05≪ 2017| 12345678910111213141516171819202122232425262728293006/ ≫07
しむとらんす
にゃぁ~っす。
A列車で行こう9が欲しいけど、お金もなければ、パソコンのスペックも足りてない、Kenです。

特に後者のほうは、深刻ですね・・・。
スペック上げられるだけのお金がないですし、溜まったところで、おそらく院の入学金とかで消えていくんでしょうね・・・。


さて。
昨日はシムシティをしながら勉強していきましたが、今日は類似品の「Simutrans」をしながら勉強しようかと。

Simutransは、シムシティのような都市開発シュミレーションですが、シムシティのように建物を建てたり、地区を作ったりはせず、

人・物の流通ルートを作ってあげることで、都市を発展させる

というタイプのゲーム。
バス路線を設置したり、鉄道を敷いて、人の流れをつくり、
運送業を営んで、生産から消費までの物流ルートをつくる。
そうやっていくことで、自然と人口が増えて街が広がっていくようになっています。

シムシティといい、A列車といい、自分はこういうシュミレーションゲームが大好きです。


少し前にやっていたデータが残っていたので、久しぶりに開いてみた。

中心都市

マップ内最大の都市。
人口は、56,000人くらいいるらしいです。
隣接する街と合わせると、140,000人くらいになります。

この都市は、ゲーム開始当初から中心都市にすることにしていたので、駅は地下に埋めてあります。

ターミナル

9つのホームがあり、4路線が乗り入れている状況です。

ちなみに、周りに見えるお金の表示は、個々のバスやトラックが人や物を輸送して、収入を得たという表示です。

上のほうにはバスターミナルもあります。
都市内のいたるところへ、バスの交通網を張り巡らせましたが、自分でも何台のバスを動かしているのかは忘れましたww
それでも、人が多すぎるので、

積み残し

待合室定員をはるかに上回る人が、駅に押しかけている状態です・・・。


郊外

少し引いてみると、こんな風に未開の地がたくさんあります。
街が発展していくと、この未開の地にも建物が建つようになっていきます。

こうしてみると、植林地(濃い緑色の部分)が目立つな・・・。
植林地で生産された木材は、家具になって家具屋で売られたり、紙にした後、本になって書店へ行ったりします。
そういった物流も、このゲームではプレイヤーが操作することになっています。
なので、やろうと思うと結構いろいろやることがあります。


第二の都市

先ほどの中心都市から鉄道で結ばれている、マップ上第二の都市です。
4つの街から構成されていて、人口は合わせて105,000人くらい。

第一の都市とは、鉄道を通じて人や物が流れています。
左上の湖内にあるのは油田(湖に油田というのもおかしい気がするが・・・)、右側に2箇所ほどある茶色い部分は穀物畑です。


雪国の都市

第三の都市は、高地にあるため、冬には雪景色になります。
ここも4つほどの街が密集していて、人口は合わせて42,000人くらいになります。

第一、第二の都市とは少し離れた場所にありますが、それでも鉄道を通じて人の流れは出来ています。


ここまでにするのに、既にゲーム開始から、ゲーム内時間で153年が経過しています・・・。
スポンサーサイト
2010'01'22(Fri)16:04 [ Game - その他 ]
CM : 0 . TB : 0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://kenblogmanhole.blog57.fc2.com/tb.php/1084-366cae11
trackback