03≪ 2017| 12345678910111213141516171819202122232425262728293004/ ≫05
Kobe-Luminarie 2016
3年ぶりに神戸ルミナリエに行ってきました。

土日は混むので、
平日に仕事を無理やり早めに切り上げて行ってきたら、
思いのほか人が少なかったので、割りとゆっくり見られました。

ルミナリエは完全一方通行で、
入口のJR元町駅から、
メインの東遊園地まで指示された道を通っていく必要があります。


神戸ルミナリエ2016-1 神戸ルミナリエ2016-2

東遊園地へ向かう途中。


神戸ルミナリエ2016-3 神戸ルミナリエ2016-4 神戸ルミナリエ2016-5 神戸ルミナリエ2016-7 神戸ルミナリエ2016-6

東遊園地内。


神戸ルミナリエ2016-8 神戸ルミナリエ2016-9

フラワーロード沿い。
神戸港は来年開港150周年らしいです。


阪神淡路大震災犠牲者の鎮魂の意味を込めて始まったことイベントも、
近年は来場者の減少、開催費用などなど問題を抱えているようで、
大震災から20年以上が経過して過渡期を迎えているみたいですね。
スポンサーサイト
2016'12'18(Sun)01:17 [ Others - 関西生活とか ]
CM : 0 . TB : 0 . TOP ▲
Arashiyama at Hanatouro Part.2
灯籠が並ぶ道1 灯籠が並ぶ路地 灯籠が並ぶ道2


京都花灯路Part.2



花灯路と竹林7 花灯路と竹林8 花灯路と竹林9

同じ竹でも当てるライトの色によって雰囲気が変わる3枚の写真。


花灯路と竹林10 花灯路と竹林11 花灯路と竹林13 花灯路の竹林12

天龍寺から大河内山荘にかけての竹林。
真っ直ぐ続く竹林の道が非常にキレイ。


鏡写しのライトアップ1 鏡写しのライトアップ2
鏡写しのライトアップ3 鏡写しのライトアップ4

水面に鏡写しになったライトアップ。
左右で同じ写真の明るさ調整をしたものとしてないものの比較。

少し明るくすることで、
鏡写しになっているのがよくわかるようになるかと思います。



謎の人形1 謎の人形2

さがの人形の家の前。
実に不気味である。



花灯路と紅葉1 花灯路と紅葉2

紅葉。
花灯路と紅葉のコラボはおそらく主催側も想定外だっただろうな。



渡月橋

渡月橋。


花灯路と渡月橋1 花灯路と渡月橋3 花灯路と渡月橋2

嵐電嵐山駅側から。
2枚目と3枚目は京都といえばバス(数週間ぶり2回目)ということで、
渡月橋を京都のバスが走るコラボ写真。


花灯路と渡月橋4 花灯路と渡月橋5

阪急嵐山駅側から。
山を背にするので、橋だけが光り輝く。




京とれいん1 京とれいん2

おまけ。
阪急のちょっとおしゃれな車両「京とれいん」が嵐山駅に止まっていたので。

普段は快速特急として使われていますが、
この日は花灯路用の臨時快速急行として使われていた模様。


そんなこんなで、
秋冬の嵐山を撮ってきたので、
年が明けた今年2016年は春夏の嵐山にも行ってみたいかなと思ってるので、
覚えてたらまたその頃にブログ書きます。
2016'01'11(Mon)22:57 [ Others - 関西生活とか ]
CM : 0 . TB : 0 . TOP ▲

タグ : 京都 嵐山 花灯路

Arashiyama at Hanatouro Part.1
昨年の日帰り京都紅葉巡りがまだ完結してませんでしたので、
今さらですが続きを。



花灯路の嵐電嵐山駅1 花灯路の嵐電嵐山駅2 花灯路の嵐電嵐山駅3 花灯路の嵐電嵐山駅4

この日の最終目的地である嵐山に到着しました。

下鴨神社からは、バスで京都市役所前まで行き、
京都市役所前駅から地下鉄で太秦天神川駅へ。
太秦天神川駅から嵐電天神川駅へ行き、
嵐電に乗り換えて嵐電嵐山駅へ行くという行程。

