05≪ 2017| 12345678910111213141516171819202122232425262728293006/ ≫07
なぜ・・・
2ヶ月前、母方の祖父が亡くなり、先月末に四十九日法要が終わったばかりだというのに、今日、今度は父方の祖父が亡くなったという話が飛び込んできました。
明日、検死を行うそうですが、まだ情報でしか亡くなったということを聴かされていないので、正直まだ実感がわいてきません。

母方のときもそうだったのですが、

倒れた
亡くなった

と、言われたり、メールに書かれたりしただけでは、事実として感じることが全然出来ないんですよね・・・。
遺体を見てその目で確認したとき、唐突にその事実が自分の中に入り込んできて、急に感情がわきあがってくるような気がします。

だから、正直なところ、まだ何も感じられません。

明日、検死に立ち会うため、安置されている病院に向かいますが、そこで遺体と対面することで、初めて祖父の死に対する気持ちが表れてくると思います。


父方の祖父は数年前に自宅の階段から転落し、脳出血で入院しました。
以来、寝たきり状態になってしまっていたのを自分も見ていますし、つい最近も入院したという話を聴いていたので、正直なところ、もうあまり長くは生きられないのかな、とは思っていました。

逆に、母方の祖父は全くといっていいほど病院とは無縁の人間で、死の直前に通院したのも、「検査のため」という体だったので、それはあまりにも突然の知らせでした。

ただ、父から聴いた話では、つい最近の入院は大して異常はなく退院していたそうで、母方のときと同じく自宅で倒れていたところを緊急搬送されたものの、助からなかったらしいです。
なので、明日検死してみないことには、死因が全くわからないとのこと。



・・・まさか、2ヶ月の間に両方の祖父を亡くすことになるとは思ってもみませんでした。
実は今年、母方の従兄弟も、両方の祖父を亡くしています。
言い換えると、母の姉の義父も今年亡くなっているんです。

2009年、最後の最後でドン底まで突き落とされて、年を越えることになりそうです・・・。



余談ですが、明日はサークルの技術伝承レポートの提出日でした。
が、上記のような状態で、大学へ行くことは出来なくなった上、全員のレポートのとりまとめをする時間がなくなってしまったので、レポート提出を年明けまで延期することになりました。

自分も、本来これから徹夜で完成させる予定だったのですが、正直終わりそうにないですし、明日以降のことがあるので止めておきます。

他の二人の状況はと言うと、

前会長はクオリティを追求しすぎて接合班レポートにまで手が回っていない状況。
前設計主任も完成したものの手直ししたい部分が見つかった。

とのことで、まだ時間が必要ですので、もうしばらくお待ちください。


後輩たちには、私事でレポート提出が遅れてしまうこと、本当に申し訳なく思います。

信頼を失ったときに限って、さらに追い討ちをかける出来事が起きるのは、なぜ・・・。
なんで、こんなに歯車が噛み合わないんだろう・・・。


信じてもらえるとは思ってないけど、
昨日と書いてることが矛盾していると、自分でも思ってるけれども、
言い訳にしか聞こえないとは、わかっているけれども、
今は「もう少し待ってください」としか言えません。

祖父の葬儀などが一段落したら、早急に、一分一秒でも早く、レポートを書き上げますので、それまでもう少し待ってください。

遅れるからには、それなりにクオリティのあるものを仕上げてきますので、もう少し我慢をお願いします。
本当に、心から、お願いします。
スポンサーサイト
2009'12'23(Wed)23:59 [ - 雑記 ]
CM : 0 . TB : 0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://kenblogmanhole.blog57.fc2.com/tb.php/1045-5a1b6701
trackback