FC2ブログ
07≪ 2020| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303108/ ≫09
Central League 2019
いよいよ今晩プロ野球開幕ということで、
昨日のパリーグ予想に続いて今日はセリーグ。



1.広島東洋カープ

丸が抜けてもなお強い打線。
湯水の様に湧き出る優良外国人投手。

選手層が厚く、
主力を適宜休ませながら使えるので、
シーズンを通して安定した戦いが出来そう。



2.読売ジャイアンツ

丸の加入と吉川尚の成長により、
ショート坂本と合わせて盤石のセンターライン。

岡本という和製大砲も誕生し、
チームとしてのバランスが良くなった。

広島と比べると選手層が薄いので、
チームとしての好不調の波が激しくなりそう、
という点を踏まえて2位という予想。



3.横浜DeNAベイスターズ

筒香、ロペス、宮崎、ソト
という強力打線。

今永、濱口、東、上茶谷、京山、
飯塚、井納、バリオス、大貫
という豊富や先発投手陣。

選手層は厚いが、
投手陣に離脱者や不調になる選手が多く、
チームとしての安定感がないので、
3位という予想。



4.阪神タイガース

監督が変わったことで、
伸び悩み気味だった若手選手の芽が、
どれだけ開花するか。

昨年ステップアップした糸原や梅野は、
昨年同様かそれ以上の成績を残せるか。

北條、中谷、大山などは、
昨年までの好調だった時期をより長く続け、
シーズン通じてスタメンになり得る存在になれるか。

木浪や近本は、
レギュラーに穴が空いた時に、
いかにバックアップとして機能するか。
※今年は開幕からバックアップが必要な様ですが

投手陣は、
青柳、石崎、小野、望月、才木、高橋遥
と言った選手が、
シーズン通じて一軍に居られるか。

浜地、馬場、守屋、尾仲、谷川
と言った選手が、
少しでも一軍で存在感を示せるか。

シーズンが終わる頃に、
チームでなんらかの不動の地位を築く選手が、
何人現れるかによっては、
来年以降は優勝を狙えるチームになると思う。



5.東京ヤクルトスワローズ

主力の年齢層が高い。
主力の離脱者がいつも多い。

離脱者をいかに減らせるかが、
上位浮上の鍵になるが、
年齢層が高いので、
離脱しなくともフルでの活躍が望みにくい選手が増えてきた。

長い目で見れば、
村上が昨年の読売岡本のような成長曲線を描いたら面白い。



6.中日ドラゴンズ

今年は育成の年と割り切ったのか、
というほど昨年5位からの上積みの期待値が低い。

投手陣は、
年間通して使える投手が現れるか。

特に開幕投手に指名された笠原は、
エースになって欲しい、
という首脳陣の期待を感じる。


野手は、
モヤとビシエドの外国人頼りという感じ。

根尾が加入したものの、
即戦力にはならないだろうし、
他に期待の若手と呼べる選手もいない。

誰か覚醒してくれたら儲けもんくらいの感覚なのか。




いよいよ今晩開幕。

今年はどんな面白い野球が見られるのだろうか。
スポンサーサイト



2019'03'29(Fri)00:43 [ Sports - 阪神タイガース ]
CM : 0 . TB : 0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://kenblogmanhole.blog57.fc2.com/tb.php/1913-1d7269c1
trackback