FC2ブログ
04≪ 2019| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303105/ ≫06
Central League 2019
いよいよ今晩プロ野球開幕ということで、
昨日のパリーグ予想に続いて今日はセリーグ。



1.広島東洋カープ

丸が抜けてもなお強い打線。
湯水の様に湧き出る優良外国人投手。

選手層が厚く、
主力を適宜休ませながら使えるので、
シーズンを通して安定した戦いが出来そう。



2.読売ジャイアンツ

丸の加入と吉川尚の成長により、
ショート坂本と合わせて盤石のセンターライン。

岡本という和製大砲も誕生し、
チームとしてのバランスが良くなった。

広島と比べると選手層が薄いので、
チームとしての好不調の波が激しくなりそう、
という点を踏まえて2位という予想。



3.横浜DeNAベイスターズ

筒香、ロペス、宮崎、ソト
という強力打線。

今永、濱口、東、上茶谷、京山、
飯塚、井納、バリオス、大貫
という豊富や先発投手陣。

選手層は厚いが、
投手陣に離脱者や不調になる選手が多く、
チームとしての安定感がないので、
3位という予想。



4.阪神タイガース

監督が変わったことで、
伸び悩み気味だった若手選手の芽が、
どれだけ開花するか。

昨年ステップアップした糸原や梅野は、
昨年同様かそれ以上の成績を残せるか。

北條、中谷、大山などは、
昨年までの好調だった時期をより長く続け、
シーズン通じてスタメンになり得る存在になれるか。

木浪や近本は、
レギュラーに穴が空いた時に、
いかにバックアップとして機能するか。
※今年は開幕からバックアップが必要な様ですが

投手陣は、
青柳、石崎、小野、望月、才木、高橋遥
と言った選手が、
シーズン通じて一軍に居られるか。

浜地、馬場、守屋、尾仲、谷川
と言った選手が、
少しでも一軍で存在感を示せるか。

シーズンが終わる頃に、
チームでなんらかの不動の地位を築く選手が、
何人現れるかによっては、
来年以降は優勝を狙えるチームになると思う。



5.東京ヤクルトスワローズ

主力の年齢層が高い。
主力の離脱者がいつも多い。

離脱者をいかに減らせるかが、
上位浮上の鍵になるが、
年齢層が高いので、
離脱しなくともフルでの活躍が望みにくい選手が増えてきた。

長い目で見れば、
村上が昨年の読売岡本のような成長曲線を描いたら面白い。



6.中日ドラゴンズ

今年は育成の年と割り切ったのか、
というほど昨年5位からの上積みの期待値が低い。

投手陣は、
年間通して使える投手が現れるか。

特に開幕投手に指名された笠原は、
エースになって欲しい、
という首脳陣の期待を感じる。


野手は、
モヤとビシエドの外国人頼りという感じ。

根尾が加入したものの、
即戦力にはならないだろうし、
他に期待の若手と呼べる選手もいない。

誰か覚醒してくれたら儲けもんくらいの感覚なのか。




いよいよ今晩開幕。

今年はどんな面白い野球が見られるのだろうか。
スポンサーサイト
2019'03'29(Fri)00:43 [ Sports - 阪神タイガース ]
CM : 0 . TB : 0 . TOP ▲
Pacific League 2019
金曜からプロ野球が開幕するということで、
久しぶりに順位予想でもしようかなと。

まずはパリーグから。



1.福岡ソフトバンクホークス

圧倒的な選手層の厚さ。

誰かが離脱したとしても、
すぐにそれなりのレベルの代役が出てくる。

昨年で言えば、
サファテの代わりに森唯斗
デスパイネの代わりにグラシアル
今宮の代わりに西田など。

今年もサファテは間に合わないし、
中村晃も病気療養と、
既に多数の離脱者が出てるものの、
抑えは昨年からの森唯斗がいるし、
一塁も内川がまだまだ衰えてない雰囲気。



2.北海道日本ハムファイターズ

野手はもともと近藤、西川、中田、大田と、
実力十分な選手が揃ってるし、
今年は王柏融という面白い存在も増えた。

投手は金子弌大の加入が大きそう。

先日のアスレチックスとのオープン戦では、
MLBの選手相手に奪三振ショーを披露、
まだまだ2桁勝利も狙える力はあるかと。

中継ぎはヤクルトから秋吉が加入、
宮西、鍵谷、浦野は実績十分だし、
新外国人ハンコックも使えそうな雰囲気。



3.埼玉西武ライオンズ

昨年からの上積みが無い。

昨年は主要メンバーが夏場までほぼ離脱なし、
若い上位陣にバテが見えた夏ごろになり、
ベテラン中村剛也が復活してホームラン量産と、
面白いように都合よく進んだけれども、
2年続けて上手くいくとは限らない。

