FC2ブログ
11≪ 2018| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303112/ ≫01
KUMANO Part.5


2日目は海沿いを回ります。




高野坂。

速玉大社~那智大社の巡拝道の一部です。

今はどちらとも繋がってないので、
ホントにただ歩いて景観を楽しむだけ。




すぐ横を紀伊本線の線路が走ってます。




1日目ほどではないですが、
森の中をずんずん進みます。




沢蟹がいました。




トンビらしき鳥もいました。




黒猫と三毛猫もいました。


なんとものどかな風景です。




鯨山見跡からの景色。

昔はこのあたりでも捕鯨してたようです。



そんなこんなで、
熊野古道2日目の旅は始まりました。
スポンサーサイト
2018'12'08(Sat)23:23 [ Travel - 熊野古道(18年夏) ]
CM : 0 . TB : 0 . TOP ▲
KUMANO Part.4


復路は別ルートで戻ります。




険しい。




険しい。。




振り返っても、
どこが道だったのかよくわからない。


午前中から写真を撮りながら歩いていたので、
体力的に限界が近づいていました。




湯峯王子。




湯ノ峰温泉。


残念ながら体力的な限界を迎えてしまったので、
復路はここで終了となりました。


おまけ。

残りをバスで行ったのですが、



整理番号56。

このバスは一体いくつのバス停を通ってきたんだろうか…。



おまけ2。

発心門王子に戻った後のこと。



せっかくなので、
熊野古道とMINIの写真を撮影。




ネコが現れました。




MINIに興味があるのか…

と思いましたが、

ただ眠いだけで、
特に興味は無さそう。




どこかの飼い猫のようです。


Part.5からは2日目に入ります。
2018'12'06(Thu)00:41 [ Travel - 熊野古道(18年夏) ]
CM : 0 . TB : 0 . TOP ▲
KUMANO Part.3


熊野本宮大社に到着しました。




ここの御祭神である素戔嗚尊のお仕えが八咫烏だったということから、
八咫烏ポストという珍しい真っ黒なポストがあったりします。

また、サッカー日本代表のユニフォームに八咫烏がいることから、
サッカーの必勝祈願で参拝する人も多いようです。




熊野本宮大社の御朱印。

創建2050周年記念で、
特別な御朱印と御朱印帳があったので頂きました。

(御朱印帳は普段持ち歩いているのを宿に忘れたから仕方なく買ったというのは、ここだけの話…。)





大斎原。
おおゆのはら。

かつて熊野本宮大社があった場所になります。

100年ほど前に水害で流されてしまったため、
今はほとんど何もありません。


何もありませんが、
鳥居がデカい。


ここまでが往路。

Part.4からは発心門王子は戻る復路になります。
2018'12'05(Wed)23:53 [ Travel - 熊野古道(18年夏) ]
CM : 0 . TB : 0 . TOP ▲
Kurobe Dam


黒部ダムに行ってきました。

1週間ほど前、
唐突に友人に誘われまして。

朝の5時に新大宮バイパスをかっ飛ばして、
東京に住む友人を拾い、
関越~上信越経由で安曇野ICから
長野県の大町市へ。




黒部ダムの長野側入口になる扇沢駅。

ここからトロリーバスに乗ってダムを目指します。




こちらがトロリーバス。

ただのバスのように見えますが、
一般的な電車と同じで、
上に走る電線からの電気で動くバスで、
法律上の分類も電車になります。

このトロリーバスの運行は今年いっぱいで、
来年からはバッテリーを搭載した電気バスが
運行するそうです。




トロリーバスが走る関電トンネル。

もともとは、
黒部ダム(黒部川第四発電所)建設のためのトンネル。

掘削時は破砕帯と呼ばれる、
地下水が大量に噴出する地帯に途中で当たり、
かなりの難工事となったそうです。




トロリーバスの路線内の青い照明のエリアが、
その破砕帯と呼ばれる場所で、
今でも地下水が湧き出ているのを見ることが出来ます。




行き帰りのトロリーバスが交換する場所。

こうして見ると、
西武遊園地~西武球場前を走る
西武山口線(レオライナー)を思い出しますね。




15分ほどで黒部ダム駅に到着。




ここからは階段を200段ほど登って見下ろすか、
60段ほど降りてダムの壁の上に立つか選べます。

上の2枚目は前者の長い階段の途中。

ということで、
長い階段を登ると、
最初のあの写真が撮れるというわけです。




噴出口にクローズアップすると、
なかなかの迫力ですね。




下の方に降りると、
天気がいい日に限りますが、
放水した水で作られた虹を見ることが出来ます。

この日は曇りの予報だったのですが、
運良く晴れてくれたことで、
このようなキレイな虹が見えました。




黒部ダムは冬季閉鎖されるので、
今年の観光放水が10/15まで、
観光期間は11/30までだそうです。
2018'10'14(Sun)16:00 [ Travel - その他短期旅行 ]
CM : 0 . TB : 0 . TOP ▲