というわけで、
最初の写真は花灯路モードの嵐電嵐山駅。

太秦萌ちゃん

駅にパネル展示されていた京都市交通局公式キャラクター太秦萌ちゃん。

京都学園大学公式キャラクターで戸松遥がCVを勤める太秦そのとは、
従姉妹の関係にあるらしいです。



花灯路の竹林1 花灯路の竹林2

まずは竹林の方へ。

ライトの色味によって、
なかなか幻想的な竹林に変化してます。


花灯路1

道の両端には、
写真のような灯籠が等間隔に並べられています
(見辛かったので若干明るさ調整)


花灯路の竹林4 花灯路の竹林5 花灯路と竹林6

竹林の周回コース部分。
花灯路前にも行ってるので、対比写真を。

竹林2 花灯路の竹林3

一目瞭然とは思いますが、
左が花灯路開催前、右が開催中の写真。

比較用に意図して撮ったものではないので、
アングルが違っているのはご容赦ください。


竹と灯籠1 竹と灯籠2 竹と灯籠3

竹と灯籠だけにフォーカスした写真たち。


花灯路と山陰本線

竹林・花灯路・山陰本線のトリオ。


ちょっと長くなりそうなので、
Part.2に続きます。
2016'01'10(Sun)23:32 [ Others - 関西生活とか ]
CM : 0 . TB : 0 . TOP ▲

タグ : 京都 嵐山 花灯路

Shimogamo Shrine
下鴨神社1 下鴨神社2

何回も京都に来てるのに、
実は1回も行けてない下鴨神社に初めて行ってきた。


下鴨神社の紅葉1 下鴨神社の紅葉2

表参道の紅葉
12月中旬でこれだけ色鮮やかに残っているのも珍しい。


下鴨神社の馬車

表参道から1本外れると馬場があり、
GWには流鏑馬神事があるらしいです。

今は観光用に馬車が走ってます。


下鴨神社の鳥居1 下鴨神社の鳥居2

南側の鳥居。
1枚目は紅葉と一緒に。


下鴨神社3 下鴨神社4 橋と鳥居 下鴨神社5

神社内部。
左から、
楼門、舞殿、御手洗池へ向かう橋と鳥居、中門

本殿は修復工事中で、
足場が組まれている状態なので、
終わった頃にまた来て撮ります。


鳥居と紅葉1 鳥居と紅葉2 鳥居と紅葉3 鳥居と紅葉4

西側鳥居と紅葉。
特に、鳥居と灯籠を背景にした紅葉の写真が個人的お気に入り。


あけ橋と紅葉

帰り道は先ほど馬車が走っていた馬場を通って。
あけ橋と呼ばれる赤い橋と赤い紅葉。


河合神社1 河合神社2 河合神社3

美麗の神様が祀られているとされている河合神社。
自分にはあまり縁のない神様ですw


来年には修復工事も終わるみたいなので、
その頃になったら、
今度は上賀茂神社と合わせて行ってみようかと思います。
2015'12'21(Mon)00:00 [ Others - 関西生活とか ]
CM : 0 . TB : 0 . TOP ▲

