09≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303110/ ≫11
キャッスル!
映画けいおん!の宣伝と相まって話題になっているようですが、ひよっちの持ちネタである

てへぺろ(・ω<)☆

が、女子中高生ケータイ流行語大賞の銀賞を獲ってしまったようですねww

声優の日笠陽子「てへぺろ」が銀賞 「女子中高生ケータイ流行語大賞」 - J-CASTニュース

尤も、使ってる女子中高生の9割は誰がホントの発信元かなんぞ知らないとは思いますが。
顔文字も (・ω<) 以外が使われてることもあるみたいですしね。
でも、TBSはちゃんと「日笠陽子の持ちネタ」として紹介してくれたようで。

「情報7days ニュースキャスター」で日笠さんの「てへぺろ」が取り上げられるwww これは放送事故w - やらおん!

あ、ちなみに映画けいおん!はまだ見てないです。
早く見たいんですけどね・・・。



さて。
前置きはこの辺にしておいて。

昨日、人生初の水樹奈々ライブ

NANA MIZUKI LIVE CASTLE 2011
-KING'S NIGHT-


に、参加してきました!

人生初といっても、2年前の西武ドームライブに会場スタッフとして参加させてもらっているので、体感するのは2回目になるんですけどね。
その2年前には奈々さんの歌声と、観客の盛り上がりだけでしか雰囲気を味わえなかったにも関わらず、自分の中に強烈なインパクトを残したあの感覚が忘れられず、ついにお金を払う立場になってしまったというわけですw

その結果はと言うと、自分の想像を超える楽しさでした。


自分が初めて行ったライブはポルノグラフィティなんですが、ポルノのライブの魅力は昭仁の力強い歌声と晴一のギター、バックバンドのパフォーマンスといった、これぞバンドって感じだと思ってます。
だから、ファンも拳を突き上げ、タオルを振り回し、汗だくになりながらライブを楽しむ。

大学に入ってから行くようになったのが、みのりんのライブ。
みのりんの魅力は、ハイテンポな曲も緩やかなバラードも丁寧に、ただししっかりと気持ちを込めて歌ってくれるところ。
だからファンも盛り上がるところはしっかりと盛り上がるし、聞き入るところはサイリウムなしでしっかりと聞き入る。
声優アニソン系アーティストでは初めて行ったライブだから、サイリウムおよびペンライトを使って楽しむということを初めて覚えた場所でもある。

最近注目度が高いのが、飛蘭。
とにかく熱狂的、激しい曲を激しいパフォーマンスで盛り上げる飛蘭に酔いしれるかのように、激しく跳んで跳ねて楽しむ。
ライブハウスみたいな観客との距離が近いところでこそ楽しめるアーティストだなって思う。

そして、今回の水樹奈々。
誰もが認める圧倒的な歌唱力も魅力であることは間違いないけれど、それだけでとどまらない。
いろんな席の人に近くで見てもらえるように考えられた車や気球などのパフォーマンス。
衣装替えの間も飽きさせないチェリボ(バックバンド)のパフォーマンスや演出。
さらに、ダンスパフォーマンスもあったりして、歌以外でも楽しめる点が非常に多いし、大きなハコのどんな席にいても楽しめる。
観客も、それに応じるようにアオイイロでは青、エタブレではオレンジなどのような同じ色のサイリウムの海で演出に参加する。


今まで参加してきた他のアーティストのライブとは違う魅せ方を肌で感じて、新しいライブの楽しみ方を発見できました。


来年夏にはツアーも決定したようなので、場所と日時さえ合えば、ぜひとも参加してみたいなと思いますね。

THE MUSEUM II(BD付)THE MUSEUM II(BD付)
(2011/11/23)
水樹奈々

商品詳細を見る

SynchrogazerSynchrogazer
(2012/01/11)
水樹奈々

商品詳細を見る
スポンサーサイト
2011'12'05(Mon)03:36 [ Music - その他 ]
CM : 0 . TB : 0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://kenblogmanhole.blog57.fc2.com/tb.php/1574-0cd238dc
trackback