FC2ブログ
05≪ 2019| 12345678910111213141516171819202122232425262728293006/ ≫07
Plan B
SSSS.GRIDMANのWebラジオを聴いていた時のこと。


ゲストで来ていた悠木碧さんが、
ボラーのオーディションを受けた際の話で、
見た目に沿ったキャラ演技と、
悠木さんが思うキャラ演技の
2パターンのボラーを用意していて、
最初は前者で演じた後、
スタッフから後者での演技を求められて、
結果的に後者で採用された、
という話をしていたのよね。


所謂「プランB」というやつで、
オーディションでこれを用意出来るのは、
さすが芸歴の長く、
演技の幅が広い悠木碧さんだな、
という感じなんですが、
仕事において、
「プランB」の必要性を感じることは多い。


ある程度自分の裁量でできる仕事は、
プランAだけでスピード勝負するのもいいけど、
プランB、プランCを用意しておいて、
提出する相手の印象に応じて、

「こういうのも考えてみたんですけど…」

とか、

「その視点からだとこっちとかどうでしょう?」

とかいう進め方をすると、
複数プランの中から、
どこを重視して、
どこを妥協するのか、
よりよいものを突き詰められるし、
相手からの意見も出易い。


自分もない想像力を駆使して、
なんとかプランB、
出来るならプランCまで考えようとするんだけど、
なかなか難しい。



プランAだけだと、
それが却下された後からプランBを考えるのは、
最初からプランBを用意するよりも、
エネルギー使うんだよね。。。



なんか、
久しぶりに真面目な話をしてしまったな。
スポンサーサイト
2019'03'30(Sat)00:12 [ Others - 仕事 ]
CM : 0 . TB : 0 . TOP ▲
Duck


鴨。


一昨日のエドヒガンザクラがある、
北本自然観察公園の池にいました。

のんびり優雅に漂っていたので、
いろんな鴨が撮れました。





くちばしから水が滴る鴨。


余程エサが豊富にあるのか、
池を泳ぐ鴨のほとんどが、
ほぼ常時池の中に顔を突っ込んでたので、
どの鴨も顔が湿ってる。





羽に顔を突っ込む鴨。

なんか絡まってるのか、
なんか痒いのか、
とにかく羽に顔を突っ込んでゴソゴソしてる。





顔が痒い鴨。

池の中に顔を突っ込み過ぎるから、
顔が汚れて痒くなるんですよ。

脚を器用に顔に持っていってる。





脚が出てる鴨。

基本的に胴体の中に隠れてるので、
こうしてしっかり地に足つけた鴨の脚というのも珍しい。





ランデブーな鴨。

ただ2羽並んでしまっただけだと思いますが。






口を開いた鴨。

なんかいいエサでもあったんですかね。
まさに「クワッ」って感じ。




丘に上がった鴨。

冬の間だけいる完全な野鳥らしいんですが、
割と人のことは気にしないみたいです。



鴨の写真を撮ってて気がついたのは、
意外とキリッとした眼をしていて、
イケメンなんだなってこと。

そのキリッとした顔立ちとは裏腹に、
ものすごくのんびりと池を漂っていましたが。

眺めてると結構癒されます。
2019'03'27(Wed)00:00 [ Others - 埼玉生活とか ]
CM : 0 . TB : 0 . TOP ▲

テーマ : 写真野鳥の写真

タグ : 北本自然観察公園 カモ Duck

Edo Higan ( Cherry Blossom )
北本市に、

エドヒガンザクラ

という、
少し早咲きの桜があるということで、
ソメイヨシノがようやく開花したこの時期に、
満開の桜を見に行きました。





1本だけなのですが、
樹齢200年ということで、
なかなかの迫力です。





そんなこんなで、
自宅から自転車で行ける距離で、
少し早いひとりお花見をしてきたお話でした。
2019'03'25(Mon)00:00 [ Others - 埼玉生活とか ]
CM : 0 . TB : 0 . TOP ▲

テーマ : 写真

タグ : sakura さくら サクラ エドヒガンザクラ 北本自然観察公園

person hour
社会人になってもう6年、
今まで割と小さな会社に勤めてたこともあり、
見積を作ることが多々あったんですが、
原価を出すにあたって必ず目にするのが、