タグ : 京都 紅葉 下鴨神社

Byodoin
急きょ年末にベトナム出張が入り、
年末の予定がガタガタです。

しかも、
今年の出張はこれで終わりかと思っていたら、
帰国直後にもう1件国内の出張がありそうな気配。


ベトナムでゆるりと仕事を終えた流れで年末年始を迎えたかったんですけどね・・・。




そんなこんなで、
5週連続京都の最終週。

今年に入ってから何度か宇治に行っていますが、
今まで時間の都合上行けてなかった平等院に今回初めて入りました。


宇治の紅葉1 宇治の紅葉2 宇治の紅葉3 宇治の紅葉4 宇治の紅葉5 宇治の紅葉6 宇治の紅葉7

時期的に紅葉は終わってるものだと思ってたのに、
いざ行ってみたらビックリするくらい紅葉真っ盛りw

12月になっても20度を超えるような日があったり、
今年はなんか変な冬ですね。


ベンチと紅葉1 ベンチと紅葉2

響け!ユーフォニアムでお馴染みのベンチの周りも、
紅葉で色鮮やか。





平等院(裏)と紅葉

南門から平等院に入り、
平等院の裏側と紅葉。


平等院1 平等院2 平等院3


平等院鳳凰堂。
3枚目の池に鏡写しになる鳳凰堂もなかなかいい画になる。

内部拝観も出来ますが、
今回は1時間待ちだったので断念。

また人が少ないときに来ます。


平等院と紅葉1 平等院と紅葉2 平等院と紅葉3 平等院と紅葉4

平等院鳳凰堂を背景にした紅葉たち。


平等院内の紅葉1 平等院内の紅葉2

紅葉だけをピックアップした写真。


平等院の鐘と紅葉

鳳凰堂の隣にある鐘と紅葉。


平等院入口の紅葉1 平等院入口の紅葉2

帰りは正門から。





京阪宇治駅

おまけ。
宇治橋から撮った京阪宇治駅。

真ん中に線路が走っていますが、
これは京阪の線路ではなくJR奈良線の線路で、
京阪の線路は写真左の円形の構造物の中にあります。

ちなみに、
JRの宇治駅はここから少し離れており、
写真下に流れている川を渡った先にあります。


つまりのところ、
京阪宇治駅は駅舎に入った後、
JRの線路をくぐった先にホームがあるという、
ちょっと特殊な構造の駅になります。


京阪ヘッドマーク1 京阪ヘッドマーク2

おまけその2。

京阪宇治線に乗ると、
たまに響け!ユーフォニアムのヘッドマークをつけた電車に遭遇することがあります。
(~2015年12月27日まで)
2015'12'17(Thu)23:49 [ Others - 関西生活とか ]
CM : 0 . TB : 0 . TOP ▲

タグ : 京都 紅葉 宇治 平等院

Eikando at night
夜の紅葉というのも、
また別な美しさがある。

先日も鞍馬貴船神社に行きましたが、
今回は北野天満宮からバスで京都を横断し、
禅林寺永観堂へ。




永観堂入口1 永観堂入口2

17時の受付開始時点ですでに大行列。

外からの景色だけでも十分キレイですが、
中の景色もなかなか圧巻。




永観堂の紅葉1 永観堂の紅葉2 永観堂の紅葉4 永観堂の紅葉6

どこを見ても赤々と染まった紅葉ばかり。
大絶賛見頃のライトアップされた紅葉を見ることが出来ます。


永観堂の紅葉3 永観堂の紅葉5 永観堂の紅葉7 永観堂の紅葉9

背景をぼかして紅葉にフォーカスを当てる撮影方法をいろいろ試してみました。




永観堂の石像

ライトアップされたやすらぎ観音。


雅楽の演奏

雅楽の演奏もあります。




永観堂の橋1 永観堂の橋2

極楽橋から放生池を撮影。
池の水面に鏡写しになった橋と紅葉が非常に美しい。


永観堂の橋3 永観堂の橋4 永観堂の橋5

反対側から撮影。

東屋的なスペースから見下ろす形になってるんだが、
キレイに見えるスポットということもあって、
次から次へと人が押し寄せて、
身動きの取れない満員電車状態ww




橋にフォーカス 紅葉にフォーカス

ほぼ同じアングルで、
橋にフォーカスした写真と、
紅葉にフォーカスした写真の比較。

デジタル一眼レフをいろいろ覚えてきて、
写真を撮るのが楽しくなってきた。




永観堂の紅葉10 永観堂の紅葉11 永観堂の紅葉12 永観堂の紅葉13 永観堂の紅葉14
2015'12'12(Sat)22:36 [ Others - 関西生活とか ]
CM : 0 . TB : 0 . TOP ▲

タグ : 京都 紅葉 永観堂

Kitano-tenmangu (shrine in Kyoto)
いつも通り英語でタイトルをつけようとして、

「天満宮」って英訳するとどうなるんだろう・・・?

