09≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303110/ ≫11
暑い日の昼に、冷房の効いた店でほっこり働けるのは、幸せですね。
にゃぁ~っす。
バイト先の店長に「茅原実里」をどう説明したらいいのかで困った、Kenです。

地上波で放送されたアニメとして「メジャー」で地味なほうのマネージャーをやっている人、と言っておきましたが、たぶんわかってもらえてないですwww



さて。
そんなこんなで、昨日は早番で珍しく店長と同じ時間のシフトに入ったために、そういう事態も起こったわけなんですがww

昨日はこどもの日っちゅーこって、

小学生以下のお客様限定でジュース無料サービス

ってなものをやっていたわけで。
小学生以下っぽい子供を含む家族連れが入店したら、片っ端から声をかけて、

・ファ○タグレープ(ミニ缶)
・Q○Oオレンジ(ミニ缶)
・麦茶(紙パック)

なんか二つ目が隠れてない気もしますがww、まぁこの3種類から1つ差し上げていたわけで。
準備していた本数は全部同じなので、それぞれが減っていく量で、人気がわかっていくんですよね。

10:00に開店し、子供が取っていって、徐々に減っていくと、人気の差が如実に・・・。


ファ○タ、ファ○タ、ファ○タ、オレンジ、ファ○タ、ファ○タ、オレンジ、ファ○タ、ファ○タ、麦茶、ファ○タ、オレンジ、ファ○タ、ファ○タ・・・


ちゅーこって、見事にファ○タばかりが減っていき・・・

13:00ころ、ファ○タが先陣を切って配布終了。
すると・・・、

オレンジ、オレンジ、オレンジ、麦茶、オレンジ、オレンジ、オレンジ、オレンジ、オレンジ、麦茶、オレンジ、オレンジ、オレンジ・・・


ちゅーこって、勢いよくオレンジが減っていき・・・

早番が終了する直前の17:00ころ、冷蔵庫の中は麦茶だけになりました・・・
麦茶は1割も減りませんでしたww


配布するのは、小学生以下なので、中学生以上には配布しないのですが、境界というのは見た目では難しいものでして、店長がその難しい境界に挑戦し・・・、


店長「お子様、小学生ですか?」
父親「いえ、中学生ですけれども・・・。」
店長「あ、そうですか・・・。」


店長痛恨のミステイク。

ごめんなさい、オレはそれが怖くて境界線の人への声がけを、店長に任せました・・・。
スポンサーサイト
2010'05'06(Thu)03:12 [ - 雑記 ]
CM : 0 . TB : 0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://kenblogmanhole.blog57.fc2.com/tb.php/1200-fcacacfa
trackback