FC2ブログ
06≪ 2021| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303107/ ≫08
Ichiro
イチロー選手が現役引退ということで。


生まれて初めてプロ野球を見たのが、
西武ライオンズ球場での西武vs.オリックスでした。



当時はまだ西武ファンではなくて、
ただ純粋に、

「イチローというすごい選手を見てみたい」

という気持ちで見に行ってて、
西武ファンじゃなかったのに、
当時一塁(ライト)側がホームだったのに、
ビジターのオリックスイチローを見るために、
ライト側外野芝生席で観戦したという思い出。



それからもう20年以上が経って、
MLBとしてのキャリアをスタートさせた、
シアトルマリナーズのユニホームを着て、
出身国である日本で最後の試合をする。

ベンチに退く時には、
大観衆がスタンディングオベーションで迎え、
チームメイト一人一人と抱き合う。

日本人だからというだけではなく、
MLBにとっても、
イチローが如何に偉大な選手だったのか、
それがよくわかる現役最後の2日間だったのではないかと。


見に行けば良かったな。
と、少し後悔。


年末頃までは行くつもりだったんですけどね。

去年特別補佐になった時から、
これで引退するような気がしてたし、
ちょうど菊池雄星が移籍して、
MLB初登板で凱旋の可能性も高かったし。
(実際そうなったし)



試合後の記者会見、
気がついたら全部見入っていたんですが、
その中で自分の心に響いたものをいくつか。


・やりたいと思うなら挑戦すればいい

成功するから行く、
しないから行かない、
という基準では後悔する。


自分はこの基準で生きてきた人間なので、
凄い心に刺さりました。

もっとやりたいことに挑戦すれば良かったかな。

実際、
成功すると思って飛び込んだのに、
蓋を開けたら大失敗だったこともあったし、
その時の成功するかしないかなんて絶対じゃないんだし、
そんなの関係なく挑戦して行くべきだったのかなと。



・アメリカで「外国人」になった経験

エネルギーがあるうちに経験出来たことは、
人生の中で重要なことだったと思う。


イチローが挑戦したからこそ出来た経験だし、
その経験をした人だからこその人生が、
今後のイチローには待っているんじゃないかなと思う。

自分もそういう実りある人生を送りたいけど、

体を動かすことが好きで、
引退しても明日はまたトレーニングしてる。

とまで言ってしまうほど、
トレーニングを苦とも思わない、
自分にとってそれほど熱中できるものがあるのだろうか。


それを、
みつけられた人にだけ見える高み、
みつけられた人にだけ得られる実りある人生

そういうものがあるのかもしれない。

人間の限りある人生の、
エネルギーがあるうちに、
それをみつけることが出来るのは、
凄く運のいいことで、
限られた人にしか訪れないんだろうなと。



イチロー選手、
長い間本当にお疲れ様でした。
スポンサーサイト



2019'03'23(Sat)00:00 [ Sports - スポーツ全般 ]
CM : 0 . TB : 0 . TOP ▲

テーマ : スポーツ野球

タグ : イチロー 現役引退 MLB

COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://kenblogmanhole.blog57.fc2.com/tb.php/1906-fd7143f9
trackback