05≪ 2017| 12345678910111213141516171819202122232425262728293006/ ≫07
【Stage.100】レポート作成フレーム編(3)
にゃぁ~っす。
バイトを休むことになったお陰で、久しぶりにデジスタをリアルタイムで180分聴くことが出来た、Kenです。


さて。
今も尚、レポート執筆の真っ最中な訳なんですが、フレーム製作の締めに、何か入れようと思って、勢いで以下のような文章でまとめてみた。

これはコックピット以外にもいえることではあるが、鳥人間コンテストの機体には、パイロットと呼ばれる人間が最低1人は搭乗する決まりになっている。
故に、事故があった場合にはそのパイロットに危険が及ぶ可能性が高い。
(中略)
各メンバーが、「パイロットの命を預かっている」とまでいうと大袈裟かもしれないが、一歩間違えればパイロットが怪我をしてしまう可能性がある、ということを頭に入れて、精度が求められる箇所では、徹底的に妥協を排除して製作する事。
求める精度がさほど高くない場合、「適当」という言葉を用いることがよくあるが、「適当」にも限度があるわけで、精度を高めたところでプラスにならないからといって、手を抜きすぎるとかえってマイナスになってしまうこともあるので、節度を持った製作を行うこと。



この文章、見直せば見直すほど、フレーム製作単体の項目のラストに収まる文章ではないような気がして、レポートの先頭に持って来ようとしたが、何かしっくり来ず、レポートの最後にしようとしたが、それでは遅すぎるような気がしたので却下・・・。
おそらく、自分がパイロットであったからこその意見であるからして、パイロットの項目に書くことも考えたが、パイロットだけが理解していても意味のない文だし・・・。


ソワソワしてもま~だ来ない~
予感だけがからまわ~りしてく~
Another choice or Another answer
め~いきゅうの なか~へ~


今も、Final Moratoriumを聴きながら執筆中です・・・。
迷宮入りしないうちに、適当な配置を決めたいと思います・・・。
スポンサーサイト
2010'01'17(Sun)01:33 [ Birdman - 作業記録 ]
CM : 0 . TB : 0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://kenblogmanhole.blog57.fc2.com/tb.php/1076-ebac56fa
trackback