FC2ブログ
10≪ 2018| 12345678910111213141516171819202122232425262728293011/ ≫12
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--'--'--(--)--:-- [ - スポンサー広告 ]
. . TOP ▲
The Only SKY at Nakano day2 Part.2
少し遅れましたがPart.2
Part.1はこちら

三連休で遊びまわりすぎた結果、
風邪を引いて寝込んでました。


そんなこんなで続き。

ミュージカルコーナーへのこだわりは、
MCでも語っていて、
マイクのこともそうだし、
動きやすい衣装にする工夫だとか、
衣装の早替えとかは、
ツアー初めはスタッフも不安だったとか。

そして、
一通り語りつくした後、

これずっと言いたかったのー!
やっと言えたー!

と突然子どものような喋り方になるところも、
天ちゃんの特徴であり魅力の一つ。


ツアータイトルを客席に投げかけたときに、
数人が「The Only BLUE」(アルバムタイトル)と
間違えて答えたときに、

「The Only BLUE」はアルバムのタイトルで、
ツアーのタイトルは「The Only SKY」なんだけどな…
もうツアー最終公演なのに…

といじけている姿はまさに25歳児といった感じ。


雑誌や歌っているときは、
キレッキレのドヤ顔を見せるのに、
リラックスしたときには
ものすごく子どもっぽい表情を見せる。

某ラジオではよく見せている、
天然ドSな性格も、
子どもっぽいところの一つであり、
ドヤ顔とのギャップが魅力の一つにもなってる。


さて。
曲の話に戻って。

アーティスト雨宮天を語る上で外せないものの一つが
70's~80’s music(邦楽)

彼女自身は93年生まれなんだけどねw

1stアルバムを出した時には、
リリイベとして70's~80'sをカバーしたリサイタルを開催したことも。

ライブで披露した曲の中では、

「エデンの旅人」
「Glitter」

あたりがそのあたりの影響を強く受けた楽曲かな。

特に「エデンの旅人」なんかは、
MVも含めて「異邦人」(久保田早紀)を思わせる雰囲気。

ライブでも、
MVで使用した衣装をライブ向けにアレンジして着用し、
荒野の中で歌うような演出が非常に印象的でした。

自分も89年生まれなので世代ではないのですが、
このあたりの楽曲たちはどこか懐かしさを感じるので好き。


そして、
一番の特徴であると言えるのが、
ドヤ顔全開で歌う攻撃的な曲たち。

「Marvelous scene」
「Eternal」
「Skyreach」
「Breaking the Dark」

このあたりの楽曲では、
無邪気な天然ドSとは真反対の、
クールでカッコいい雨宮天を見ることができる。


特徴の異なる楽曲たちを、
それぞれの魅力に合わせて歌い分けることができる。

それは、
新潟公演の時にも書いたけど、
ライブに対して肩の力が抜けて、
余裕を持って臨めるようになった結果なんだろうなと。

今回ソロライブでは初めて映像収録をしたのも、
映像に残すだけの気持ちの余裕が出来たからこそなのかな。

1stライブの最初の公演を見てるからこそ、
そういった成長を見ることができるのも、
ファンとして嬉しいことだったりする。


これからも、
その魅力を存分に見せてくれることを、
楽しみにしています。
スポンサーサイト
2018'09'20(Thu)01:56 [ Music - TrySail(メンバーソロ含む) ]
CM : 0 . TB : 0 . TOP ▲

タグ : 雨宮天

The Only SKY at Nakano day2 Part.1
たまには予告した通りのことをしてみましょうか。


雨宮天さんのライブ、

SORA AMAMIYA LIVE TOUR 2018
The Only SKY

ツアーファイナルの中野2公演目に行ってきました。


前回新潟公演へ行った時は、
天ちゃんの日本酒好き全開で、
MCのほとんどを酒ネタが占めるライブでしたが、
今回はツアーファイナルということもあり、
このツアーへの想いとか、
歌うことへの想いとか、
アーティスト雨宮天を知れたライブだったなと。


