07≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303108/ ≫09
Goods
昨日は誕生日だっていうのに、
寝る前にブログ書いたらビックリするほどテンションの低いブログになってた。

自分で書いてるはずなのに、
昼間の自分が見てドン引きw


先日、コミティアに参加している知人と食事をする機会があり、
「グッズを作ってみたい」という話を聞いて、
「今、自分の手元にはどんなアニメグッズがあるんだろうか?」
という疑問がふと湧いてきたので、
手当たり次第掻き集めて、写真に撮ってみた。

ちょっと長くなるので、
以下追記とします。

以下見て頂く前に注意。
各グッズの製作コストは適当にググって出てきた価格を載せてます。
実際に作ってみた価格が載ってる価格と全然違っていても、
保証は一切しませんのでご注意ください。


Tシャツ Tシャツ。
※写真は水樹奈々甲子園ライブのTシャツ

グッズとしては定番中の定番。
個人向けにプリントしてくれるサービスも多く、
1枚2000~5000円程度で作れるっぽい。


マフラータオル タオル。
※写真はNEW GAME!イベントマフラータオル

こちらも定番品。
特にライブイベント系でよく見るかな。

マフラータオル、フェイスタオル、バスタオルなど種類は多数あり。
Tシャツ同様、個人向けサービスも多く1枚1000~5000円程度で作れる模様。


クリアファイル クリアファイル。
※上がアニメもの、下は声優もの

特典品としてついてくることが多いかな。
写真に載ってる中で購入したのは右下の雨宮天クリアファイル(ライブグッズ)だけ。
他はCDや雑誌の購入特典やスタンプラリーの記念品。

製作コストは発注数に大きく左右されますが、
大量発注すれば1枚50円以下で作れるようです。


トートバッグ エコバッグ。
※写真はWUG3rdツアーのもの

ライブなんかでは、
大量購入特典についてくることが多いかも。

1枚100円以下で作れるみたい。


マグネット マグネット。
※写真は萌えみのり(お米)を買ったときのおまけ

おまけとしてついてくることが多い。
水道工事業者のポスティング広告に使われることも多々ある。

無地の大きなシートは100均などでも売っているので、
割りと簡単に手作りすることも可能。


カレンダー カレンダー。
※写真はゆいかおりのライブグッズ

主に卓上カレンダーか壁掛けカレンダーのどちらかかと。
卓上カレンダーなら1冊500円以下、
壁掛けカレンダーでも1冊2000円以下で作れるようです。

写真のカレンダーは絵柄の部分とカレンダー部分が別々に捲れるので、
年中同じ絵柄にすることも出来るというちょっと特殊な卓上カレンダー。

キャリさんかわいいよ、キャリさん・・・。


ぬいぐるみ ぬいぐるみ。
※写真はたまゆらのももねこ様

クレーンゲームの景品とかによくあるイメージ。
写真のももねこ様はイベントグッズですが。

製作コストはサイズによって1000円以下から1万円以上までまちまち。
具体的なイラストイメージがあるかないかでもコストが変わるようです。


タペストリー タペストリー。
※写真は凪のあすから(左)とあの花×西武コラボ(右)

サイズが多種多様で引っ掛ける場所があれば飾れるという手軽さが特徴。
即売会などで自分たちのブースの後ろや端に飾る人も多い。

製作コストもサイズによって変わりますが、
1000円弱~作れるようです。


マグカップ マグカップ。
※写真はあの花×ここさけ×西武コラボ
(写真では見えないが、反対側に成瀬順が描いてある)

陶器のもの、ステンレスのもの、タンブラーなど、
形、材質、大きさもいろいろ。

コストはだいたい1個あたり500~1500円程度。
タンブラーなら中の台紙を作るだけなのでより安くできるかと。


スマホスタンド スマホスタンド。
※写真は響け!ユーフォニアムのグッズ

基本的には板の組み合わせ。
製作コストもほぼ材料代だけで日曜大工感覚で作れる。


スマホケース スマホケース。
※写真はおどろき戦隊モモノキファイブ(ラジオ番組)のグッズ

スマホ自体に流行り廃りがあるので、
あまり在庫を抱えられないのが少し問題かも。

業者にプリントしてもらう場合は1個800~3000円程度。
写真のようなただのケースに比べ、手帳型とかは割高になる。
逆に型落ちしたスマホ用のケースは少し安いが、需要は少なくなる。


ティッシュカバー ティッシュカバー。
※写真は阪神能見投手のユニホーム風カバー

なかなか特殊なグッズw
動物をモチーフにすることが多いかな。

アニメNEW GAME!では、
作中に登場するネコの形をしたティッシュカバーを数量限定発売してました。


ポケットティッシュ ポケットティッシュ。
※写真は日本生命の広告用

基本的には宣伝目的で街中で配ってることが多い。

ポケット付きで、中に紙を仕込むものと、
写真のように袋にプリントしたものの2パターンが基本。

単価も1個10円前後で作れるが、
最低でも数百個単位での発注が必要なようです。
また、ポケットタイプでは別料金で中に仕込む紙を入れた状態で作ってくれるところもあるようです。


