FC2ブログ
06≪ 2021| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303107/ ≫08
Nagasaki Part.7 ( Tram )


長崎には長崎電気軌道という、
路面電車が走っています。

路線は全部で5種類あり、
方向幕の左側に系統番号が表示されています。

+++++++++++++++



1系統

市内北部の赤迫電停から、
長崎駅、新地中華街を通り、
思案橋の先、崇福寺(元・正覚寺下)電停まで


+++++++++++++++



3系統

同じく赤迫電停から、
長崎駅で市役所方面へ分岐し、
市内東部の蛍茶屋電停まで


+++++++++++++++



4系統

1系統の終点・崇福寺電停から、
浜町アーケード、めがね橋を通り、
3系統の終点・蛍茶屋電停まで


+++++++++++++++



5系統

Part.3で登場した石橋電停から、
新地中華街、めがね橋を通り、
3系統、4系統と同じ蛍茶屋電停まで。


+++++++++++++++

この他、
赤迫電停から、
長崎駅前、新地中華街、めがね橋を通り、
1系統と同じ蛍茶屋電停へ行く、
2系統もありますが、
現在は臨時電車のみの運用となっているようです。


料金はどこまで乗っても一律120円。
※2019年4月から130円




1系統と5系統の乗り継ぎのみ、
最初に乗った電車を降りる際に、
運賃の支払い後にのりつぎ券を貰うことで、
乗り継いだ後の電車では運賃が不要になります。
※新地中華街電停での乗り換えのみ有効


+++++++++++++++



新地中華街電停から、
出島電停へ向かう道路と重なっている細い道。

色づく世界の明日からでは、
OPで琥珀がこの道を横切っている様子があります。


+++++++++++++++



めがね橋電停

6話で唯翔が瞳美に、

「オレ、描くから」

と宣言するのがここ。

このやりとりをきっかけに、
瞳美は一瞬色を取り戻します。


+++++++++++++++



新地中華街電停

停留所自体の描写はありませんが、
6話で一瞬色を取り戻したことを振り返るため、
8話で瞳美と琥珀がきっかけを探しながら会話するのが、
停留所すぐの「オランダ橋」です。





停留所からオランダ橋を越えると、
1系統と5系統の分岐ポイントがあります。




右折する1系統の電車を待つ、
直進の5系統。

このあたりは車の交通量も多く、
電車の運転士もかなりのスキルが求められそうなポイントです。


+++++++++++++++



思案橋電停

こちらも停留所自体の描写はありませんが、
停留所のある交差点は、
8話終了後の次回予告と、
9話で将くんが唯翔に瞳美と撮影デートすることを宣言した後のカットで映っています。

思案橋とは、
その昔、近くにある丸山遊郭という有名な遊郭があり、
遊郭に行こうか行くまいか思案する場所だったことから名づけられたそうで、
今では川が暗渠となってしまい橋も無くなりましたが、
歓楽街の地名として残っています。


男同士の微妙な駆け引きのようなものを、
この「思案橋」のカットで暗に示したのではないかなと思います。


路面電車は、
長崎の街に無くてはならない交通機関なので、
色づくの中でも様々な場面で登場していました。

ブログもすっかり長くなってしまったので、
本日はこの辺で。

次回が長崎聖地巡礼旅行記最終回、
最後は聖地巡礼とは関係ないおまけ写真をまとめます。
スポンサーサイト



2019'03'13(Wed)00:00 [ Anime - 色づく世界の明日から聖地巡礼 ]
CM : 0 . TB : 0 . TOP ▲

テーマ : 写真旅の写真

タグ : 色づく世界の明日から 長崎 聖地巡礼 長崎電気軌道 路面電車

COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://kenblogmanhole.blog57.fc2.com/tb.php/1894-f906fea6
trackback