01≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272802/ ≫03
Innocent age Tour
fc2blog_20160626014642a49.jpg

みのりんのライブツアー、
今回は大奮発して全5公演中3公演を回ることにしております。

8月のサマドリと合わせて、
約2か月の間に4回もみのりんのライブに参加するという、
超みのりん漬けの初夏になってる。

今日までに神奈川・仙台の2公演が終わったので、
ひとまずブログの記事にしてみようかなと。

写真は神奈川限定のラバーストラップと、
仙台限定のタペストリー。

ホントはラバーストラップを3公演分集めるつもりだったんだけど、
仙台では会場に着いたら既に完売していたという痛恨のミス。。。


以下はライブのネタバレを含むので、
追記にて。



今回のツアーは、
リードアルバム「Innocent age」が恋をテーマにしたアルバムということもあり、
ライブ自体も恋をテーマにストーリー仕立てのものに。

途中途中に朗読パートもあって、
デートプランを考える部分では、
会場にちなんだデートスポットがセリフに含まれてる。

横浜では山下公園や赤レンガ倉庫、
仙台では八木山動物園やコボスタ、仙台市天文台など。


そういうテーマで作られたライブということもあって、
しっとり曲が多いんだけど、

CMB(Chihara Minori Band)のインスト曲あたりからは少し雰囲気が変わって、

・Dancin' 世界が壊れても
・Final Moratorium / Celestial Diva
・輪舞-revolution / TERMINATED
・春風千里

という情熱的というか少しヤンデレも入ってそうなコーナーもあったり。
(曲名が2つあるのは左が横浜/右が仙台のセトリ)

ちなみに、
インスト曲も「情熱的な恋」をテーマに作ったつもりが、
「ちょっと狂ったような恋」の曲に仕上がってしまった、
とバンマスのケニー(Key.担当の須藤賢一さん)が言ってました。


アンコールではテーマからは外れて、

・HYPER NEW WORLD
・Lash march!! / Best mark smile
・純白サンクチュアリィ

旗曲は定番なので外せないけど、
ライブのテーマとは合わせられなかったので仕方なくアンコールへ、
って感じかな。

HYPER NEW WORLDは仙台公演では、
客席前列通路を歩きながら歌うという、
会場規模の小さい地方公演ならではのサプライズ演出。

純白サンクチュアリィは、
〆には今の茅原実里の原点に立ち返って、
という感じでしょうかね、
会場のペンライトが真っ白に染まる光景は壮観。

ちなみに、
仙台公演のアンコールでは、
先日の日米対抗ソフトボール大会の始球式で着たユニフォームで歌ってました。


みのりんは野手(センター)経験者なので、
ウィンドミルは苦手のようです。

ライブ中もワンバンしたことをかなり悔しがってました。

なので、
ぜひ次はプロ野球の始球式で上から投げさせてあげて下さい。


個人的なInnocent ageツアーはあと大阪を残すのみですが、
大阪ではどんな恋物語になるのか、
非常に楽しみです。
スポンサーサイト

2016'06'26(Sun)03:12 [ Music - 茅原実里 ]
CM : 0 . TB : 0 . TOP ▲

タグ : 茅原実里

COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://kenblogmanhole.blog57.fc2.com/tb.php/1754-23d5a8c3
trackback