FC2ブログ
04≪ 2019| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303105/ ≫06
Kitakyushu 2016 Part.4 Fin. ( Moji port sta.~Kokura )


黒いファミリーマート。

京都とかでは、
景観に配慮した特殊なカラーのチェーン店を
よく見ることが出来ますが、
こんなところでも見ることが出来るとは。




首都圏では首都高速
京阪神では阪神高速
広島市では広島高速
名古屋では名古屋高速

なのに、
福岡では都市高速
福岡高速ではないんですね。

福岡の都市高速は、
福岡市内と北九州市内で、
自治体ごと完全に分離している、
という事情もあるからなんでしょうかね。
※阪神高速も京都線が自治体ごと分離してますが





門司港駅。

赤い車両たちは、
この駅を起点とする鹿児島本線で
よく見ることが出来るJR九州の813系車両。

個人的に在来線車両の中で、
好きな車両のひとつだったりします。





小倉へ移動して、
小倉城。

周囲には桜の木がたくさんあり、
訪れたのが4月初旬だったこともあって、
鮮やかな桜の花を見ることが出来ました。


そんなこんなで、
3年越しの北九州旅行記はこれにて終了。
スポンサーサイト
2019'02'22(Fri)00:06 [ Travel - 北九州・ミリマス(16年春) ]
CM : 0 . TB : 0 . TOP ▲

テーマ : 写真風景写真

タグ : 門司港駅 黒いファミリーマート 都市高速 小倉城

Kitakyushu 2016 spring Part.3 ( Diorama World )
3rd福岡公演って、
ハコも小さければ、
出演数も他の公演より少なかったんですよね。

それでいながら、
1st2ndは出演しなかった初出演メンバーが3人もいるという、
初々しいライブでした。


そんなライブで、
もちょ(箱崎星梨花役)とともに
リーダーとして試行錯誤する天ちゃんの姿、
ソロ曲の「絵本」を歌う姿は、
ストイックにアイドルを追い求める北沢志保そのもの。


初めてのライブが3rd福岡だったから、
今の志保Pの自分がいるのかなと、
振り返るとそんな気がします。


ただ、
チケットの運はこの後全くと言っていいほど志保さん方面へ向かず、
4th武道館は志保さんが唯一出なかった初日しか当たらず、
5thSSAは2日間全滅。
6thもFairy福岡公演を両日外すという惨憺たる状況。

リリースイベントの方は、
運良くMTG07&08合同イベントに当選することができたので、
Melty Fantasiaは生で聴くことが出来てる。

そのおかげでリリイベ以降、
紬と瑞希も推しに加わるという副産物も。

志保さんが出ているからということもあるかもしれませんが、
Melty Fantasiaのドラマはミリオンライブ屈指の名作だと思ってます。




海洋堂ジオラマワールド

海洋堂ジオラマワールド。

訪れたときに関門海峡ミュージアムでちょうど開催してました。


ケンシロウ

館内に入るとまずは北斗の拳のケンシロウがお出迎え。


エヴァンゲリオン1 エヴァンゲリオン2

こちらはエヴァ。

うーん、
こうして見ると3年前の自分、
写真撮るの下手だな。


くまもん

くまもん。

ここは福岡ですが九州つながりということでしょうかね。


太陽の塔(ジオラマ)

大阪の太陽の塔。

3年後に実物の中へ入ったときのブログはこちら


坂本龍馬

こちらは、
坂本龍馬があの有名者写真を撮っているとき、
という設定のようですね。


よつばと! ダンボー

よつばと!
よつばとダンボーですね。

なかなかコアなところをついてくる。


写真の腕がまだまだ未熟だったので、
見せられるようなのはこのくらいですが、
他にもいろいろと面白いジオラマがあって、
なかなか面白かったです。


ミリオンライブについての話はPart.3までで書き終えてしまったので、
Part.4からは旅行の写真だけを載せていこうかなと思ってます。
2019'02'20(Wed)23:11 [ Travel - 北九州・ミリマス(16年春) ]
CM : 0 . TB : 0 . TOP ▲

テーマ : 写真旅の写真

タグ : ジオラマワールド 北九州 関門海峡ミュージアム 2016年

Kitakyushu 2016 spring Part.2 ( Blue wing Moji )
6thは神戸1日目のみ現地となることが決まりました。

自分は志保Pだし、
連れは百瀬莉緒Pなのにもかかわらず、
Fairyの福岡公演は両日とも当たらない悲劇。


まあ、
Princessも奈緒とか百合子とかは、
副担当くらいの気持ちなので、
楽しみではあるんですけど。



ミリマスを知ってすぐ、
一週間フレンズと、
ラジオどっとあいで雨宮天さんを知り、
ガチの阪神ファン声優がいるという情報から、
渡部優衣さんを知るようになったので、
実はゲームを始めた頃は、
志保さんだけではなく、
奈緒推しだったりもしてました。


