08≪ 2017| 12345678910111213141516171819202122232425262728293009/ ≫10
Glamorous Live
ライブ帰り、

関西へ帰る新幹線の中で、

ひとりチューハイを飲みながら、

ブログ執筆中。


こんな素晴らしいライブに出会えるとは思わなかった…。


シングルが2曲続けてバラードだったこともあって、

ライブもゆったりした流れになるのかなーと思ってたけど、

その予想に反して超絶ロックな内容。


気がついたら、

ペンライト振りまくり、

飛び跳ねまくり、

汗かきまくりのライブになってたww


カバー曲の選曲も、アルバム曲を提供してくれた作曲家さんたちの中から

JUST COMMUNICATION
Get Wild

を選び、しかもアルバムのそれぞれの提供曲とつなげて歌うという粋な演出。


そして、

初めての単独ライブにもかかわらず、

超絶ロックなライブに負けないパフォーマンスを魅せた日笠陽子というアーティストは、

ホントにすごい人だなと感じましたね。


MCのgdgdな感じだったり、

お水おいしい?に対して、

なんで○ォルビックなんだよ!不味い!

とか応えちゃったり、

MC対策で井口裕香が欲しい!とか言っちゃったり、

子供モモノキリスナーを見つけるや否や「えりさーん!」と呼んじゃうあたりはいつものひよっちだったけど、

だからこそロックなひよっちが際立ってカッコよく見えた。


来年には4thシングルの発売も決まりましたし、

今後もアーティストとしてさらに飛躍してくれることは間違いないでしょうね。


次は、出来れば関西でもライブして欲しいな。


日笠陽子さん、

あなたのファンで有り続けて、

ホントに良かったと思える、

最高の2時間半でした。


またあなたのその素晴らしいパフォーマンスが見られることを心待ちにしています。

今日はありがとうございました!
スポンサーサイト
2013'10'27(Sun)21:30 [ Anime - 日笠陽子 ]
CM : 0 . TB : 0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://kenblogmanhole.blog57.fc2.com/tb.php/1651-25a7face
trackback