と疑問に思い、
北野天満宮」でWeblioさんの力を借りた結果が、
今日のタイトルです。



北野白梅町駅

龍安寺から再び嵐電に乗り、
北野線の終点・北野白梅町駅。


北野天満宮 北野天満宮入口

北野天満宮は、
そこから歩いて数分の場所。


北野天満宮の紅葉1 北野天満宮の紅葉2 北野天満宮の紅葉3 北野天満宮の紅葉4 北野天満宮の紅葉7

紅葉の時期は、
御土居のもみじ苑が公開されています。


北野天満宮の紅葉5 北野天満宮の紅葉6

御土居からは北野天満宮の本殿を見下ろすことも。


鶯橋1 鶯橋2 鶯橋3

少し歩くと、
鶯橋と呼ばれる赤い橋に辿り着きます。

紅葉の赤さと橋の赤さで非常に鮮やか。



余談。

北野天満宮の撫で牛

北野天満宮に入ってすぐにいる撫で牛。

今となっては懐かしのアニメですが、
けいおん!!の修学旅行回にこの撫で牛が出てきています。
2015'12'10(Thu)01:40 [ Others - 関西生活とか ]
CM : 0 . TB : 0 . TOP ▲

タグ : 京都 北野天満宮 紅葉

Ryoan Temple
先々週の京都探訪記がまだ終わってませんので、
改めて続きを。



嵐電嵐山駅

嵐電嵐山駅から京福電車に乗車。

途中、
帷子ノ辻駅(かたびらのつじ)で乗り換え。

嵐電


なんかちょっとレトロな電車に乗って、
向かったのは龍安寺駅。

龍安寺駅 嵐電2 嵐電3 嵐電4 嵐電5

龍安寺駅で撮影した嵐電の車両たち。



龍安寺入口1 龍安寺入口2 龍安寺入口3

駅を降りて向かったのは、
駅の名前通りの龍安寺。

龍安寺1 龍安寺2

入ってすぐは真っ赤でしたが、
石庭の入口付近はまだ見頃手前といった感じ。


龍安寺の紅葉1 龍安寺の紅葉2

色づきのいい場所を選んで紅葉にフォーカスした写真を厳選。



龍安寺石庭1 龍安寺石庭2 龍安寺3

龍安寺といえば有名なのが石庭。
ミニチュアも飾られてたり。

石庭のミニチュア



龍安寺4 龍安寺5

外の池の周りを一周。


龍安寺の紅葉3

すすきと紅葉


龍安寺の紅葉4

池を背景に紅葉のアップ。


龍安寺の柿1 龍安寺の柿2

紅葉以外の秋の名物もしっかり育ってました。
2015'12'08(Tue)02:54 [ Others - 関西生活とか ]
CM : 0 . TB : 0 . TOP ▲

