07≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303108/ ≫09
Shinji Mori
ブログに書くネタはいろいろあるし、
前に仕事と違って定時でちゃんと帰れてるんだけど、
部屋が中々片付かなかったり、
研修と称した出張が続いたりで、
1ヶ月以上更新が空いてしまっていたようで。

そんな溜まったネタも吹っ飛ぶ衝撃のニュースが。


西武の一軍ブルペンを担当していた森慎二コーチが急死されました。

選手としては2000年代前半には豊田清(現・読売ジャイアンツ投手コーチ)と
勝利の方程式を担い、2002年のリーグ優勝にも貢献。

2006年にポスティングでメジャーへ移籍するも、
オープン戦で右肩を脱臼という大怪我を負ってしまい、
メジャーはおろかマイナーリーグにすら登板できないまま、
日本の独立リーグ石川へ。

石川では投手兼任コーチ、監督、投手兼任監督を務めた後、
2015年から西武の一軍投手コーチに就任していました。


個人的には、
現役時代の森慎二→豊田清の勝利の方程式は印象深い。


独特のフォームから繰り出される、
150km/h超のストレートと、
落差の大きなフォークを武器にしていて、
奪三振率の高い投手でした。

コントロールがいいとはいえず、
安定していい成績を納めた期間は短いんですが、
(豊田が抑えになったのも、
 そもそもは当初の抑えだった森が不調だったからだったり)
この2人がいなくなった後、
西武は長らく中継ぎ投手不足に苦しんだことも、
より一層印象を強くしているのかもしれません。


西武のコーチになってまだ2年足らず、
今年は中継ぎ陣の調子も良く、
指導者としてはこれからというところでの訃報、
残念でなりません。

謹んで哀悼の意を表します。
スポンサーサイト
2017'06'29(Thu)02:08 [ Sports - 埼玉西武ライオンズ ]
CM : 0 . TB : 0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://kenblogmanhole.blog57.fc2.com/tb.php/1786-b5e27353
trackback