「工数」

1人が単位時間でする仕事を「1工数」として、
その仕事に必要な人数と時間から工数を算出。


弾き出された工数に、
会社ごとに決められた単価を掛けた金額を、
「人件費」として見積書に書き加え、
客先へ提出する。


原価算出とか見積とか、
そういうものをしたことのある人なら、
当たり前のように目にする

「工数」

ですが、
モノの原価を考えるときに、
それを目にしたことのない人間は
頭に入れることを忘れがち。


例えば、
月に20万円(税込)稼ぐとする。

一般的なサラリーマン同様、
週休2日と考えると、
おおよそ月に20日働くので、
20万円を20日で割った
1万円が1日の原価。


企業になると、
月20万円なんて初任給レベルなので、
全社員の平均給与額で考えたら、
もっと単価が上がるし、
企業規模が大きくなれば、
事務員さんとか実務部隊でない人とか、
単純な原価計算に含まれない人間が増え、
専門的な作業だったり、
資格が必要なサービスだったりすると、
さらに係数が増えて、
それに純粋な利益を上乗せしたのが、
その会社の1工数あたりの人件費となる。


だから、
見積を出す先によって、
1工数は様々な金額に変化する。


例えそれが形ないものや、
ほとんどタダ同然のモノであったとしても、
そこに至るまでに、
それを生み出すことを生業としている人が、
1分1秒でも時間を費やしていれば、
その費やした時間だけ原価が発生している。



仕事で触れてきたから今でこそ、
当たり前のように感じる感覚なのだけれど、
もし触れてこなかったら、
今でもその感覚はないままに、
人生を生きていたかもしれない。


でも、
それが基本的な産業のしくみ。
2019'02'23(Sat)00:30 [ Others - 仕事 ]
CM : 0 . TB : 0 . TOP ▲

タグ : 工数

Warehouses in the snow
昨日のつづき。

川越に来たということで、
久しぶりに蔵の街並みも。

2年ほど前に訪れた時も、
ブログには残してるので、
その時と似たような内容になるかもですが。
※2017年5月頃のブログ参照


まあ今回は、
雪の日の蔵の街というのが絵になりそう、
という理由で川越に来たんですが。




川越熊野神社。

2年前は御朱印を集めてなかったので、
訪れるのは2回目でも御朱印を貰うのは初めて。


さて、
ここまでの写真(昨日のブログの写真含む)を見て、
気づいた人もいるかもですが、
雪の蔵の街を目的に来たのに、
全く積雪がない。

天気予報が外れたんですよね。




そんなわけで、
昼間は雪景色ではない、
普通の曇り空の川越。

それでも絵になる景色ではあるけれども。




蔵の街から少し外れた、
本川越駅寄りの場所にある、
「小江戸蔵里」という観光産業館に、
「ききざけ処昭和蔵」という施設があるんですが、
ここは埼玉の地酒が飲み比べ出来る。

写真の自販機に500円を入れると、
コインが4枚出てきて、
1枚で埼玉のいろいろな地酒がお猪口1杯分飲める。

新潟の「ぽんしゅ館」と同じような施設です。


そんな小江戸蔵里で、

埼玉の地酒を何種類か飲み、



少しほろ酔い気分で本川越駅へ行き、





ライオンズストアでFC入会記念品を引き換え、








帰りのバスを待っていると…、











雪が降ってきた。








屋根が雪景色するほどには、
降ってくれなかったけど。





雪模様というより、
路面が濡れて夜景が路面にも輝く蔵の街。

これはこれでキレイな写真になりました。


でもまあ、
雪景色の写真というのは、
今の時期しか撮れないので、
雪の休日は積極的に活かしていきたい。

今日も今日とて、
雪の予報が出てるので、
降り具合によっては写真を撮りに出掛けたい。
2019'02'11(Mon)00:00 [ Others - 埼玉生活とか ]
CM : 0 . TB : 0 . TOP ▲

テーマ : 写真風景写真

Rooftop amusement ( Kawagoe )
屋上遊園地。

昔は至る所のデパートの屋上にあり、
親が買い物をしている間の子供の遊び場として、
賑わっていた施設ですが、
平成もまもなく終わろうという今の時代、
それは絶滅危惧種になりつつあります。