タグ : 京都 龍安寺 紅葉

Arashiyama at autumn
京都嵐山探訪記のつづき。



渡月橋1 渡月橋2 渡月橋3


阪急嵐山駅から少し歩くと渡月橋が見えてくる。
3枚目だけ渡った後の反対側からの写真。


京都の紅葉とバス

京都名物?
紅葉嵐山を走る京都市営バス(前)と京都バス(後)
京都はバスの街でもありますからね。



天龍寺2 天龍寺1 天龍寺3

渡月橋を渡ってそのまま直進、
嵐電嵐山駅前にあるのが天龍寺。

入口看板の

「見頃」

の表示に偽りなき真っ赤な紅葉


天龍寺の紅葉1 天龍寺の紅葉2 天龍寺の紅葉3

真っ赤な紅葉にクローズアップしてみた写真たち。


飛雲観音1 飛雲観音2

飛雲観音。

なんでここに航空安全の観音様がいるのかは知らないけど、
近々ベトナム出張もありそうなので、
安全祈願してきました。



天龍寺4

天龍寺の庭園からの紅葉。


天龍寺5 天龍寺7 天龍寺6

向こう側の紅葉を近くで撮るとこんな感じ。


天龍寺8 天龍寺9

少し登った上の方から。


竹と紅葉 天龍寺北門1 天龍寺北門2

そのまま登ると、
天龍寺の北門に到着。

竹林の前に出てきます。



竹林1 竹林2

そんなこんなで、
嵐山名物竹林。

よく見ると、
再来週から始まる花灯路の準備も進んでいます。

花灯路でどうなるのかは、
2週間後のお楽しみということで。
2015'12'04(Fri)00:51 [ Others - 関西生活とか ]
CM : 0 . TB : 0 . TOP ▲

タグ : 京都 嵐山 紅葉

Hankyu at autumn
秋の京都嵐山探索記。

始まりは阪急塚口駅。

直通特急嵐山行き2 直通特急嵐山行き3 直通特急嵐山行き1

秋季限定の直通特急。

乗ったのは、
宝塚発直通特急とげつ嵐山行き。

阪急の秋季限定直通特急は、
梅田発・高速神戸発・宝塚発(今津北線経由)・天下茶屋発の4種類。
この他、河原町発と梅田発の快速特急というものもあります。

このうち、
高速神戸発と宝塚発は十三でスイッチバックがあります。
ただし、普通に十三駅でスイッチバックできるような構造にはなっていないので、
ちょっと特殊なスイッチバックをします。

神戸線の梅田方面行きホームに入線した電車は、
普通に乗降客を取り扱いつつ、
前後両方に車掌と運転手が乗った状態になってから発車し、
一旦梅田方面へ進んで留置線へ入ります。

留置線で停車した電車は、
車内で運転手と車掌が前後それぞれで入れ替わり、
留置線から十三駅の京都線河原町方面ホームへ入線。

京都線ホームで2回目の乗客取り扱いをしつつ、
前後それぞれで役目を終えた運転手と車掌が降りたら、
スイッチバック完了、
嵐山へ向けて発車します。

乗客を乗せたまま留置線へ入るというのは非常に珍しく、
わざわざ神戸線ホームから乗り、
スイッチバックを車内で体験して、
京都線ホームで降りてるその手の方々も多数おりました。

ちなみに、
文字だけではよくわからないという人は、
「阪急 直通特急 十三」
とかでググってみると、
その手の人たちが撮影した動画が見つかると思います。




そんなこんなで、
阪急嵐山駅に到着。

とげつ、ほづ

隣には回送電車となっている直通特急ほづが止まってました。

ほづは、天下茶屋発の直通特急。


とげつ

乗ってきたとげつ。
ヘッドマークは外されるのかと思いきや、
そのまま「普通電車とげつ桂行き」として発車していきましたw


阪急嵐山駅

新しいながらも、
風情ある雰囲気の阪急嵐山駅。

JRの嵯峨嵐山駅とは、
中心部にある嵐電嵐山駅や渡月橋を挟み、
嵐山のちょうど反対側に位置します。


阪急嵐山~渡月橋

駅から渡月橋に向かう途中。
見事なまでの真っ赤な紅葉。


これから先への期待が高まる中、
続きはまた明日。
2015'12'01(Tue)00:49 [ Others - 関西生活とか ]
CM : 0 . TB : 0 . TOP ▲