タグ : 黒部ダム 立山黒部 トロリーバス 関電トンネル 関電トロリーバス 黒部川第四発電所

KUMANO Part.2


各王子にはスタンプ台が設けられてます。

上の写真はPart.1で通過した水呑王子のスタンプ。




果無山脈とはまたわかりやすいネーミング。

その名の通り果てなく続く山の稜線と、
キレイにV字を描いた谷が美しい。




伏拝王子。

ここから本宮大社を拝んだことが名前の由来。

大斎原の鳥居が見えるんですが、
ここからあそこまで歩くと思うと遠い…。




右 かうや(高野)
左 きみい寺(紀三井寺)

ここから高野山と紀三井寺に行けるそうですが、
何日かかるんでしょうね…。




古道感溢れる道。




こちらは一緒に行った友人の後ろ姿と熊野古道。

正直言うと、
写真撮りながら歩くのって、
カメラ重いし、一定リズムで歩けないんで、
普通に歩くより余計に疲れるんですが、
そこに写真に撮りたい景色があるからしょうがない。

本宮大社までもう少しというところで、
続きはPart.3へ。
2018'08'15(Wed)23:59 [ Travel - 熊野古道(18年夏) ]
CM : 0 . TB : 0 . TOP ▲
KUMANO Part.1
毎年恒例のお盆旅行。

2018年は熊野古道へ行くことに。


初日は発心門王子から本宮大社周辺。




この一帯は「中辺路」と呼ばれ、
世界遺産の一部にもなっています。




スタート地点の発心門王子。

王子とは、
参拝途中の儀礼を行う場所のことを指しているそうで、
熊野古道に沿って大阪市まで全部で99箇所あるとのこと。




こちらは水呑王子。




熊野古道の石碑。

なんともRPG感のある名前がついてる。




道に迷わないように、
「熊野古道 KUMANO KODO」
の看板がそこかしこに立ってる。

2枚目の看板の上にいるのは、
熊野大社の主祭神の仕えである八咫烏。

間違えそうな道には、




この道は熊野古道ではありません
NOT KUMANO KODO

日本語に対して、
実にシンプルな英語の注意書き。




なんとも「古道」という言葉がよく似合う。




至る所にある石積み。

パワースポット的な場所に行くと必ずと言っていいほどありますが、
何の意味があるのかはよく知りません。




途中にあるお茶屋大阪。

飲み物が安く売られているほか、
湧き水を無料サービスしてくれたり、
かなり良心的なお茶屋さん。


こんな感じで、
のんびりと歩きながら、
熊野本宮大社を目指して行く初日です。


Part.2に続く。
2018'08'12(Sun)23:59 [ Travel - 熊野古道(18年夏) ]
CM : 0 . TB : 0 . TOP ▲
Taiwan 2017 Part.11 Fin. ( Chiang Kai-Shek Memorial Hall )
中正紀念堂駅1 中正紀念堂駅2

台湾最終日は中正紀念堂へ。


中正紀念堂駅3 

この雰囲気、
やはりどことなく御堂筋線に似ている。



自由広場1 自由広場2

中正紀念堂の前に広がる自由広場。

とにかく広い。


中正紀念堂1 中正紀念堂2

中正紀念堂自体もかなり大きい。

そして、上から見下ろす自由広場が実に広い。



科学 民主 倫理

科学、民主、倫理。

台湾の有名な政治家・蒋介石が掲げたスローガンですね。


蒋介石さん 

スローガンの下には蒋介石さんの銅像もあります。


憲兵さん1 

蒋介石さんの前に立つ衛兵さん。

決まった時間になると交代式が行われます。


憲兵さん2 憲兵さん3 憲兵さん4 憲兵さん5 憲兵さん6

動画も撮ったんですが、
どこに保存したか忘れたので、
思い出したら上げます。

発見しましたw




1年がかりの台湾旅行記もこれでようやく終わりです。

ちなみに、
この後午後の飛行機で日本に帰ったのですが、
この日の夕方、台北では大停電があったらしいです。
2018'08'08(Wed)23:59 [ Travel - 台湾(17年夏) ]
CM : 0 . TB : 0 . TOP ▲
Taiwan 2017 Part.10 ( Tainan Part.2 )
もう1年近く前の話になってしまった。
今回含めてあと2回程度で終わらせます。

台南編後編。

写真小ネタ的な感じでまとめました。



派手な建物1 派手な建物2 派手な建物3 派手な建物4

あちこちで見かける派手な建物。

屋根の上には龍の彫刻。



映画看板1 映画看板2 映画看板3 映画看板4

その昔は日本でもよく見かけた映画看板。

どれもこれもクオリティが高い。



七差路?1 七差路?2

なんと七差路の交差点。

ラウンドアバウトのようで、
信号があるので厳密に言うと違うのですが、
基本的な構造はラウンドアバウト。



本を読む人 

本を読む人。

なんかかわいい。



リス1 リス2 リス3

野リス。

かわいい。



六本木? 

