10≪ 2017| 12345678910111213141516171819202122232425262728293011/ ≫12
神戸総合運動公園野球場(ほっともっとフィールド神戸)
日本に数多ある野球場の中でもとりわけ評判が高いのがこの神戸総合運動公園野球場。

その昔は、「グリーンスタジアム神戸」として、
イチロー、田口、星野伸之などがいるオリックスブルーウェーブ本拠地でした。

その後、「Yahoo! BBスタジアム」「スカイマークスタジアム」などと名前を変え、
2011年以降、2016年時点では「ほっともっとフィールド神戸」という名称になっており、
オリックスバファローズの準本拠地としてNPBの試合も多数開催されています。

場所は神戸市西部、
山陽新幹線新神戸駅、JR阪急阪神の神戸三宮駅から地下鉄西神山手線で約20分。
車の場合は阪神高速北神戸線の白川南ICか神戸淡路鳴門道の布施畑ICが最寄り。


ほっともっと神戸20160416-1 ほっともっと神戸20160416-2 ほっともっと神戸20161030-1

最初2枚はオリックス戦開催日。
最後の1枚はNPBのシーズンオフ、女子野球ジャパンカップの日の写真なので、
オリックス関連の装飾がなくなっているのがわかるかと。

ほっともっと神戸バックネット裏 ほっともっと神戸グラウンド

バックネット裏からの球場全景(2016年4月16日撮影)
美しい天然芝も、この球場が人気の高い理由のひとつです。


フィールドシート(ほっともっと神戸20160417)-1 フィールドシート(ほっともっと神戸20160417)-2

こちらはフィールドシートから(2016年4月17日撮影)
今では多くの球場に設置されるようになったこのフィールドシートですが、
日本で最初に導入したのはこの球場になります。

安達了一(ほっともっと神戸20160417) 秋山翔吾(ほっともっと神戸20160417) 多和田真三郎(ほっともっと神戸20160528) T-岡田(ほっともっと神戸20160528)

順番に、
安達了一(オリックス)@2016年4月17日
秋山翔吾(埼玉西武)@2016年4月17日
多和田真三郎(埼玉西武)@2016年5月28日
T-岡田(オリックス)@2016年5月28日

守備、打撃、投球、走塁。
どれも非常に至近距離で臨場感ある観戦ができますね。

CCリー、小石博孝、郭俊麟(ほっともっと神戸20160417) 郭俊麟(ほっともっと神戸20160417) メヒア(ほっともっと神戸20160417)

順番に、
CCリー、小石博孝、郭俊麟(埼玉西武)@2016年4月17日
郭俊麟(埼玉西武)@2016年4月17日
エルネスト・メヒア(埼玉西武)@2016年4月17日

この球場はブルペンがフィールドシートのすぐ後ろにあるので、
イニング間にはブルペンへ移動する中継ぎ投手が目の前を通ります。
また、攻撃中にキャッチボールをする投手や、
ホームインしてハイタッチする選手もよく見えます。

永江恭平(ほっともっと神戸20160528) B'sGirls(ほっともっと神戸20160528)

順番に、
永江恭平(埼玉西武)@2016年5月28日
B's Girls @2016年5月28日

そして、最も至近距離で見られるのが、
イニング間に外野手とキャッチボールをする選手と、
パフォーマンスをするチアガールですね。


内野席(ほっともっと神戸20161030)-1 内野席(ほっともっと神戸20161030)-2

内野スタンド席から(2016年10月30日撮影)
各席がグラウンドレベルに近い上に、
フェンスやネットもさほど高くないため、
どの席からも球場全体がクリアによく見渡せます。

坂東瑞紀(ほっともっと神戸20161030) 谷山莉奈(ほっともっと神戸20161030)

順番に、
坂東瑞紀(兵庫ディオーネ)@2016年10月30日
谷山莉奈(埼玉アストライア)@2016年10月30日

三浦伊織(ほっともっと神戸20161030) 川端友紀(ほっともっと神戸20161030)打撃

順番に、
三浦伊織(京都フローラ)@2016年10月30日
川端友紀(埼玉アストライア)@2016年10月30日

川端友紀(ほっともっと神戸20161030)守備 加藤優(ほっともっと神戸20161030)

順番に、
川端友紀(埼玉アストライア)@2016年10月30日
加藤優(埼玉アストライア)@2016年10月30日

フィールドシートほどの臨場感はありませんが、
ネットがないので見やすいですし、カメラもピントが合わせやすい。


スクリーン(ほっともっと神戸20160528) スクリーン(ほっともっと神戸20161030)

バックスクリーンの使い方は、
NPBの試合とそれ以外で少し変わってる。

1枚目は2016年5月28日撮影のNPB・オリックスvs.埼玉西武戦
2枚目は2016年10月30日撮影の女子野球・兵庫ディオーネvs.京都外大西高戦

2枚目は昔のスクリーンに近い、
阪神甲子園球場に近い表示方法ですね。

豆知識(ほっともっと神戸20160416) 
※表示されている成績は2016年4月16日時点

ちなみに、オリックス戦のイニング間にはこんな豆知識が表示されたり。
(※京セラドームのオリックス戦でも同様の表示あり)


花火(ほっともっと神戸20160528) 花火(ほっともっと神戸20160528)-2 花火(ほっともっと神戸20160528)-3 花火(ほっともっと神戸20160528)-4

試合後には時々花火大会もあったり。
写真は2016年5月28日のもの。
この時は15:00開始のデーゲーム後、約3000発の大花火大会が開催されました。

スポンサーサイト
2016'11'06(Sun)03:42 [ Baseball Stadium - ほっともっとフィールド神戸 ]
CM : 0 . TB : 0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://kenblogmanhole.blog57.fc2.com/tb.php/1768-e6ebc77a
trackback