野手の主力メンバーの代役として期待がかかる、
山田遥楓、金子一輝、
愛斗、鈴木将平、
中田祥多、駒月仁人
このあたりがオープン戦で揃ってアピール不足。

むしろ新人の、
山野辺翔、佐藤龍世
あたりの方が存在感を示していたので、
有事の際にはこちらに声が掛かるかも。


投手陣はローテ候補だった選手のうち、
榎田、内海、松本航の3人が開幕OUTという、
まさかの開幕前ローテ崩壊。

代役のニール、武隈、佐野でどこまで勝てるか。


昨年同様、
打線の力で序盤はある程度上位に食い込むが、
主力野手の離脱が出ると、
一気に連敗街道を突き進む危険性があるので、
Aクラス死守が精一杯という判断。



4.オリックスバファローズ

野手は吉田正尚、T-岡田に加え、
メセネス、頓宮という面白い選手が増えた。

投手陣は金子と西が抜けた穴は大きいが、
首脳陣が一新されたことで、
昨年までの一部投手の偏重起用が改善されれば、
中継ぎ陣に関してはいい投手が揃っているので、
接戦で粘り強いチームになってくると、
上記の通り一発がある打者が多いだけに、
結構手強い存在になるかもしれない。



5.千葉ロッテマリーンズ

外野の選手層が薄い。

内野はレアードの加入で、
鈴木大地がスタメン落ちという厚みなのに、
外野は高卒ルーキーの藤原が、
開幕センターを手にしようかというレベル。


そして、
ZOZOマリンを狭くしたのに、
それを活かせる長距離砲の少なさ。

井上とレアードには期待だが、
シーズン20本以上打てる存在が、
あと1人現れると一気に勝てるようになるかも。



6.東北楽天ゴールデンイーグルス

浅村は4番が山川からウィーラー
ショートが源田から茂木になったことで、
攻守とも魅力が半減してる。

そして、
浅村が加入した程度では物足りないレベルで、
打線が弱い。

外野陣は、
田中和基、オコエ、島内、辰巳
と面白い存在が多いが、
今年の彼らはまだまだ発展途上なので、
彼らが勝つための存在になるのは来年以降かと。

むしろ今年そのプレッシャーを彼らに背負わせ、
伸びかけの芽が摘み取られないか心配。


投手陣は大黒柱の則本が開幕に間に合わず。

開幕から躓いて下位低迷、
ノンプレッシャーの中で上記の外野陣が成長し、
シーズン後半になって勝ち出して3位争い、
という戦い方が今年はいい気がする。



なんかチームによって、
コメントの長さが全然違うけど、
球団によって持ってる知識量に差があるので、
そこはご勘弁を。

この予想がどこまで当たっているのか、
正解は半年後までお待ちくださいませ。
2019'03'28(Thu)00:37 [ Sports - 埼玉西武ライオンズ ]
CM : 0 . TB : 0 . TOP ▲

テーマ : スポーツプロ野球

タグ : プロ野球 NPB パリーグ パシフィックリーグ 順位予想

Ichiro
イチロー選手が現役引退ということで。


生まれて初めてプロ野球を見たのが、
西武ライオンズ球場での西武vs.オリックスでした。



当時はまだ西武ファンではなくて、
ただ純粋に、

「イチローというすごい選手を見てみたい」

という気持ちで見に行ってて、
西武ファンじゃなかったのに、
当時一塁(ライト)側がホームだったのに、
ビジターのオリックスイチローを見るために、
ライト側外野芝生席で観戦したという思い出。



それからもう20年以上が経って、
MLBとしてのキャリアをスタートさせた、
シアトルマリナーズのユニホームを着て、
出身国である日本で最後の試合をする。

ベンチに退く時には、
大観衆がスタンディングオベーションで迎え、
チームメイト一人一人と抱き合う。

日本人だからというだけではなく、
MLBにとっても、
イチローが如何に偉大な選手だったのか、
それがよくわかる現役最後の2日間だったのではないかと。


見に行けば良かったな。
と、少し後悔。


年末頃までは行くつもりだったんですけどね。

去年特別補佐になった時から、
これで引退するような気がしてたし、
ちょうど菊池雄星が移籍して、
MLB初登板で凱旋の可能性も高かったし。
(実際そうなったし)