それが2周年ライブ前後の頃。

2周年ライブはLVで見てたので、
あのSentimental Venusの事故は、
映画館で見てたりもします。


3周年の頃には現地に行きたい欲も出て、
奈緒(渡部優衣さん)がリーダーの大阪と、
志保さん(雨宮天さん)がリーダーの福岡と、
それぞれに応募しましたが、
大阪は2日間とも撃沈し、
辛うじて福岡だけ当選。


今回の6thの外れ方からして、
あんな小さな会場の福岡公演に当たったのは
実は奇跡的なことだったんじゃないかと。


こうして、
私は春の北九州に誘われた訳でして、
ここからは旅行の話に移ります。


+++++++++++++++



門司港レトロにある

ブルーウィングもじ

という橋。




この橋は、
こんな感じでパカっと開いて、
船が通れるようになります。




まあ、
写真で通ってる船は、
ご覧の通り開かずとも通れるのですが。




このワイヤーが巻き上げられることで、
橋が開閉するようですね。




橋の裏を覗くと、
モーターカバーがありました。

この中にあるモーターで、
さっきのワイヤーを巻き取るんですね。




モーターを停止させるためのセンサー。

小さな赤い箱についている、
ローラーのようなものに橋の一部が当たると、
モーターが停止すると思われる。


ギミックを解き明かそうとするのは、
設備屋で働いている人間の職業病みたいなもんです。


こんなところで、
続きはまた次回。
2019'02'19(Tue)00:06 [ Travel - 北九州・ミリマス(16年春) ]
CM : 0 . TB : 0 . TOP ▲

テーマ : 写真ある日の風景や景色

タグ : 北九州 門司港 ブルーウィングもじ

Kitakyushu 2016 spring Part.1 ( Moji port )
今週の名探偵コナンが、
毎年お馴染みのJR西日本ミステリーツアー回で、
今回は北九州編でした。

それがキッカケで、
久しぶりに北九州の写真を見返していたら、
ふと思い出したんですが、
これをブログに載せてなかったんですよね。

その北九州旅行は個人的には、
初ミリマスライブを兼ねた旅行だったので、
最近ミリシタの記事よく書いてるし、
ミリマスにハマるキッカケとかを、
数回に分けて書いていくついでに、
旅行の写真も載せていこうかなと。

+++++++++++++++

北九州を訪れたのは、
2016年の4月。

これから載せる写真は、
全部その当時のものなので、
今とは違う風景になってる可能性もあります。

そして、
約3年前なので、
写真を撮るスキルも、
今より格段に落ちていることをご了承下さい。

+++++++++++++++

約3年前のミリマス3rdツアー、
その福岡公演に当選したことで、
今回の旅行は計画されました。


そもそも、
アイドルマスターミリオンライブの存在を知ったのは、
アニメアイドルマスターの劇場版、
アリーナライブのバックダンサーとして、
アイドル見習いの子達を起用するという設定で、
7人が登場したのが初めてでした。

そこには、
今となっては担当になってる北沢志保さんもいたんですが、
当時は「随分トゲのあるキャラだな」という程度の印象。

担当Pになるとか、
そんなことは微塵も思ってなかったです。

まだゲームもやってなかったし。


+++++++++++++++

続きは次回にして、
旅行の話に戻します。

ライブ会場が小倉だったので、
門司港に前泊したんですよね。

で、
ライブ当日の午前中に門司港を観光。




港周辺は、
「門司港レトロ」と呼ばれていて、
煉瓦造りのレトロな建物が並びます。

写真は中華料理店の外観。





こちらは旧門司税関庁舎。

門司港は今も昔も、
海の交通の要衝です。




旧税関庁舎は、
観光施設として見学することもできます。

中もレトロな雰囲気がそのまま残っています。

※今の建物は戦時中に損壊した後に復元したもの




港には、
海上保安庁と福岡県警の船が停泊中でした。

警察の船というのも、
あまり見ることが出来ないレアものですね。

+++++++++++++++

ちなみに、
冒頭に書いたように、
旅行は4月だったので、



桜がキレイに咲いていました。


実は前日の土曜日は、
会社の花見が企画されていたんですが、
当時は諸事情で忙殺されまくっていて、
それがちょうどひと段落したことで、
仕事をスッパリ忘れて休みたかったので、
丁重にお断りして旅に出てたりします。


こんなところで、
続きはまた次回。
2019'02'17(Sun)01:24 [ Travel - 北九州・ミリマス(16年春) ]
CM : 0 . TB : 0 . TOP ▲