このツアーで特徴的だったのが、
中盤のミュージカルテイストコーナー。

4th Sg.の「irodori」
2nd Al.の「Shu! Be! Du! Ba!」
1st Al.の「羽根輪舞」

随所に散りばめられたミュージカル調の曲たちを1箇所に集め、
セットや衣装もミュージカル風にして歌うコーナー。

初めての挑戦ということもあって、
いろいろ試行錯誤したり、
ライブ当日まで上手くいくか不安だったこともあったようで。

それでも、
オールドスタイルのスタンドマイクと、
ヘッドセットのマイクを使い分けたりと、
やるからにはこだわりたいという、
天ちゃんの想いが垣間見える。


天ちゃんのこだわりの強さというのは、
結構いろいろなところで見ることが出来て、
中でも特にわかりやすいのが青色へのこだわり。

これまで出したアルバムは、
2枚ともタイトルに「BLUE」が入ってるし、
衣装も基本的に青系統、
青が着れなくてもネイルを青くしたり、
「irodori」のような赤メインの曲では、
歌詞の最後に「BLUE」を仕込んだり。

今回のライブでも「誓い」の時に
ステージの背景に散りばめられてる星を
一部青くしてたのは青へのこだわりを感じた。

リアルの自分を知ってる人はわかると思うけど、
自分自身も「赤」に対して、
少しこだわりを持ってるところがあるので、
ひとつの色に強いこだわりを持つ天ちゃんには、
凄く共感出来るところが多い。

だからこそ、
あれだけ青にこだわりの強い天ちゃんが、
「irodori」で赤く染まったのが嬉しくて、
個人的に一番のお気に入り曲になってる。

曲自体も好きなんだけど、
さっきも書いた、
"歌詞の最後に「BLUE」を仕込む"
ことによって、
ライブで歌う時に、
客席が真っ赤なペンライトに染まってるのが、
最後の「BLUE」というワードが出た瞬間、
一瞬で客席が真っ赤から真っ青に変わる、
あの光景が凄く好き。


と、
まあここまででまだ半分くらいなんですが、
全部書くと長くなり過ぎてしまうようなので、
続きは明日にします。
2018'09'17(Mon)12:27 [ Music - TrySail(メンバーソロ含む) ]
CM : 0 . TB : 0 . TOP ▲

タグ : 雨宮天

The Only SKY at Niigata


雨宮天さん(天ちゃん)のライブツアー

SORA AMAMIYA LIVE TOUR 2018
The Only SKY

新潟公演に参加してきました。


このツアー、
関東でも横浜公演があったんですが、
別の予定と被ってしまい、
それでも1箇所くらい行きたいと思っていたので、
東日本でどこか遠征することにしたんですが、
当初は9月の仙台公演に行くつもりでした。

ですが、
ちょうどこのツアーの先行受付をしてた頃、
天ちゃんが声帯炎になるという事件が起こりまして。

その声帯炎の時期と、
TrySailのツアー新潟公演が重なってしまい、
ほとんど声が出せない状態での公演になってしまったんですよね。

そんな中でも声援を送ってくれたファンに対して、
いつかリベンジするんだという思いを綴ったブログを見て、
ソロの新潟に行ったらきっといいものが見られる、
という予感がしたので、
急遽新潟へ行くことにしたんですよね。


結論から言えば、
行って大正解でした。


歌やパフォーマンスのひとつひとつ、
MCなどを通じて、

これが全力の雨宮天だ!

というのを見せつけてくれたような気がする。


MCで、声優アーティストの商売道具である
喉を壊してしまったことに対して、
不安と負い目を感じていたことを話していて、

あの日(TrySail新潟公演)が塗り変わることはない

とも言ってて、
確かにそれはそうなのかもしれないけれど、
それに対して、
全力全開のパフォーマンスで恩返しする、
そういう生真面目な天ちゃんが自分は好きなんですよね。


まあ、
自分はTrySail新潟公演には行ってないし、
このツアーも新潟が初参加なので、
あくまでそんな気がした、
という話なんですが。


MCでは、

ツアー3公演目だけどまだまだ緊張が抜けない

なんてことも言ってたんですが、
初のソロライブである1stツアー大阪を見た人間からすると、
あのライブよりはかなり肩の力が抜けてるのを感じる。


たぶん、1stツアーで新潟公演があったとして、

ドリンクの中身を八海山にしたい
片手に八海山持って歌いたい

なんて言葉が出る余裕なんて無かったように思う。


ちなみに、
八海山とは新潟の有名な日本酒のこと。

MCでもたびたび日本酒の話題が出たんですが、
天ちゃんはホントに日本酒が好きなようで、
20歳になって初めて飲んだ酒が久保田、
今一番好きな酒が八海山だそうで、
新潟の日本酒が特に大好きなようです。