試合後の記者会見、
気がついたら全部見入っていたんですが、
その中で自分の心に響いたものをいくつか。


・やりたいと思うなら挑戦すればいい

成功するから行く、
しないから行かない、
という基準では後悔する。


自分はこの基準で生きてきた人間なので、
凄い心に刺さりました。

もっとやりたいことに挑戦すれば良かったかな。

実際、
成功すると思って飛び込んだのに、
蓋を開けたら大失敗だったこともあったし、
その時の成功するかしないかなんて絶対じゃないんだし、
そんなの関係なく挑戦して行くべきだったのかなと。



・アメリカで「外国人」になった経験

エネルギーがあるうちに経験出来たことは、
人生の中で重要なことだったと思う。


イチローが挑戦したからこそ出来た経験だし、
その経験をした人だからこその人生が、
今後のイチローには待っているんじゃないかなと思う。

自分もそういう実りある人生を送りたいけど、

体を動かすことが好きで、
引退しても明日はまたトレーニングしてる。

とまで言ってしまうほど、
トレーニングを苦とも思わない、
自分にとってそれほど熱中できるものがあるのだろうか。


それを、
みつけられた人にだけ見える高み、
みつけられた人にだけ得られる実りある人生

そういうものがあるのかもしれない。

人間の限りある人生の、
エネルギーがあるうちに、
それをみつけることが出来るのは、
凄く運のいいことで、
限られた人にしか訪れないんだろうなと。



イチロー選手、
長い間本当にお疲れ様でした。
2019'03'23(Sat)00:00 [ Sports - スポーツ全般 ]
CM : 0 . TB : 0 . TOP ▲

テーマ : スポーツ野球

タグ : イチロー 現役引退 MLB

RedBull Showrun Tokyo


ニュースなどでも話題になっていますが、
東京の公道を初めてF1が走ったイベント、

RedBull Showrun Tokyo

予告通り、
現地で見てきました。




高速で走るF1のマシンをキレイに撮るのは、
なかなか難しい。




到着が予定より遅れたこともあり、
やや後ろからの観覧だったことも、
撮影を難しくしてしまいましたかね。

ちなみに遅れた原因は数日前に書いた、
某追加席販売に執念を燃やし過ぎたからなんですが。




明治神宮外苑いちょう並木に、
F1のタイヤ痕がクッキリと残されました。


+++++++++++++++

尚、F1の2019シーズンは、
今週末オーストラリアGPからスタート。


このイベントで走ったRedBull Racingは、
今シーズンからHondaのパワーユニットで走ることになり、
昨年までのトロロッソと加えて、
2チーム4台のマシンがHondaエンジンで走ることになり、
日本人としてはこの2チームがどんな成績を残すかも楽しみなところです。
2019'03'14(Thu)23:59 [ Sports - スポーツ全般 ]
CM : 0 . TB : 0 . TOP ▲
King & Queen
1日1回更新をするようになってから、
不定期に拍手ボタンを押していただいているようで。

拍手に関しては、
その記事をある程度評価していただいている、
という認識で見ているので、
自分の書いたものが評価されて嬉しく思っております。

押していただきありがとうございます。


次は是非、
右側のTwitter欄の下にあるAmazonリンクから、
Amazonで買い物をして下さい。
※厚かましい
※このブログは営利目的で書いてるわけではないので、本気にしなくていいです。


+++++++++++++++

ポルノグラフィティが、
デビュー20周年記念として、
9/7,8に東京ドーム2Daysが決まったみたいですね。

10年前の東京ドームライブは行く事が出来なかったので、
今回は行ってみようかなと思ってます。


と、ポルノグラフィティの話になったところで、
ポルノグラフィティに関する話題で、
少し古いものを掘り起こしてみる。


昨年10年ぶりにパリーグ優勝を果たした
埼玉西武ライオンズ


その中継ぎエースとして、
64試合に登板したのが、



平井克典投手


この平井投手が昨年登場曲にしていたのが、
ポルノグラフィティの「キング&クイーン」でした。


この曲は、
もともとグラチャンバレーのテーマ曲として作られた曲で、
頂点を目指すアスリートを応援するような歌詞になっています。


そんな訳で、
パリーグの首位を走るチームで、
最も多くの試合に登板した投手の登場曲としては、
この曲は完璧過ぎる選曲で、
ポルノ&西武ファンの自分としては、
非常に嬉しい選曲でもありました。


個人的には、
今年もこの曲を使って欲しいな、
と思ってます。





さすがは入団2年で100試合以上に登板した投手ですね、
適当に探しただけでこんなに平井投手の写真が出てきました。
2019'03'12(Tue)00:00 [ Sports - 埼玉西武ライオンズ ]
CM : 0 . TB : 0 . TOP ▲

