの応急処置を施してくれ、おばさんは放置していた自転車を道の端に避け、荷物を運んでくれた。

さっき、地図で確認したところ、その幼稚園は国分寺幼稚園らしいです。
今日は、血まみれでで駆け込んできた、見ず知らずの僕に手厚い手当てをしていただきまして、本当に感謝しています。

本当にありがとうございました。




スポンサーサイト
2008'03'14(Fri)21:17 [ - 雑記 ]
CM : 0 . TB : 0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://kenblogmanhole.blog57.fc2.com/tb.php/328-16052581
trackback