07≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303108/ ≫09
Round of Seto Island Sea Part.2 (Shimanami Island Route)
前の旅行記をまとめる前に次の旅行が終わってしまいました。

プライベートでは4年前のタイ旅行以来の海外でしたが、
初めて海外の野球場を見ることも出来ましたし、非常に面白い旅になりました。

と、書いたところで思い出したんですが、
私、4年前のタイ旅行をこのブログで取り上げてないんですね。
当時はデジタル一眼レフも持ってなかったのでiPhone写真しかありませんが、
HDDにデータは眠ってるので、何かのタイミングで公開することがあるかもしれません。

そんな台湾旅行中、
ミリシタがランキング報酬が志保さんのイベントを始める暴挙。
台湾でスマホゲームに全力を出すハメになりました。



さて。
前の旅行記を続けましょうか。

初日は今治に宿を取りました。
呉から尾道を経由してしまなみ海道をひた走る。

2日目は、
そのしまなみ海道を自転車で尾道へ戻る。

来島海峡大橋1 来島海峡大橋2 来島海峡大橋4

今治側最初の橋は来島海峡大橋。
鳴門ほどではないですが、このあたりの海も結構渦巻いてます。

来島海峡大橋3 



大島 

一般道にはカラーリングがされていて、
サイクリングの最適コースを教えてくれるようになってます。

伯方・大島大橋

2つ目の橋は伯方・大島大橋。
厳密に言うと伯方橋と大島大橋の2つの橋を通って、
次の島である伯方島へ行くことになります。

大島大橋 大島大橋料金所

各橋はしまなみ海道(西瀬戸自動車道)と並行していて、
徒歩以外は通行料がかかります。
※自転車も平成30年3月末までの期間限定で無料



伯方島 

伯方島。

は!か!た!のしお!

でお馴染みの伯方島です。
せっかくなんで塩ラーメン食べました。

 



大三島橋 

大三島橋。
この先の大三島に多々羅しまなみ公園とサイクリストの聖地があります。



多々羅大橋  

多々羅大橋。
ここが愛媛と広島の県境になります。



瀬戸田サンセットビーチ1 瀬戸田サンセットビーチ2

広島県最初の島、生口島には「瀬戸田サンセットビーチ」というビーチがあります。
写真の雰囲気は真夏ですが、撮影したのは真冬です。



生口橋 因島

生口橋。
この橋を越えた先が、あのポルノグラフィティが生まれた因島です。

 

ポルノグラフィティの「Aokage」という曲の歌詞に出てくる青影トンネルは因島内にあるトンネル。
歩道がなく、道幅も狭いトンネルなので、通るのは断念しました。



因島大橋1 

因島大橋。
この橋だけは車道と並行ではなく車道の下を走ります。


因島大橋2 因島大橋3 因島大橋4

夕焼けと因島大橋。

朝から走り続けてきましたが、
気づけばもうすっかり日が暮れてきてしまいました。



向島フェリー乗り場 フェリーの中 

最後の向島から尾道へはフェリーに乗ります。
料金は人間100円、自転車10円。



尾道1 尾道2

尾道。

社会人になってからはほとんど自転車に乗らなくなった私ですが、
約8時間半で走破。

レンタサイクルは今治で借りて尾道で返すということが出来るので、
尾道で自転車を返し、尾道ラーメンを食べた後、バスで今治へ帰りました。

この行程だと、大きな荷物はホテルに残して、
最小限の荷物だけでサイクリングが楽しめますね。



余談。
このブログを書いている間に、
ちょっと衝撃的なニュースが。

詳しいことは明日改めて書こうかと思いますが、
ちょっとショックが大きすぎて軽く放心状態になってた・・・。
スポンサーサイト
2017'08'18(Fri)02:45 [ Travel - 西瀬戸・新居浜・徳島(16年末) ]
CM : 0 . TB : 0 . TOP ▲
Round of Seto Island Sea Part.1 (Hiroshima-Kure)
2016年末~2017年始にかけての瀬戸内海一周旅行記第一弾。