テーマ : スポーツプロ野球

タグ : 埼玉西武ライオンズ 平井克典 ポルノグラフィティ キング&クイーン

Showrun
体調がまだ万全ではないので、
長崎の写真は今日もお休みです。


というわけで、
今日も手短に書ける話題を。



今週の土曜日、
F1のレッドブルレーシングのマシンが、
神宮外苑の銀杏並木を走るらしいです。


東京の街中で、
F1のマシンが走る姿を見られる機会は、
なかなかないことなので、
ちょっと楽しみです。


このブログではほぼ触れてませんが、
実は2016,17年の2回、
鈴鹿でF1観戦の経験があったりします。





写真ブログとしていながら、
2日連続で画像なしというのも申し訳ないので、
iPhoneのカメラロールに僅かに残っていた、
2017年のF1観戦の写真を上げてみます。


優先エリア入場券も申し込み済みなので、
いい写真が撮れたらここに上げたいと思います。
2019'03'05(Tue)23:59 [ Sports - スポーツ全般 ]
CM : 0 . TB : 0 . TOP ▲
Shinji Mori
ブログに書くネタはいろいろあるし、
前に仕事と違って定時でちゃんと帰れてるんだけど、
部屋が中々片付かなかったり、
研修と称した出張が続いたりで、
1ヶ月以上更新が空いてしまっていたようで。

そんな溜まったネタも吹っ飛ぶ衝撃のニュースが。


西武の一軍ブルペンを担当していた森慎二コーチが急死されました。

選手としては2000年代前半には豊田清(現・読売ジャイアンツ投手コーチ)と
勝利の方程式を担い、2002年のリーグ優勝にも貢献。

2006年にポスティングでメジャーへ移籍するも、
オープン戦で右肩を脱臼という大怪我を負ってしまい、
メジャーはおろかマイナーリーグにすら登板できないまま、
日本の独立リーグ石川へ。

石川では投手兼任コーチ、監督、投手兼任監督を務めた後、
2015年から西武の一軍投手コーチに就任していました。


個人的には、
現役時代の森慎二→豊田清の勝利の方程式は印象深い。


独特のフォームから繰り出される、
150km/h超のストレートと、
落差の大きなフォークを武器にしていて、
奪三振率の高い投手でした。

コントロールがいいとはいえず、
安定していい成績を納めた期間は短いんですが、
(豊田が抑えになったのも、
 そもそもは当初の抑えだった森が不調だったからだったり)
この2人がいなくなった後、
西武は長らく中継ぎ投手不足に苦しんだことも、
より一層印象を強くしているのかもしれません。


西武のコーチになってまだ2年足らず、
今年は中継ぎ陣の調子も良く、
指導者としてはこれからというところでの訃報、
残念でなりません。

謹んで哀悼の意を表します。
2017'06'29(Thu)02:08 [ Sports - 埼玉西武ライオンズ ]
CM : 0 . TB : 0 . TOP ▲
Genda
ゴールデンウィーク明けには新居を決めたいなと思いつつ、
大して仕事を残してないにもかかわらず、
この日出ろ、あの日出ろ、と
無駄に有休消化をガリガリ削ってくることにイライラしてる今日この頃。

関西から関東に引っ越すのに、
引っ越しに充てられる期間3日とかふざけてんのか。



さて、イラつく近況はこのくらいにして、
プロ野球も開幕して1か月以上が経過しましたが、
西武に頼もしいルーキーが登場してますね。

源田壮亮(オープン戦)3 

ドラフト3位ルーキーの源田壮亮内野手。

ルーキーにもかかわらず開幕からショートのレギュラーに定着。
打順も開幕当初は9番でしたが、
今は2番に上がり、打率も3割近くまで急上昇。

源田壮亮(オープン戦)1 源田壮亮(オープン戦)2
源田壮亮(トヨタ時代)2 源田壮亮(トヨタ時代)3 源田壮亮(トヨタ時代)4
※上2枚が西武入団後(3月のオープン戦の写真)
※下3枚は社会人のトヨタ自動車時代(昨年10月の社会人日本選手権の写真)

特徴的なのが安定感抜群の守備。

西武のショートというと、
石毛宏典→松井稼頭央→中島裕之(現・宏之)と、
センスの塊のような人が代々務めてきていましたが、
最近は定着できる選手が現れず、苦労していました。