あまりに日本酒トークを連発するので、



つられてお土産に八海山を買ってしまいました。


曲の感想とか、
天ちゃんの魅力とか、
もう少し綴りたかったんですが、
ここまでで思ったより長くなってしまったので、
続きは中野の追加公演の後に書きます
(たぶん)

2018'08'05(Sun)23:59 [ Music - TrySail(メンバーソロ含む) ]
CM : 0 . TB : 0 . TOP ▲

タグ : 雨宮天 TrySail

Birdman × Harbor × Arena
プラホ 観覧席

先週末は毎年恒例、
鳥人間コンテストの大会でした。

自分が滑空機をやってたこともあって、
毎年土曜の滑空機部門しか見ないんですが、
今年からプロペラ機タイムトライアル部門が廃止されたことで、
今までより早く7:30スタート。

テレビ放送があるのでネタバレになるようなことは書きませんが、
今年は好記録が連発してました。

天候がそこそこ良かったというのもありますが、
個人的には今年はパイロットのレベルが高かったように感じました。
その辺については、テレビ放送後に気が向いたら書くかもしれません。

ちなみに、
現地では先輩1名・後輩数名と久しぶりの再会を果たしました。

先輩は最近大手→大手の転職をした人なんですが、
大手は大手で転職事情が中小とは違ってて興味深い話でした。

後輩が思ったよりたくさん来てたのはちょっと嬉しかったり。
やっぱり大会に出ると、琵琶湖への思い入れが強くなるのかね。



鳥人間を見た後は神戸へ。

LAWSON presents TrySail Live 2017 Harbor × Arena in KOBE

せっかく関西に来たので2Daysとも参加してきてしまいました。
横浜も参加したので、所謂「全通」ですw

TrySailは比較的いい席を引くことが多くて、
今回も横浜と神戸1日目は最前ブロックを引き当てる幸運。

ライブは開始早々最初のMCまで5曲連続、
しかもメインステージ・センターステージ・トロッコで会場1周と、
最初からアリーナ全体を隈無く回る構成。

ソロ曲は、
天ちゃんが「irodori」
もちょが「トクベツいちばん!!」
(神戸1日目だけ「箱庭ボーダーライン」)
ナンスが「グレープフルーツムーン」
(神戸2日目だけ「フワリ、コロリ、カラン、コロン」)

神戸1日目のソロが完全に80年代コーナー化してた。

あまり大々的に公言はしてないけど、
3人の共通認識として80年代好きってのがあるっぽい。

天ちゃん推しとしては「irodori」は最高にカッコいいです。
個人的に赤好きなので、
赤い雨宮さん(通称:あかみやさん)とかもうたまらんです。


中盤には朗読劇。
横浜が過去をテーマにした豪華客船での話。
神戸1日目が現在をテーマにした潜水艇での話。
神戸2日目は未来をテーマにした宇宙船での話。

シリアスあり、笑いどころありで、
ライブの小休止の時間の割にはかなり引き込まれるストーリーで、
正直結構聞き入ってました。


TrySail Live恒例ハモリコーナーは、
「あかね色」のハモリアレンジバージョン。

もしこのライブのライブCDを出す予定があるのであれば、
是非とも収録していただきたい1曲です。


後半は少しずつ温めてきたエンジンをフルスロットルにするような、
ハードな曲ばかりを集めた構成。

本編で現在発売されているSg.とAl.収録曲をすべて歌いきり、
アンコールでNEW Al.から「TAILWIND」を披露するという全曲ライブでした。

ナンちゃんはブログで「全曲ライブはおそらくこれで最後」って書いてましたが、
NEW Al.は相変わらずSg.のカップリングを収録する嵩増しを行っているので、
「TAILWIND」を入れても4曲しか曲が増えないので、
個人的には次のライブもまだ全曲歌える気がしてる。


神戸2日目ではダブルアンコールで「adrenaline!!!」をもう一回歌うというサプライズ。

今あるTrySailの曲の中でおそらく最も盛り上がるであろう曲を、
まさかまさかの最後に持ってきたことで、
個人的には何か変なスイッチが入って狂ったように飛んでたような気がする。