番外編的に初日の出だけ書きましたが、
転職も決まって落ち着いてきたのでゆっくりまとめていこうかなと。



瀬戸内海一周といっても、
初日は兵庫から中国道山陽道を延々走って一気にへ。

大和ミュージアム

大和ミュージアム市海事歴史科学館)

写真の雰囲気からわかるかと思いますが、
到着したのは夕刻。

出発が遅かったことと、
途中渋滞が複数あったことで、
閉館1時間前の到着に…。



まず入る前に駐車場から入口までには、
戦艦陸奥のパーツが出迎えてくれます。

陸奥のスクリュープロペラ 陸奥の主舵
陸奥の主砲身1 陸奥の主砲身2 陸奥の主砲身3
陸奥の主錨 陸奥の艦尾フェアリーダー



館内には1/10スケールの戦艦大和もいます。

1/10サイズ戦艦大和1 1/10サイズ戦艦大和2 1/10サイズ戦艦大和3 1/10サイズ戦艦大和4 1/10サイズ戦艦大和5 1/10サイズ戦艦大和6 1/10サイズ戦艦大和7

何枚か人が写ってる写真がありますが、
それを見ると1/10スケールでもいかに大きいかがわかるかと。



大和ミュージアムという名前がついていますが、
正式には海事歴史科学館ということもあって、
館内は戦時中の市の役割(軍港としてどう機能していたのか)を紹介する資料館になっています。

建物の外はすぐ海になっているので、
造船所とかがよく見えます。

呉の造船所1 呉の造船所2 呉の造船所3

船着き場の明かりが明るすぎてうまく撮れなかったけど、
造船所の大型クレーンが並ぶ光景は結構好きです。

2017'05'04(Thu)15:16 [ Travel - 西瀬戸・新居浜・徳島(16年末) ]
CM : 0 . TB : 0 . TOP ▲

タグ : 大和ミュージアム

First Sunrise 2017
初日の出を英語にすると直訳でタイトルになるんだけど、
英語圏の人は初日の出にありがたみを感じる風習がないので、
このワードに特別な意味は持たないということをイギリス人から聞きました。

という訳で、年が明けてもう1ヶ月経ってますが、
2017年の初日の出の写真を。

毎年恒例のメンバーで、

青梅御岳山
高尾山
伊勢湾
東京湾
宮城松島
熱海
三保の松原
長野千曲川

と日本各地の初日の出を見てきましたが、
今年は徳島県の眉山にて。

眉山(まだ夜景)1 眉山(まだ夜景)2

まだ夜明け前の6:30頃。
眉山ロープウェーは6時から運転なので比較的いい場所を確保できました。
夜景もキレイ。


眉山(夜明け前)2 眉山(夜明け前)1

少し明るくなってきた6:50頃。
雲も少ないので、今年はいい日の出が見られそう。


眉山(初日の出直前)1

7:10過ぎ。
空がだいぶオレンジになってきた。


眉山(初日の出直前)2 

と思ったら、
その下から日の出がw
そこに水平線があったのか・・・w


眉山(初日の出) 眉山(ピンぼけ初日の出)

普通の初日の出と、
わざと手前の枝にピントを合わせたピンぼけ初日の出。

眉山(初日の出アップ) 眉山(ピンぼけ初日の出アップ)

さらにアップにしたものを。
ピンぼけさせると、火球みたいに見える。


眉山(初日の出遠目) 

少し遠目から。
船は初日の出遊覧船的なものだろうか。


眉山ロープウェーから 眉山ロープウェー

眉山ロープウェーと、
ロープウェーからの徳島市内。
山麓駅から歩いて10分ほどで徳島駅という、
都市部との近さがよくわかる写真。


おまけ。

IMG_6956a.jpg IMG_6955a.jpg

麓の駅に貼られていたポスター。

アイマスとおへんろ。のアニメ声優コラボポスターで、
1月27日~3月6日の期間限定(ただしポスターがなくなり次第終了)で、
徳島市のふるさと納税の返礼品にもなっています。



2017'02'04(Sat)21:20 [ Travel - 西瀬戸・新居浜・徳島(16年末) ]
CM : 0 . TB : 0 . TOP ▲

テーマ : 写真風景写真

タグ : 初日の出 眉山 徳島