源田は歴代の西武ショートとは少し違うタイプの選手ですが、
広い守備範囲と堅実な守備力が、
守りの野球を求める辻新監督の目に留まった形です。

源田壮亮(トヨタ時代)6 源田壮亮(トヨタ時代)5 源田壮亮(トヨタ時代)1
※見に行ったオープン戦は守備のみだったので、トヨタ自動車時代の写真

また、守備からレギュラーを勝ち取った源田ですが、
打撃面では前述の通り現時点で3割近い打率をマークしているほか、
走塁面でも現時点でパリーグ2位の5盗塁を記録しています。

そんな走攻守すべてで高いレベルのルーキーというだけでも楽しみな存在なのですが、
個人的にさらにポイントが高いのが、

生年月日:1993年2月16日

なんと誕生日が同じ。

贔屓の球団に同じ誕生日の選手が現れたとなれば、
個人的には応援せざるを得ないです。

西武不動のショートに成長することを期待しております。

2017'05'03(Wed)23:25 [ Sports - 埼玉西武ライオンズ ]
CM : 0 . TB : 0 . TOP ▲

タグ : 埼玉西武ライオンズ 源田壮亮 野球

10 Games
6月末にブログに書いた「月間10試合野球観戦」
見事達成いたしました。

07/02 阪神2-3オリックス(高槻萩谷)※二軍戦
07/02 埼玉1-5京都(わかさ京都)※女子プロ野球
07/03 阪神8-4オリックス(高槻萩谷)※二軍戦
07/09 阪神1-7広島(甲子園)
07/10 阪神0-9広島(甲子園)
07/16 履正社18-1関大一(舞洲)※高校野球
07/16 大体大浪商7-0藤井寺工科(舞洲)※高校野球
07/23 日本新薬9-1JR北海道(東京D)※都市対抗
07/29 阪神1-3中日(甲子園)
07/31 履正社12-0金光大阪(舞洲)※高校野球

一軍の阪神戦を3試合観て全敗というのが気に食わないですが。

高校野球とか、
女子プロ野球とか、
都市対抗野球とか、
いろんな野球を見られて、
いろんな野球の雰囲気を味わえて、
充実した1ヶ月でした。
2016'07'31(Sun)23:31 [ Sports - スポーツ全般 ]
CM : 0 . TB : 0 . TOP ▲
Central 2016
続いてセリーグ予想。


1.横浜DeNAベイスターズ

なんだかんだで一番戦力ダウンがない。
筒香、梶谷の中軸や抑え山崎康といった中畑清が積み上げてきたものを活かせれば、充分強い。
井納、今永ら若い先発投手陣がしっかり試合を作れるかどうかも重要。



2.阪神タイガース

高山、横田、江越といった若手外野手がどこまで伸びるか。
岡崎と梅野がどこまで打つ方でも貢献できるかと、ヘイグはどこまで使えるのか。
藤川球児は先発5番手に定着出来るか。
未知数は多いが、昨年からのマイナスが少ないのでAクラスには入れるだろうという予想。



3.読売ジャイアンツ

打線が貧弱なのと、先発投手陣が揃わないところと、賭博問題が不安材料。
内海やマイコラスがいつ一軍に上がってくるか、
坂本、阿部、村田といった実績ある選手が一定の成績を残すか、
重信、大田、岡本といった若手が一気に開花するか、
どちらかがないと優勝争いは厳しそう。



4.東京ヤクルトスワローズ

外国人中継ぎ3本柱がオンドルセクしか残らなかったのが痛すぎる。
打線の強力さは相変わらずだが、昨年からの上積みは期待薄。
秋吉、オンドルセクに繋ぐ7回を任せられる中継ぎの登場が上位進出の絶対条件かと思われる。



5.広島東洋カープ

緒方監督がどこまで監督として成長したかにかかってる。
野手はルナとエルドレッド、投手はジョンソンとジャクソンと完全に外国人頼み。
黒田は年齢的にも上積みが期待出来ない。
となると、昨年以上の成績を残すのはかなり厳しそう。



6.中日ドラゴンズ

若手が伸び悩んだまま、ベテラン勢が引退してしまうという、かなり悪い状況に陥ってる気がする。
投手陣は期待出来そうな若手が多数いるので、
彼らが期待値以上の成績を残すこと、
ビシエドが大砲としてクリーンナップに座ることと、それと別に平田に次ぐ打線の中心になる日本人選手が登場すること、
このあたりが上位を伺うための必要材料かと。



セリーグは全体的に各球団ともマイナス要素が多いので、
今年も混戦になりそう。

夏場以降勢いに乗れればどのチームでもAクラス、優勝を狙うことが出来る状況だなと。
2016'03'25(Fri)01:37 [ Sports - 阪神タイガース ]
CM : 0 . TB : 0 . TOP ▲