天ちゃん推しとしては、
TrySailのライブはソロの所謂「ドヤ宮さん」と違った、
可愛い天ちゃんが見られるのが魅力のひとつだと最近感じてる。

個人的に可愛いポイントが高いのが、
「センパイ。」の2番にある「バカ!」と
「ホントだよ」のサビにある「めんどくさいなんて言わないで」
の2箇所。

特に「センパイ。」の「バカ!」は、
ライブの雰囲気とかによって毎回言い方が微妙に変わるので面白い。

「ホントだよ」はライブDVD/BDの視聴用動画にも使われてたので貼っておく。



2分17秒あたりから見るといいと思うよ。


あと、今回のライブはトロッコとかで割と3人を間近で見る機会が多いライブだったんだけど、
ナンちゃんがお客さんと目をしっかり合わせてるのが結構ドキッとするんだよね。
もちょ天はふわっと見渡してる感じなのであまり見られてる感覚がないんだけど、
ナンちゃんだけは明らかにひとりひとりを見つめてる印象がある。
あれは惹かれるものがあるな。
(だからといって天ちゃん推しはやめない)



最後に余談。
会場限定Tシャツ(通称:ひかるカケラTシャツ)、
暗闇で光るという噂を聞いて、暗いところで写真を撮ってみました。

SORA SHIINA

左が神戸1日目、右が神戸2日目。
横浜は買い忘れましたw

こういう遊び心があるグッズっていいですね。
2017'08'01(Tue)02:09 [ Music - TrySail(メンバーソロ含む) ]
CM : 0 . TB : 0 . TOP ▲

タグ : TrySail 雨宮天 麻倉もも 夏川椎菜 ひかるカケラTシャツ

Smooth Sailing
今日、少しショッキングな事件がありまして、
テンションが下がりそうなので、
昨日のこと思い出してテンション上げるために、
遅い時間ですが久しぶりにブログ更新。


TrySailの3rdライブ
LAWSON presents TrySail Live 2016 “Smooth Sailing”

参加してきました。


1stライブ、2ndライブと曲数が少ない中でやってきたけど、
今回は1stアルバムを引っさげてのライブということもあって、
曲数が増えて非常に充実のライブでした。


冒頭の30分劇場は、
古畑任三郎やら逆転裁判やら名探偵コナンやら、
パロディ詰め込みまくりの探偵モノ。

ライブの前振りの割には、
伏線とはもしっかり張られていて面白かった。


ライブ本編はといえば、
TrySailはノリの良い曲が多いから、
自然とテンションが上がっていく。

冒頭からアルバムリード曲の「ひかるカケラ」
シングル曲の「whiz」「コバルト」「High Free Sprits」3連発などでエンジン全開。

ソロコーナーではもちょが「桃色片想い」、
ナンスが「1/2」をそれぞれカバー。

天ちゃんは自身のソロデビュー曲「Skyreach」を披露するとともに、
9/7に1stアルバム発売、9/25大阪・10/8東京でのソロライブ開催を発表。

 

天ちゃんからTrySailファンになった身としては、

この時が来るのを待っていた・・・!

って感じです。

大阪公演、
なにがなんでも行かせていただきます。


中盤にはTrySail定番のハモリ曲として、
「夏を待つセイル(帆)のように」をカバー。

カバーの選曲は素晴らしいんだけど、
TrySailオリジナルのハモリ曲はいつ出るんですかね・・・?


終盤もノリノリの曲ばかりで、
終始テンション上がりっぱなしのライブでした。

あまりにテンション上がりすぎて、
帰りの新幹線は久しぶりにアルコール分を摂りながら帰阪してました。

18日の“Headwind Sailing”の方は行けませんが、
今後もライブには積極的に参加したいですね。

だから、いい加減次はツアーにしてください。
2016'06'07(Tue)01:38 [ Music - TrySail(メンバーソロ含む) ]
CM : 0 . TB : 0 . TOP ▲

タグ : TrySail 雨宮天 麻倉もも 夏川椎菜

Photo Book
2日連続TrySail関連、というか天ちゃん関連。

写真集買いました。



すっごい爽やか。
そして、すっごい食べてるw

普段パンツスタイルでスラっとした脚の美しさを見せつけてるけど、
写真集では着物とかスカート中心。

大人の色気と、
子供っぽい無邪気な表情が両方見れるのもいいし、
天ちゃん自身が好きなデコルテをしっかり見せてる写真は、
個人的にはこの写真集の中で割と好きな写真。
たぶん天ちゃん的サービスショットなんだと思う。