2019年2月現在の埼玉県内で、
屋上に遊具施設があるデパートは、
秩父と川越にしかないとのことで、
今回そのひとつ、
川越の丸広百貨店に行ってみました。




屋上に入ってまず目につくのが、
小さな観覧車。

そして、
屋上をぐるりと回っているモノレール。


自分は屋上遊園地で遊んだ経験はありませんが、
あー、
これが古き良き日本の子供の遊び場なんだな、
と感じます。




観覧車は、
「わんぱくホィール」
という名前みたいです。

1人1周300円。

三十路に突入しようかという大人男子が、
お一人様観覧車するにはちょっと恥ずかしい。
※鈴鹿サーキットと仙台球場の観覧車には、
お一人様乗車経験があったりしますが。

なので、
乗りはしなかったのですが、
川越は大きな建物が少ないので、
観覧車からは周辺の景色がよく見えることでしょう。




モノレール。

「わんぱくビード」
という名前のようです。

こちらも1人1周300円。


自分がいる間に利用する人はおらず、
動いている様子を見ることは出来ませんでした。




その他、
その辺のゲームセンターとかにありそうな遊具たち。


生憎の雪混じりの天気でしたが、
何組かの親子連れがいたので、
そこそこに人気はあるようです。


気が向いたら、
秩父の屋上遊園地や、
他の地域の屋上遊園地も見てみたいですね。
2019'02'10(Sun)00:09 [ Others - 埼玉生活とか ]
CM : 0 . TB : 0 . TOP ▲

テーマ : 地域情報埼玉県

Yakyu Inari Shrine
今年(2019年)行われるラグビーW杯、
埼玉も熊谷のラグビー場で3試合あるんですよね。

せっかくなら1試合くらい現地で見てみたいなー、
と思ってたりするんですが、
チケット販売とかとうの昔にしてたので、
もう残ってないみたいですね。

まあ、
ラグビーのルールはと言われると、
大雑把にしか知らないんですが。


+++++++++++++++

そんなこんなで、
今日も埼玉の話題。




箭弓稲荷神社。
読みは「やきゅういなりじんじゃ」

東松山市にあります。

漢字が全然違うことからもわかりますが、
Baseballとは全く関係ない神社です。


ただ、
同じ読み方をするので、
験担ぎで野球関係者が訪れることは多いようです。




そのため、
ボール型の御神籤とか、
ホームベース型の絵馬とか、
野球関係の取り扱いもあったりします。




野球に関係する御朱印も集めてみようかなと、
専用の御朱印帳を1冊作りました。

今のところ、

・穂高神社(長野、山川穂高と同じ名前)
・狭山不動尊(所沢、西武が必勝祈願する場所)
・箭弓稲荷神社

以上三箇所。

神仏混合してるけど。

あとは、

・素盞嗚神社(甲子園)
・最福寺(鹿児島、新井さんの護摩業)

とかかな。

他にも選手の名前と同じとか、
なんか野球選手に所縁があるとか、
そういうところの御朱印だけを集めたい。
2019'02'08(Fri)00:36 [ Others - 埼玉生活とか ]
CM : 0 . TB : 0 . TOP ▲

タグ : 箭弓稲荷神社 御朱印

icicle
「つらら」って、
ひらがなで書くと可愛いと思うんですが、
英語で書いても可愛いですね。

「ic」が2回続くあたり、
「ら」が2回続く日本語に近い雰囲気を感じる。


まあ、
今回の話題は、
「つらら」というより、
「ひょうちゅう」なんですが。


年明け後すぐの連休に、
芦ヶ久保の氷柱を見てきました。



秩父には氷柱の名所が複数あり、

・三十槌橋
・尾ノ内渓谷
・芦ヶ久保

この三箇所が、
秩父路三大氷柱と呼ばれているらしいです。


芦ヶ久保の氷柱は、
西武秩父線の芦ヶ久保駅の近くにあり、
電車からも見ることが出来ます。



西武鉄道と氷柱のコラボ写真。

動かない氷柱と、
走行中の電車を同時に撮るのは、
なかなかに難しいものがあります。




芦ヶ久保の氷柱は、
近隣の湧水を散水することで、
人為的に作られた氷柱なので、
ところによって散水していることもあります。


動かない氷柱と水飛沫。

これもまた撮るのが難しい組み合わせ。




日が暮れてきて、
ライトアップが始まりました。

氷が僅かにライトに照らされているのが美しい。





本格的にライトアップされると、
なんかちょっと派手なカラーリングに。

赤とかピントを合わせにくいんですよね。


個人的には、
日暮れの頃の僅かに輝いてる氷柱が好きでした。


ここの氷柱は、
人為的に少しずつ成長しているので、
2月とかに行くと、
さらに大きな氷柱になってるかと思われます。
2019'02'07(Thu)00:00 [ Others - 埼玉生活とか ]
CM : 0 . TB : 0 . TOP ▲

