03≪ 2017| 12345678910111213141516171819202122232425262728293004/ ≫05
Kyushu 2015 Part.11(Kokonoe Suspension Bridge)
九重大吊橋1

大分県に戻ってきました。
九重町にある大きな吊橋が、九重"夢"大吊橋です。

ちなみに、
「九重」は「ここのえ」と読みます。
その昔、隣町に「久住」で「くじゅう」と読む町があったらしいです(現在は合併して竹田市)。
なんとも紛らわしい。


九重大吊橋2 九重大吊橋3 九重大吊橋4 九重大吊橋5

この吊橋、
渡ったからといって向こう側に何かあるわけではなく、

「眺めが良いから吊橋作って金取ったら儲かるんじゃね?」

という発想で作られたものらしいです。


九重大吊橋6 橋の上から1 橋の上から2 橋の上から3 橋の上から4 橋の上から5 橋の上から6

これがその橋の上からの景色。

わざわざ通行料を取るだけのことはあります。
紅葉シーズンはさらにキレイになるみたいです。


九重大吊橋7 反対側から 九重大吊橋8 九重大吊橋9

橋を渡った向かい側から見るとこんな感じ。

ここで、
友人Aがもっと遠くから橋が見える場所がないかとスタコラサッサとどっかへ行ってしまったので、
ついでに橋の反対側の探索。




橋の向こう側の神社

5分ほど歩いた場所にある白鳥神社。

観光名所の近くの割には、
あまり管理が行き届いていない。

神主さんとかはいなくなってしまったんだろうか・・・。




橋の向こう側の白蛇

白鳥神社より少し手前、
橋を渡って3分ほどのところに、
白蛇を見ることが出来る場所があったので、
とぐろを巻く蛇というベタな写真を1枚。




吊橋のワイヤー

帰ってきて、
ふと目に入ったワイヤー。

極太のワイヤーが7本も突き刺さってます。

これが左右にあるということは、
この吊橋は最低でも14本の極太ワイヤーで吊られているということ。


製造業に勤める人間として、
こういうゴツい部分にはなんか惹かれるものがあります。
スポンサーサイト
2015'11'27(Fri)00:00 [ Travel - 九州(15年夏) ]
CM : 0 . TB : 0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://kenblogmanhole.blog57.fc2.com/tb.php/1722-2fea703b
trackback