08≪ 2017| 12345678910111213141516171819202122232425262728293009/ ≫10
Hankyu at autumn
秋の京都嵐山探索記。

始まりは阪急塚口駅。

直通特急嵐山行き2 直通特急嵐山行き3 直通特急嵐山行き1

秋季限定の直通特急。

乗ったのは、
宝塚発直通特急とげつ嵐山行き。

阪急の秋季限定直通特急は、
梅田発・高速神戸発・宝塚発(今津北線経由)・天下茶屋発の4種類。
この他、河原町発と梅田発の快速特急というものもあります。

このうち、
高速神戸発と宝塚発は十三でスイッチバックがあります。
ただし、普通に十三駅でスイッチバックできるような構造にはなっていないので、
ちょっと特殊なスイッチバックをします。

神戸線の梅田方面行きホームに入線した電車は、
普通に乗降客を取り扱いつつ、
前後両方に車掌と運転手が乗った状態になってから発車し、
一旦梅田方面へ進んで留置線へ入ります。

留置線で停車した電車は、
車内で運転手と車掌が前後それぞれで入れ替わり、
留置線から十三駅の京都線河原町方面ホームへ入線。

京都線ホームで2回目の乗客取り扱いをしつつ、
前後それぞれで役目を終えた運転手と車掌が降りたら、
スイッチバック完了、
嵐山へ向けて発車します。

乗客を乗せたまま留置線へ入るというのは非常に珍しく、
わざわざ神戸線ホームから乗り、
スイッチバックを車内で体験して、
京都線ホームで降りてるその手の方々も多数おりました。

ちなみに、
文字だけではよくわからないという人は、
「阪急 直通特急 十三」
とかでググってみると、
その手の人たちが撮影した動画が見つかると思います。




そんなこんなで、
阪急嵐山駅に到着。

とげつ、ほづ

隣には回送電車となっている直通特急ほづが止まってました。

ほづは、天下茶屋発の直通特急。


とげつ

乗ってきたとげつ。
ヘッドマークは外されるのかと思いきや、
そのまま「普通電車とげつ桂行き」として発車していきましたw


阪急嵐山駅

新しいながらも、
風情ある雰囲気の阪急嵐山駅。

JRの嵯峨嵐山駅とは、
中心部にある嵐電嵐山駅や渡月橋を挟み、
嵐山のちょうど反対側に位置します。


阪急嵐山~渡月橋

駅から渡月橋に向かう途中。
見事なまでの真っ赤な紅葉。


これから先への期待が高まる中、
続きはまた明日。
スポンサーサイト
2015'12'01(Tue)00:49 [ Others - 関西生活とか ]
CM : 0 . TB : 0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://kenblogmanhole.blog57.fc2.com/tb.php/1726-bc0ddbe1
trackback