FC2ブログ
03≪ 2018| 12345678910111213141516171819202122232425262728293004/ ≫05
Crossing West Japan Part.3 ( Kami-Island at Mie Part.3 )

神島ラスト。

絶壁と学校 

ワイルドな遊歩道を進むと、
ものすごい強風とともに学校と絶壁。


絶壁1 絶壁2

この絶壁もワタシイロのMVに少しばかり登場してます。


校庭1 校庭2

反対側の学校の校庭もMVに登場した場所のひとつ。

ちなみに、
この学校は市立の神島小学校と神島中学校が併設されていて、
校庭は小中学校共有らしいです。



三角標識1  

少し歩くと謎の三角標識が。


三角標識2

近づくともうひとつ隠れてた。


三角標識3

海を向いているのでおそらく航路標識。

白色三角標識板(海底にケーブルなどあり注意)だと思うのですが、
白色ではなく真っ赤。

白だと見にくい場合は一部を赤くするというのは聞いたことがありますが、
全部赤くするというのは聞いたことがないので、
もしかすると違う標識かもしれません。

自分の知識ではこれ以上わかりませんでした。



砂浜 

標識の周辺は砂浜が広がってます。

帰りの船まで少し時間があったので、
この砂浜で「ワタシイロ」を聴きながらのんびり海を眺めてるうちに、
自然と転職を考えてる自分がいました。

転職の話は旅行記ではないのでこれ以上しないでおきます。


ワタシイロ」は個人的に伊藤美来の曲で一番好きな曲。

あの箱根駅伝で9区3年連続区間賞の下田裕太選手も好きな曲らしいです。

そんな好きな曲のMVに使われた場所を歩いて、
曲をより深く感じることが出来た気がするので、
わざわざ来た甲斐があったかなと思います。

数時間で周遊できる小さな島を歩くのも結構性に合ってる気がするので、
暇があったら日本各地の小島を歩き回ってみるのもいいなと思える旅でした。

スポンサーサイト
2018'04'20(Fri)23:59 [ Travel - 西日本横断(17年末) ]
CM : 0 . TB : 0 . TOP ▲

タグ : 神島 伊藤美来 ワタシイロ

Crossing West Japan Part.2 ( Kami-Island at Mie Part.2 )
 神島Part.2

八代神社からは海沿いの遊歩道を進みます。

遊歩道1

なんとも怖い看板が。


遊歩道2 遊歩道3 遊歩道4 遊歩道5 遊歩道6

実にワイルドな遊歩道です。

だいたいガードレールがあるので崖から転落する心配はあまりないですが、
足元に気をつけないと滑って転ぶ危険はありそう。

みっくの「気をつけてね~」とはこういうことだったみたいです。

ってか、みっくもよくこんなところ歩いたな・・・。


伊勢湾1 伊勢湾2 伊良湖岬灯台

神社の石段分高いところを歩いているので、
伊勢湾がよく見えます。

すぐ近くには伊良湖岬も見えます。



神島灯台1 神島灯台2 神島灯台3

神島灯台。

日本初の白熱電灯による灯台らしいです。

この灯台が照らす伊良湖水道は、
太平洋から伊勢湾に入り、
名古屋や四日市を目指す船が通る、
日本の海の要衝のひとつ。


船1 船2 船3 船4 船5

海を眺めていると、
様々な船を見ることが出来て飽きません。



監的哨1 監的哨2 監的哨3

監的哨跡。

戦時中、伊良湖岬から撃った砲弾の行方を見るために作った施設らしいです。

三島由紀夫の小説「潮騒」のクライマックスに登場しているほか、
「ワタシイロ」のMVでも、
「もうさ、2人でここに住んじゃおっか?」(前の記事の動画1:03あたり)
と言っているのがこの監的哨跡の上(下の写真)になります。

監的哨4 監的哨5

戦時中の施設ということもあり、
コンクリート打ちっぱなしの不気味な建屋で、
夏には肝試しとかできそう。

監的哨6 

Part.3につづく。
2018'04'19(Thu)23:39 [ Travel - 西日本横断(17年末) ]
CM : 0 . TB : 0 . TOP ▲

タグ : 神島 伊藤美来 潮騒

Crossing West Japan Part.1 ( Kami-Island at Mie Part.1 )
台湾旅行記が書き終わる前に次の旅行記を書き始める暴挙。

昨年末の西日本横断旅行も既に4ヶ月近く前の話になってしまったので、
そろそろ始めないとね。



最初に訪れたのが、
三重県にある神島。

鳥羽マリンターミナル 

行き方は、
鳥羽からフェリーで30分。

三重県鳥羽市に属しますが、
位置的には志摩半島より、
愛知の渥美半島のほうがやや近い。


何故神島を訪れようと思ったのかというと、



みっくこと、伊藤美来ちゃんの1stアルバム「水彩~aquaveil~」の
リード曲である「ワタシイロ」のMV撮影地だったから。

ちなみにそれ以前に、
三島由紀夫の小説「潮騒」の舞台としても有名な島です。



高速船1 高速船2 高速船3

鳥羽から神島へ向かう高速船。
船内の様子はMVの冒頭にも出てきます。


神島港1 

神島港。
みっくが外国人カメラマンの女性と出会う場所。


潮騒の地 

港につくとすぐ、
「三島文学 潮騒の地」と彫られた石碑が出迎えてくれます。



神島港2 時計台

この路地は港からほど近い場所ですが、
こちらは赤い衣装のシーンが撮られた場所。

奥に進むと時計台、MVにも一瞬ですが登場しています。
その昔、島の人々がよく利用していた富山の薬屋さんが、
贔屓にしてくれているお礼に寄贈したもので、
当時は島で唯一の時計だったらしい。
時計自体は何回か新しいものに交換されてます。