この写真集の中でもそうだけど、
天ちゃんってすごい表情豊か。

トラハモでもちょを弄んでるとき、
ライブで歌ってるとき、
ライブの最後の挨拶で荒ぶってるとき。

普段はネガティブだけど、
歌ってる時の表情は自信に満ち溢れてるし、
もちょナンスと一緒にいる時はすごく楽しそう。

そんな天ちゃんに魅力を感じてる。

ただひとつ不満があるとしたら、
なぜかあんまり関西に来てくれないということ。

ここさけの大阪での舞台挨拶もいなかったし、
アイマスミリオンライブの3rdツアーも大阪は不参加(もちょナンスは参加してるのに・・・)。
シングルのリリイベも毎回都内某所でしかやらないし・・・。


写真集といえば、
最近もう1冊買ってました。



WUGのみにゃみこと田中美海(みなみ)ちゃん。

こっちもよく食べてるw

天ちゃんとは違って、
こっちは妹にしたくなる可愛さがある。

まだ19歳だしね。

もともとWUGの中では好きな方だったけど、
今月からA&Gの5starsがLadyGoを引き継ぐ形で1時間生放送に昇格して、
個人的注目度がさらに上昇中です。
2015'10'13(Tue)02:42 [ Music - TrySail(メンバーソロ含む) ]
CM : 0 . TB : 0 . TOP ▲
TrySail Live2015
今年結成したミュージックレイン2期生の3人組ユニットTrySail

劇場版アイマスあたりから存在を知りはじめ、
一週間フレンズやらラジオどっとあいやらで天ちゃん(雨宮天ちゃん)に興味を持ち、
今年に入ってからは何回か若干気持ち悪いブログ(笑)も書いてたりしたんだけど、
5月の1stライブは直後から2ヶ月の長期出張が入ってたこともあって全然触れてなかったw


そんなこんなで、
昨日あった2ndライブと合わせてまとめて簡潔に書きます。


まず、TrySailの面白いところは、
3人が全く別の方向で特徴的なキャラクターを持っているということ。

謙虚を通り越して究極ネガティブなのに、時々ドSキャラが顔を覗かせる天ちゃん(雨宮天)
ド天然過ぎて何考えてるかわからない(もしかしたら何も考えてない)もちょ(麻倉もも)
最年少なのに一番しっかり者、言葉の選び方にセンスを感じるナンス(夏川椎菜)

ただ、これがユニットになると何故かキレイにまとまる。

先輩のスフィアと比べても、
そこを強く感じる。

たぶんだけど、
スフィアの場合はそれぞれの目指す音楽性のベクトルが別方向だからなのかな、
って考えてる。

TrySailは個性は別ベクトルだけど、
目指してる音楽性はさほど大きな違いがない気がする。

特にそれを顕著に表してるのが、
どちらのライブでもやった「ハモリコーナー」

1stでは「想い出がいっぱい」、
2ndでは「ブルーウォーター」(ふしぎの国のナディア主題歌)
3人のハーモニーに聴き惚れてしまった・・・。

個人的にはTrySailにはここをプッシュしてほしいし、
今後のライブでもハモリコーナーは欠かさずやってほしいし、
欲を言えばTrySailオリジナルのハモリ曲をリリースして欲しい。

いつか出るであろう1stアルバムあたりで期待したい。


もうひとつ。
コール&レスポンスに積極的なところも注目かな。

1stはホントだよで軽めに「ホント」「ウソだ」だけだったのが、
2ndのBaby my stepでは一気に難易度が急上昇。

高速な上に被せるという高度な技を求めてきやがった。

こいつら・・・、
オタクの音感を試してやがる・・・w


正直、個人的に天ちゃんが好きだから
ソロライブ始めるまでの場繋ぎ的な感じで追っかけ始めたTrySailだけど、
ユニットでのライブも見続けてみたいなという気持ちが芽生えてきた。

ただ、
3rdライブは最低でもアルバムを出した後にしてほしい。

まだ曲数少ない上に、
1stと2ndを大して新曲増やさないまま立て続けにやったから、
2ndは曲以外の部分が無駄に間延びしてる感が半端無かった。

まぁこればかりは、
彼女らの能力の問題というより、
マネジメント側の問題だけどね。



なんか、
すごい上から目線なブログになってしまった気がする・・・。

なんていうか、
駆け出しのユニットだから、
どう成長していくのかが楽しみなんだよね。
2015'10'12(Mon)02:07 [ Music - TrySail(メンバーソロ含む) ]
CM : 0 . TB : 0 . TOP ▲

タグ : TrySail 雨宮天 麻倉もも 夏川椎菜

    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。