「六本木」

英語の部分をよく読むと、

ROPPONGI
JAPAN
TOKYO
OSAKA

・・・大阪?



カッコいいマーライオン? 

マーライオンならぬマードラゴン?

少なくともマーライオンよりはかっこよさそう。



自転車が置ける電車 

台南から高雄へ移動中。

電車に自転車を置ける場所があった。



高雄の夜市 

高雄の夜市。

この日の晩飯はここで調達。



美麗島駅1 美麗島駅2

美麗島駅。

なんともアーティスティックな駅である。



次回は4日目。
台湾旅行最終日になります。
2018'08'02(Thu)01:46 [ Travel - 台湾(17年夏) ]
CM : 0 . TB : 0 . TOP ▲

タグ : 台湾 台南 映画看板 七差路 リス 美麗島駅 写真

Crossing West Japan Part.3 ( Kami-Island at Mie Part.3 )

神島ラスト。

絶壁と学校 

ワイルドな遊歩道を進むと、
ものすごい強風とともに学校と絶壁。


絶壁1 絶壁2

この絶壁もワタシイロのMVに少しばかり登場してます。


校庭1 校庭2

反対側の学校の校庭もMVに登場した場所のひとつ。

ちなみに、
この学校は市立の神島小学校と神島中学校が併設されていて、
校庭は小中学校共有らしいです。



三角標識1  

少し歩くと謎の三角標識が。


三角標識2

近づくともうひとつ隠れてた。


三角標識3

海を向いているのでおそらく航路標識。

白色三角標識板(海底にケーブルなどあり注意)だと思うのですが、
白色ではなく真っ赤。

白だと見にくい場合は一部を赤くするというのは聞いたことがありますが、
全部赤くするというのは聞いたことがないので、
もしかすると違う標識かもしれません。

自分の知識ではこれ以上わかりませんでした。



砂浜 

標識の周辺は砂浜が広がってます。

帰りの船まで少し時間があったので、
この砂浜で「ワタシイロ」を聴きながらのんびり海を眺めてるうちに、
自然と転職を考えてる自分がいました。

転職の話は旅行記ではないのでこれ以上しないでおきます。


ワタシイロ」は個人的に伊藤美来の曲で一番好きな曲。

あの箱根駅伝で9区3年連続区間賞の下田裕太選手も好きな曲らしいです。

そんな好きな曲のMVに使われた場所を歩いて、
曲をより深く感じることが出来た気がするので、
わざわざ来た甲斐があったかなと思います。

数時間で周遊できる小さな島を歩くのも結構性に合ってる気がするので、
暇があったら日本各地の小島を歩き回ってみるのもいいなと思える旅でした。

2018'04'20(Fri)23:59 [ Travel - 西日本横断(17年末) ]
CM : 0 . TB : 0 . TOP ▲

タグ : 神島 伊藤美来 ワタシイロ

Crossing West Japan Part.2 ( Kami-Island at Mie Part.2 )
 神島Part.2

八代神社からは海沿いの遊歩道を進みます。

遊歩道1

なんとも怖い看板が。


遊歩道2 遊歩道3 遊歩道4 遊歩道5 遊歩道6

実にワイルドな遊歩道です。

だいたいガードレールがあるので崖から転落する心配はあまりないですが、
足元に気をつけないと滑って転ぶ危険はありそう。

みっくの「気をつけてね~」とはこういうことだったみたいです。

ってか、みっくもよくこんなところ歩いたな・・・。


伊勢湾1 伊勢湾2 伊良湖岬灯台

神社の石段分高いところを歩いているので、
伊勢湾がよく見えます。

すぐ近くには伊良湖岬も見えます。



神島灯台1 神島灯台2 神島灯台3

神島灯台。

日本初の白熱電灯による灯台らしいです。

この灯台が照らす伊良湖水道は、
太平洋から伊勢湾に入り、
名古屋や四日市を目指す船が通る、
日本の海の要衝のひとつ。


船1 船2 船3 船4 船5

海を眺めていると、
様々な船を見ることが出来て飽きません。



監的哨1 監的哨2 監的哨3

監的哨跡。

戦時中、伊良湖岬から撃った砲弾の行方を見るために作った施設らしいです。

三島由紀夫の小説「潮騒」のクライマックスに登場しているほか、
「ワタシイロ」のMVでも、
「もうさ、2人でここに住んじゃおっか?」(前の記事の動画1:03あたり)
と言っているのがこの監的哨跡の上(下の写真)になります。

監的哨4 監的哨5

戦時中の施設ということもあり、
コンクリート打ちっぱなしの不気味な建屋で、
夏には肝試しとかできそう。

監的哨6 

Part.3につづく。
2018'04'19(Thu)23:39 [ Travel - 西日本横断(17年末) ]
CM : 0 . TB : 0 . TOP ▲

タグ : 神島 伊藤美来 潮騒