法被 法被。
※写真はハナヤマタのイベントグッズ

ハナヤマタはよさこいをテーマにしている作品なので作られたようです。
アイドルのライブグッズでもたまにあったり。

ベースが無地なのか柄物なのかとか、
イラストを入れる数によっても値段が変化するようですが、
1着2000円程度~作れるようです。


チケットホルダー チケットホルダー。
※写真はあの花×西武コラボグッズ

チケットを必要とするライブイベントや、
スポーツ観戦グッズとして売られることが多い。

1個500円以下で作れるようですが、
100個以上での購入が基本になるようです。


野球帽 帽子。
※写真は茅原実里夏恒例河口湖ライブのグッズ

ライブの中でも野外ライブでグッズ化されるケースが多いのかな。
ニット帽やバイザーなどのパターンも有り。

1個1000~3000円程度


ストラップ ぬいぐるみストラップ ラバーストラップ アクリルキーホルダー
キーホルダー、ストラップ
※写真左から塩ビ(アイマスシンデレラガールズ)、ぬいぐるみ(響け!ユーフォニアム)、ラバー(SHIROBAKO)、アクリル(ゆいかおり)

一番手頃なグッズかもしれない。
バリエーションも豊富。

材質や注文数によって単価は大きく変わりますが、
だいたい1個100円~1000円程度かと。


しおり しおり。
※写真はおおきく振りかぶってのおまけ

本のおまけとしては一番使い勝手がいいかも。
紙製、アクリル製などありますが、
どれも1枚100円以下で作れるようです。


ペーパークラフト ペーパークラフト。
※写真はゆるゆりのごらく部4人

メーカーが自社製品をペーパークラフト化するのを見たことはありますが、
マンガ・アニメのグッズはなかなか珍しいかも。

作りたいデザインが決まっていれば、
1枚100円程度の単価で作ってもらえるようです。


キングブレード キングブレード。
※写真左からWUG、茅原実里、スフィア、ゆいかおりのライブグッズ

最近になってアイドルや声優のライブで売られるようになった所謂光る棒。
中の透明フィルムにオリジナルデザインを施すだけであれば、手軽に自作できるようです。


コースター コースター。
※写真はけいおん!の秋山澪

アクリル、ビニール、コルク、フェルトなど材質も様々
どの材質でもだいたい1個500円以内で作れるようです。


食べ物(インスタントカレー) 食べ物。
※写真ははいふりインスタントカレー

はいふりが横須賀舞台&戦艦モノのアニメということで、
よこすか海軍カレーとのコラボパッケージ。

パッケージにイラスト入れるだけだったり、
食べ物自体にもイラストの焼印が入ってたり。

個人向けで簡単に作るなら、
チロルチョコが個人的におすすめ。


フリクション フリクション。
※写真は名探偵コナン(怪盗キッド)のグッズ

万年筆やボールペンといったパターンも有り。
名入れサービスは多いが、
イラストのプリントサービスをしてくれるところは比較的少ないようです。

フリクションであれば1本200~400円程度で作れる模様。


缶バッチ(キーホルダー) 缶バッチ。
※写真はTrySailのライブグッズ。

カバンなどに簡単につけられて、
単価も安いので、比較的気軽に作れる。

写真は缶バッチをはめ込んで、
キーホルダーに出来るラバーケースというなかなか珍しいグッズとのセット。

イラスト付き缶バッチは大きさにもよりますが、
1個30円~200円程度で作れるようです。


ソフビ ソフビ。
※写真は日笠陽子のライブ記念品

ソフビに限らずフィギュアは金型作りから必要になるため、
大量生産しないと単価がおよそ数万~数十万円単位。

ただ、最近は3Dプリンタが普及してきているので、
いずれは少しずつ単価も下がってくるかも。


うちわ うちわ。
※写真はあの花×西武コラボグッズ

ちょっとおしゃれになると扇子というパターンも。
うちわの中でも柄のついているものと、
丸い紙の端に持ち手用の穴が開いているだけのものなどがある。

うちわであれば、1本20~500円程度ですが、
扇子になると物によっては1本1000円以上になることも。


フラッグ フラッグ。
※写真はあの花×西武コラボグッズ

手旗は旗振りが定番化しているアーティストのライブグッズや、
スポーツの応援グッズとして売られること多い。
ペナントなどは飾る用に作ることが多いかと。

サイズ、材質、製作数量によってかかるコストは大きく変わるので、
一概にこのくらいの価格帯というのはない。


トランプ トランプ。
※写真は魔法少女まどか☆マギカのグッズ

ジョーカーなどを含めると、1セットで最大56パターンの絵柄を入れられるので、
いろんな絵柄をまとめてグッズ化したいときに有効な手段かも。

1セットだけ作るならば1万円近くするみたいですが、
数十~数百個単位で発注すれば1個1500円前後で作れるようです。


ノート ノート。
※写真は君の名は。のグッズ

基本的には表紙と裏表紙にイラストを入れたもの。
中身までイラストなどを入れてくれるところは個人向けにはあまりないようです。

だいたい1冊100~300円程度。


ざっと掻き集めてこんなところ。
結構いろんなグッズ買ってたんだな・・・。

ちなみに、
最近はこれが欲しい。



元値は1000円台のイヤホンだけど、
NEW GAME!とコラボしてオリジナルパッケージ付きで5000円なら、
個人的には十分ありかなと。

スポンサーサイト

2017'02'17(Fri)03:00 [ Anime - その他 ]
CM : 0 . TB : 0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://kenblogmanhole.blog57.fc2.com/tb.php/1774-afe2c79c
trackback