タグ : 氷柱 芦ヶ久保 あしがくぼの氷柱

Furusato Tax 2 ( IchikawaMisato - Yamanashi )
昨年のふるさと納税の話。



納税先は山梨県市川三郷町

返礼品としてしまりんだんごをもらいました。



しまりんだんごは、
テレビアニメ「ゆるキャン△」で、
しまりんこと、志摩リンちゃんのお団子ヘアーをもとに、
頭部のシルエットをそのままみたらし団子にしたもの。

市川三郷町が、
作中でなでしことしまりんがキャンプをする
「四尾連湖(しびれこ)」のある街ということで、
このコラボが実現したようです。




団子自体はこんな感じ。

要冷凍で、
解凍して食べるのですが、
温めすぎると中のみたらしが飛び出して、
ちょっとヤバい見た目になるので注意。

ヤバいので写真には撮ってません。



尚、市川三郷町ではこの他、
ゆるキャン△コラボの返礼品として
「ほうとう」も取り扱いがあります。


自分はほうとうよりも、
米がなくなりそうだったので、
¥26,000のふるさと納税で、
しまりんだんごと米10kgを頂きました。
2019'02'06(Wed)00:10 [ Others - ふるさと納税 ]
CM : 0 . TB : 0 . TOP ▲

タグ : ふるさと納税 市川三郷町 ゆるキャン△

Hot spring town of Iizaka
高校時代の部活の合宿先が福島の飯坂温泉だったのですが、
この前高校2年の合宿以来、13年ぶりに訪れました。

飯坂温泉 

飯坂温泉駅。

駅舎は当時から改装されているようで、
少し雰囲気が変わっていた。

宿泊する旅館は駅の目の前のつたや旅館。

これも高校時代と同じ場所。


つたや旅館から1 つたや旅館から2 つたや旅館から3

旅館からの景色。

駅が真下に見える、
超駅チカ旅館。


つたや旅館駐車場 

なのに、今回は車で来ました。

旅館所有のバスの隣にいる黄色いやつが昨年末に買った新車。

このブログで登場するのは初めてですかね。


松尾芭蕉 十綱橋

駅前には松尾芭蕉の銅像と、
ラジウム発見の地という石碑。

ラジウムが日本で初めて発見されたのは飯坂温泉らしいです。


右の写真は駅前にかかる十綱橋。

飯坂温泉はこの川(摺上川)の両岸に旅館が並んでいます。


鯖湖湯 あ~しあわせの湯

左が公共浴場の鯖湖湯
右は足湯の「あ~しあわせの湯」なのですが、
このときはなぜか封鎖されていました。

飯坂温泉の公共浴場はこの他にも何箇所かある他、
旅館の中にも日帰り入浴OKの場所が多数あります。


基礎が残った跡地 

橋の上から撮った飯坂温泉。

これは十綱橋より更に上流の新十綱橋から撮ったもの。

潰れた建物の基礎だけ壊されずに残っているのが哀愁漂う。


高齢者向け住宅 

改装したばかりの旅館かと思ったら、
高齢者向け住宅だった。

これも時代の流れだな。


クロスする水路 水路 鼻毛の隧道

水路。

なぜか途中クロスしてたりする。

おそらく温泉街が川よりだいぶ上に位置しているので、
川の水を汲み取りやすいように上流から水路を造ったのではないかと。

ちなみに3枚目の写真にあるトンネルは、
「鼻毛の隧道」という名前らしい。

穴が小さい上に草などが茂っている様子が、
鼻の穴と鼻毛みたいだからという理由でつけられたらしいのですが、
もっといいネーミングはなかったのだろうか・・・。


若干の変化はあれど、
昔と変わらぬ雰囲気の飯坂温泉だったのですが、
それ故にいつか消えゆくのではないかと心配にもなる、
そんな13年ぶりの訪問でした。
2018'07'23(Mon)01:20 [ Others - 囲碁将棋部 ]
CM : 0 . TB : 0 . TOP ▲