テーマ : 写真ある日の風景や景色

タグ : 2016年 門司港レトロ 旧門司税関庁舎

South Tohoku Part.8 Fin. ( Foods )
おまけ。


2日目の夜。

イオンモールに立ち寄ったところ、
併設のミスドに目が留まる。

この時、
ミスドではポケモンドーナツが流行っていた。

入ってみると、
ピカチュウとモンスターボールがまだある。


食べてみたい人数と、
残りのポケモンドーナツの数が一致。

すべてを買い占めるアラサー男子たち。



+++++++++++++++



個人的にお土産で買ったもも餅。

なんか名前の響きがいい。


TrySailに麻倉ももさんという声優がいるんですが、
ユニット内でのあだ名が「もち」なんですよね。
※もともとは「もちょ」というあだ名だったのが自然に変化したもの


もも → 麻倉ももさん

もち → 麻倉ももさん

もも餅 → 麻倉ももさん×2



…?

自分でも意味がわかりません。


でも、

何故か頭の中にこの公式が浮かんできた時、

私はもも餅を手に取ってレジへ向かってました。


甘くて美味しかったです。



あと余談ですが、

麻倉ももさんは可愛いです。


+++++++++++++++



最終日。

「森のガーデン」という、
果物カフェ的なところへ行きました。


「モモカレー」
というメニューが気になったので、
注文してみました。

カレールーに桃果汁でも加えてるのかな、
と思っていたのですが、





桃の果肉がそのまま入ったカレーが出てきました。

驚きつつも食べてみましたが、
カレーの辛さと、
桃の甘さが適度に混ざり合って、
いい味を出していました。

これがリンゴとハチミツの某カレーのような感覚でしょうか。


リンゴと言えば、
友人はリンゴパフェを注文していましたが、



真ん中のクッキーがリンゴ型。

なんともオシャレなパフェでした。

+++++++++++++++

南東北旅行編、
これにて終了。
2019'02'04(Mon)00:12 [ Travel - 南東北(18年末) ]
CM : 0 . TB : 0 . TOP ▲

タグ : ポケモンドーナツ もも餅 森のガーデン モモカレー

South Tohoku Part.7 ( Abukuma cave )


あぶくま洞。


郡山といわきの中間あたりにある、
大きな鍾乳洞です。





入口には洞内の温度計があります。

鍾乳洞は季節問わず気温が低いため、
注意喚起的な意味もあるのでしょう。





中に入るといきなりライトアップされた空間。

クリスマスが近いからですかね。





さらに進むとようやく、
自然が織り成す造形美を楽しむ空間になります。




途中から道が分かれます。

ここで別料金を払うと(入場前に払うことも可能)
少しハードな「探検コース」に行けます。

と言うわけで、
我々は探検コースへ。




※心霊写真の幽霊のようなものは、
狭いコースを潜ったりしてる友人です。

さすが探検コース、
非常に狭いです。

写真を撮りながら進むのはなかなか大変。




ところどころ、
名前が付いている場所があります。

上の写真は左から、

・石化の樹林
・黄金柱
・月華の滝

と言う名前が付いてます。





これらすべて、
長い年月をかけて自然に出来たというのは、
自然の力の美しさを感じます。





季節問わず適度な温度が保たれているため、
ワインの貯蔵庫にもなっているみたいです。


南東北旅行はこれにて終了。

スキーは出来ませんでしたが、
思いがけず食べ歩き旅行になってしまいました。

Part.8はおまけとして、
ここまで省略された食べ物たちをお届けします。
2019'02'03(Sun)00:00 [ Travel - 南東北(18年末) ]
CM : 0 . TB : 0 . TOP ▲

タグ : あぶくま洞 鍾乳洞

South Tohoku Part.6 ( Surikami Riv. Dam )
3日目。

最終日です。




摺上川ダム。


飯坂温泉から国道399号線を
ただひたすら山形方面へ北上するとあります。


自分が高校時代にはまだ建設中でした。





このダムは、

ロックフィル式

と呼ばれる、
土砂や石を積み上げる造り方をしており、
10月に行った黒部ダムのような、
人工建造物感満載の雰囲気とは少し異なります。




ただ、
黒部ダムと同じように、
水を塞きとめる壁面の上は歩くことができ、
ダムの対面に行くことができます。


と言うわけで、
ダムの対面(南側)へ。




対面はなかなかに野性味溢れる場所のようです。





マラソンコースでもあるようです。






北側の隅の方にある人工建造物感満載の場所、
ここは大雨で川の水量が増えた際に、
川の流量を調整するための場所らしいです。


以上、
摺上川ダムのご紹介でした。
2019'02'02(Sat)00:00 [ Travel - 南東北(18年末) ]
CM : 0 . TB : 0 . TOP ▲