八代神社1 八代神社2 八代神社3 八代神社4

路地を進み、少し高台へ登ると辿り着くのが八代神社。

この神島旅行を計画し始めた少し後に、
「水彩~aquaveil~」のリリースイベントがあり、
みっくに直接会う機会があったので、
神島のおすすめスポットを訊いたところ、
素晴らしくむじゃきな笑顔で答えてくれたのがこの八代神社でした。

本堂まではものすごい段数の階段を登らねばならないんですが、
登る途中に振り返ると、
神島港から伊勢湾が広がる景色を見ることが出来ます。


ちなみにそのリリースイベントのとき、
最後にみっくが「怪我しないように気をつけてね~」と
言ってくれたのが印象に残っていたのですが、
私はこの先、その言葉の真意を知ることになります。

Part.2につづく。

2018'04'17(Tue)01:46 [ Travel - 西日本横断(17年末) ]
CM : 0 . TB : 0 . TOP ▲

タグ : 神島 伊藤美来 潮騒

Taiwan 2017 Part.9 ( Tainan Part.1 )
いつまで台湾旅行記書き続けてるんでしょうかねw

年末の旅行もブログにまとめたいし、
他にも書きたいことはいろいろあるんですが。



全票半票 

台南へ向かう台鐵の車内にて。

半票と全票の線が身長で料金体系を区別する境界になっていて、
上の全票より上なら大人料金、
真ん中は子供料金、
下の半票より下なら無料で乗れる
という意味だそうです。

極端に身長の高い子供とか、
逆に極端に身長が低い大人とかはどうするのかと言われると、
知りませんが。



台南駅1 台南駅2 台南駅3

台鐵の台南駅。

さすがにこちらは都会っぽさがあります。
ホームにパトカーが乗り付けられてるのは日本では見られない光景ですが。



台南のレコード屋1 台南のレコード屋3 台南のレコード屋2

友人の趣味で台南のレコード屋に立ち寄り。

レコード屋の雰囲気は日本ともさほど変わらないですね。


台南のレコード屋4 

CDも売ってたので、
記念に平井堅のCDを買ってみました。
※HNのKenは平井堅が由来です。



台南のカフェ?1 

台南の街をふらりと歩いていたときに見つけたカフェ?のようなお店。


台南のカフェ?2 

英語:Tea and Magic Hand
台湾語?:茶の魔手
日本語?:お茶とマジック手

台湾語で「の」は日本語で言うところの「と」の意味合いになるのか・・・?
ってか、台湾語には「の」という文字が存在するのか・・・?
などと考えを巡らせてみたんですが、
どうやら目につくようにわざと外国語であるひらがなを使っているだけで、
特に意味がある文字ではないらしいです。

しかし、「Magic Hand」を日本語で「マジック手」と訳すのは何か違う気がする・・・。



台南公会堂1 

台南公会堂。
今は「呉園藝文中心」という名称です。


うーずがーでん 

呉園(うーずがーでん)

「呉」という文字と「Wu」という読みを見ると、
西武の台湾人内野手を思い浮かべてしまうのは西武ファンだけでしょうね。

台湾の四名園のひとつ。

台南公会堂という名称は、
戦前の日本統治下時代の名称だそうです。

台南公会堂2 台南公会堂3 台南公会堂4 台南公会堂5 台南公会堂6

台南の旅はこのままPart.10に続きます。
2018'04'14(Sat)23:56 [ Travel - 台湾(17年夏) ]
CM : 0 . TB : 0 . TOP ▲
Job Change 2
実に3ヶ月も更新が止まっておりました。

お久しぶりです。


その間にちょっとありまして。


その間というか、
年末くらいから若干あったんですが。


結論から申しまして、
4月末で今の会社を辞め、
5月より新しい会社でお世話になることになりました。


1年未満で2回目の転職。


するべきか非常に悩みました。


前回の転職が決まった時に書いたように、
仕事に対する考え方として、

自分がやりたいと思える仕事がしたい

やりたくない仕事をしても、
給料に見合った仕事なんか出来やしない

そういう考えの人間なので、
今の会社が、

全然自分のやりたい仕事をやらせてくれない
不満を言っても改善してくれる兆しが見えない

そういう現状に焦りと苛立ちが募ってきてた。


もう29歳になるし、
今ダラダラと悩んで30歳過ぎるよりは、
20代のうちに動いてしまえと。

やらない後悔よりやった後悔、
と思い立ちいざ行動を起こしてみたら、
意外とあっさり内定を頂けまして。


今回の転職では、

自分が今一番どんな仕事がしたいのか?

というのを第三者目線で見てもらい、
前回の転職では見てこなかったところにも視野を広げて見た結果、
今までは避けていた業界が、
どうやら自分の気持ちに一番マッチしていたらしい。


面接で話をしていくうちに、

自分が理系を志した理由や、

機械設計職を志した理由が、

自然と思い出されていって、
尚且つエンジニアとしてどう成長したいのか、
どうすれば成長出来るのかを、
一緒になって考えてくれるようなところだな、
という印象を受けたのが、
新しい会社に決めた決定的な理由ですかね。


正式にどこで働くのかはもう少し先にならないとわからないけど、
住宅手当がなくなるので、
決まり次第引っ越すことにはなるかもしれない。


今住んでる流山は割と気に入ってるので、
通勤圏内であれば流山市内で家賃が安いところに引っ越すつもり。


基本南関東のどこかに勤務することにはなるので、
あまりに実家に近いところが勤務地なら、
実家に帰ることも考えるけど、
自分の車もあるし、
家具家電一式廃棄するのも勿体無いので、
一人暮らしはなるべく継続する予定。
2018'04'12(Thu)21:55 [ Others - 仕事 ]
CM : 0 . TB : 0 . TOP ▲