07≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303108/ ≫09
今日は、ちょっと入学式に行って来る。
にゃぁ~っす。
バイトの予定が少し変わって、

12連勤→草野球→新歓飲み→3連勤

と、なった、Kenです。

ってなわけで、なんと昨日から怒涛の12連勤が始まりました。


センバツは、興南が初優勝ということで。
日大三は惜しくも準優勝でしたが、都大会ベスト4で全国2位っていうのも、なんか不思議な話ですねww

ともあれ、今年の夏も日大三は西東京の大本命となることは間違いなく、対抗馬として、センバツ出場予定だった東海大菅生や早稲田実業の名前が挙げられるでしょうかね。
昨年準優勝の日大二には頑張ってもらいたいのですが、正直昨年以上に厳しいものになりそうですね。


さて。
今日もパワフル甲子園の話をします。
正直言って、阪神と西武が両方負けたらプロ野球についても書くことないですし。


【20年目】
創部以来初めて3年連続でセンバツ出場を逃したものの、春季大会は余裕で3連勝。
夏も初戦となる2回戦こそ、主力を温存したため危うく負けそうになり、最後は主力選手総動員で強引に逆転するという、冷や汗勝利だったものの、3回戦以降は快勝を重ね、迎えた決勝。
接戦になるものの、2年生エース大津が逆転は許さず、5-4で勝利、3年連続6回目の選手権出場。

選手権1回戦。
相手は鹿島商(佐賀)。
さほど強い相手ではなかったので、3年生の中でも2番手投手の白井(対左○だが、ノビ×のシュート回転)を先発。
しかし、そこは3年生、粘りの投球で9回を1失点に抑える。
が、打線も相手投手に抑え込まれ1得点、試合は延長戦へ。
12回に両軍1点ずつを取り、再試合も見えてきた14回、再び勝ち越した1点を白井が執念で抑え、死闘を制す。

1回戦 3-2 vs.鹿島商(佐賀)延長14回
2回戦 4-0 vs.秩父東(埼玉)
3回戦 3-1 vs.札幌(南北海道)
準々決勝 3-1 vs.大村電工(長崎)
準決勝 2-0 vs.長井北(山形)

この勝利で勢い付いたのか、2回戦以降はBランク・Aランクばかりの強豪相手に僅差で勝利を重ねる。
迎えた決勝戦。
準決勝で2年生エース大津を使ってしまったので、調子的に使いづらかったこともあり、やはり泣いても笑っても最後の試合、ここは3年生・高倉を先発へ。
まずい展開になったら、すぐに大津に変えようと思っていたのだが、結果は

決勝 3-1 vs.清里南(山梨)


試合は終始こちらのペース、高倉も1失点完投で、創部20年目にして念願の選手権初優勝!

超高校級投手が2年生の段階での優勝・・・。
田中将大が2年だったころの駒大苫小牧を思い出します・・・。
夏春連覇、夏2連覇も夢じゃなくなってきました。

期待を持って臨んだ秋の大会。



・・・まさかの東北大会2回戦敗退。
出場の可能性が残っているものの、試合内容的がよくなかったですし、今まで散々2回戦敗退で出場してしまっていたので、正直確率的に無理かなと思っていました。


が、



まさかの出場決定。

もう、今年の日大三状態ですよ。

出場決定に驚いている間にセンバツになり、あれよあれよと強豪をなぎ倒す。

1回戦 4-2 vs.座間味(沖縄)
2回戦 6-1 vs.清水水産(静岡)
準々決勝 1-0 vs.習志野農(千葉)
準決勝 3-0 vs.但馬商(兵庫)

そして迎えた決勝。
相手は予想外のCランク。
もはや敵ではない。

決勝 7-0 vs.滋賀北(滋賀)


強さを見せつけ、大勝。
リアルでは、1983年の池田高校以来出ていない、夏春連覇達成!


【21年目】
もはや福島に敵はいないといわんばかりに、春夏とも県大会は余裕で突破。

夏2連覇、そしてリアルでは達成したことのない夏春夏3期連続優勝をかけた選手権。

1回戦 10-3 vs.美郷義塾(島根)
2回戦 5-0 vs.岩国実(山口)
3回戦 7-1 vs.川湯中央(和歌山)
準々決勝 3-2 vs.三木商(香川)
準決勝 10-1 vs.座間味(沖縄)

初戦が予想外のDランクで大勝。
以降は、A,Bランクが連発するが、快勝。

天才エース大津の影に埋もれがちだったのだが、2番手の片山も威圧感持ちだし、打線もパワーヒッター持ちの三好(捕手)に加え、アベレージヒッター持ちが梶本(一塁手)、松崎(三塁手)の2人と、かなり強力。

迎えた決勝戦。
相手はセンバツ準決勝で戦った、但馬商。
試合は予想通りの接戦になるも、中盤に1点を先制し、8回にダメ押しの2点目。
投げてはエース大津が完璧な投球で完封。

決勝 2-0 vs.但馬商(兵庫)
3期連続優勝達成!


ちなみにリアルでは、春夏連覇があの松坂大輔がいた1998年の横浜高校、夏2連覇は2004,5年の駒大苫小牧が最後ですね。
ゲーム内とはいえ、感動ものですよ。
天才型が現れて、期待していたら、期待通りどころか、それ以上の結果を出してくれたわけですからね。
スポンサーサイト
2010'04'04(Sun)02:15 [ Game - その他 ]
CM : 0 . TB : 0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://kenblogmanhole.blog57.fc2.com/tb.php/1164-51776083
trackback