タグ : 摺上川ダム 茂庭っ湖 ダム ロックフィルダム

South Tohoku Part.5 ( Yonezawa )
喜多方から北へ。


山形県の南端、
米沢市へやってきました。




米沢市といえば、
会津城でも登場した上杉家が、
江戸時代に入ってから領地としていた地。


写真の上杉神社は、
そんな上杉家の拠点だった、
米沢城跡に建てられている神社です。




財政難に陥っていた米沢藩の立て直しに尽力した
上杉鷹山(うえすぎ・ようざん)の銅像と
鷹山が言ったとされる名言の石碑




天地人でもお馴染みの、
上杉景勝と直江兼続。




伊達政宗生誕の地

伊達政宗が生まれた当時、
伊達家は米沢の大名でした。

その後、
政宗が家督を継いだ後に会津の蘆名氏を滅ぼし、
前日に訪れた会津城の城主になっていた時代もありましたが、
江戸時代に入ってからは仙台藩主として、
歴史に名を残します。


+++++++++++++++



酒造資料館。

米沢の有名な清酒「東光」を販売している、
小嶋総本店による資料館です。


せっかくなので、
「東光」をお土産に購入しました。


+++++++++++++++



上杉家廟所。

前日に上杉謙信の仮廟を訪れ、
今日は本廟に来たというわけです。

酒造資料館まででだいぶ時間を使ってしまったので、
すっかり暗くなってしまいました。


+++++++++++++++

そして、
米沢と言えば、



米沢牛。




ステーキを満喫しました。


これにて2日目は終了。
Part.6からは最終日になります。
2019'02'01(Fri)00:19 [ Travel - 南東北(18年末) ]
CM : 0 . TB : 0 . TOP ▲

タグ : 上杉神社 酒造資料館 米沢牛

South Tohoku Part.4 ( Fukushima ~ Kitakata )
2日目。

本来ならばスキーの予定だったのですが、
暖冬の影響でなんとスキー場がオープン延期。

ということで、
予定変更。


+++++++++++++++



四季の里。

高校時代の合宿では、
お土産を買うために毎年訪れていた場所。




バッテリーカーゾーンも昔のまま。

昔は罰ゲームに使ってました。




前日の夜は雪が降っていたようで、
朝から虹が見えてました。


+++++++++++++++

この旅行が始まってから、
ここまで実は全部自分が運転していたのですが、
四季の里からは、
免許取り立ての後輩が運転したいというので、
ドライバー交代。



途中から除雪車も走るような、
なかなかの雪道になりました。

免許を取って初めての運転が、
雪道ドライブになるという、
なんとも鬼畜なことをしてしまいました。


+++++++++++++++

そんなこんなで、
初心者ドライブを続けること約2時間。


喜多方にやってきました。


喜多方といえば、




喜多方ラーメン。




ばんないさんで、
本場の喜多方ラーメンを昼食に頂きました。

チャーシューメンにしたら、
麺が見えないほどのチャーシューが載ってました。


喜多方ラーメンは、
特有の縮れ麺が個人的には好きです。


Part.5は2日目の午後。

午後は喜多方から北へ進み、
山形県の米沢へ向かいます。
2019'01'31(Thu)00:00 [ Travel - 南東北(18年末) ]
CM : 0 . TB : 0 . TOP ▲
South Tohoku Part.3 ( Izaka Onsen )


飯坂温泉の名物は円盤餃子。

高校時代毎年のように訪れていたはずなのに、
高校を卒業して11年半が経過した今年の夏、
その事実を初めて知りました。


宿は夏に続いて、
高校時代の思い出の場所である、
つたや旅館さんにお世話になりました。


今回は、
合宿免許の教習に来ている集団がいたらしく、
なかなかに賑わっておりました。


最終日に、
旅館のご主人とお話しする機会があったのですが、
ご主人の親戚の人が、
自分たちが高校時代通っていた学校の近くで飲食店を営んでおり、
当時顧問をされていた先生がその店の常連だったことから、
合宿の宿に使われるようになったとのこと。


こちらの旅館との縁が出来たキッカケというのは、
今の今まで誰も知らなかったので、
(※当時の顧問の先生は既に亡くなってます。)
いい話が聞けました。


今はもう合宿で使われることもなくなってしまったそうですが、
お世話になった世代としては、
機会があれば今後も飯坂温泉を訪れた際には
こちらの旅館を利用していきたいですね。
2019'01'30(Wed)00:00 [ Travel - 南東北(18年末) ]
CM : 0 . TB : 0 . TOP ▲