03≪ 2017| 12345678910111213141516171819202122232425262728293004/ ≫05
ファイアマン
某埼玉球団は、自分がバイトに入った日に連敗を脱出してくれました。
西口には、今年久しぶりに2桁勝ってくれることを期待しています。

銀仁朗は、やっと昨日今季初めて盗塁を阻止し、やっと盗塁阻止率.100でランキングに載りましたw
強肩も売りにしてるなら、せめて打率より盗塁阻止率のほうが高い状態にしてくださいね。

ここ3試合、先発の力で連勝してますが、中継ぎは実績のある藤田・長田・シコースキーが二軍落ち、中でも藤田はフォーム再矯正、シコースキーは肘痛ということで、復帰にはしばらくかかりそうな雰囲気。
開幕から20試合と少しを消化しましたが、早くも中継ぎの悲惨さが露骨に出ている状態ですね・・・。

リリーフの防御率(5月7日時点)
岡本篤志 8試合 1.08
グラマン 7試合 5.40

藤田太陽 7試合 7.04
長田秀一郎 6試合 7.11
シコースキー 4試合 4.91
平野将光 2試合 3.00※
星野智樹 2試合 0.00

松永浩典 2試合 0.00
岩崎哲也 1試合 4.50
藤原良平 1試合 3.38


※平野は中継ぎで投げた時だけの成績
青字の選手が5月7日現在一軍登録中

現状は、一番安定感のある岡本篤志がストッパーを務めるという緊急事態です。
2年前までクビ寸前だった投手が奇跡のジャンプアップですが、現在股関節を疲労骨折した状態で投げているそうで、シーズンを通してフル稼働させるのは無理があるのではないかと。
岡本に無理が出る前に、藤田・シコースキーが万全の状態で復活してくれると、いいんですけどね。

ローテは、涌井が1回飛ばすことになりましたが、西口の好投、牧田・ミンチェの完封と、穴を埋める存在は出ているので、平野はしばらくリリーフでいいんじゃないかなと思いますね。
タラレバを言ってもしょうがないですけど、これだけ中継ぎの力不足が毎年課題になっていながら、雄星・大石を頑なに先発で使おうとしたのは間違いだったと言わざるを得なかったんじゃないかなと。
特に大石は、大学時代抑え投手として実力を認められた選手なんですから、チーム事情を考えたら時間をかけて先発転向なんて悠長なことは言ってられないのは明白だったはずでは?と思ってしまいますね。

ここ数年、栗山・中島・中村といった高卒選手がレギュラーを不動のものにしていますし、今年も浅村がレギュラーを手中に収めようとしている野手陣を見ると、なんでここまで投手が育たないんだろう・・・と思ってしまいますね。
投手出身の渡辺久信が監督になってもう4年目、防御率はよくなるどころか年々悪化し、かつての投手王国と呼ばれた面影は、どこへ行ってしまったんだろう、という感じです。


余談という名の業務連絡、将棋部OB各位へ。
OB会掲示板でぶちょ~さんが提案してますが、夏休みに飯坂温泉に行きませんか?
返信は、OB会掲示板までお願いします。
スポンサーサイト
2011'05'08(Sun)12:32 [ Sports - 埼玉西武ライオンズ ]
CM : 0 . TB : 0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://kenblogmanhole.blog57.fc2.com/tb.php/1532-4f931f8e
trackback