FC2ブログ
07≪ 2020| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303108/ ≫09
so many colors in the future what a wonderful world


すっごい久しぶりのブログ。

6月あたりに忙しくなって、ブログもnoteも更新を一時止めたら、そのまま半年近く放ったらかしてしまってました。


そんな長い沈黙を破って、半年ぶりにブログを書きたくなったネタがこちら。

昨年放送されたアニメ「色づく世界の明日から」のイベントが、作品の舞台である長崎で行われるという事で、こんなん行くしかないやろと、3月に初の長崎旅行をしてから僅か8ヶ月で2回目の長崎旅行を敢行しました。


イベントが行われたのは11/23。
なんと、あのローマ教皇が38年ぶりに来日して、長崎を訪れる前日。



市内の至る所でこんな交通案内が出ているようなタイミング。

そんな長崎が大いに忙しくなるであろう日の前日に、アニメ制作側ではなく長崎市側からのオファーで開催に至ったイベントということで、長崎が如何にこの作品を愛してくれて、共に盛り上げようとしてくれているのかが、経緯からもよくわかります。


イベントには、月白瞳美役の石原夏織さん、月白琥珀役の本渡楓さん、監督の篠原俊哉さん、アニメプロデューサーの山本輝さん、プロデューサーの永谷敬之さんがゲストに登場し、地元長崎の村山仁志アナウンサーがMCとして登壇。

MCの村山アナ、アナウンサーでありながらラノベ作家でもあるということで、長崎ではちょっと知られたアナウンサーらしいです。
著書の中には、長崎が舞台でヒロインの名前が「ヒトミ」という、この作品と只ならぬ縁を感じるようなものもあるそうで(色づくの瞳美とは全く違うキャラクターらしいですが)

前説からそのような話をして頂いたことで、自分を含めた多くの他県の人が

「この人がMCならこのイベント大丈夫そうだ」

と思ったんじゃないかと思います。


イベントはまず制作裏話トークから。

「何故長崎が舞台になったのか?」

という疑問に対して、篠原監督からは、「やや地味なストーリーだったので、坂の多い街にしたかった(細かくは覚えてませんが、おそらく背景を華やかにしたいとか、そういう意図で言ったかと思います)」というのと、「(監督の)嫁の故郷だったので、これで嫁孝行出来たかな、と」というちょっと意外な理由も明かしてくれました。

対抗馬としては、函館も候補地に挙がっていたそうで、監督の奥さんが長崎出身でなかったら、函館が舞台の色づくが出来ていたのかもしれません。


また作中よく登場する展望台が稲佐山ではなく鍋冠山であることについては、「観光PRアニメを作っているわけではないので、地元の人が稲佐山とか観光名所的な場所に行くのか?」という視点から、敢えてマイナーなスポットを選ぶようにした、と話していて、それに対しては村山アナが「稲佐山はカップルが行くと別れるという都市伝説があるので、選ばなくて正解」と付け加えていました。
作品に使う場所については、ロケハン前にGoogleマップで下調べをしたりもしていたそうで、ちょうどそういう選定作業をしているタイミングでGoogleマップが長崎を3Dにしてくれたのが非常に助かったとのことで、文明の進歩が思いがけずアニメの背景を美しくすることに貢献した瞬間を知ることが出来ました。



2つ目のコーナーは、ファンのTwitter投稿で選ぶ名場面ランキング。

正直、どれもいいシーンばかりで、どれが何位だったのかをすっかり忘れてしまったので印象に残った話をピックアップ。

最終話の絵本のシーン。
当初の構成では絵本はすべて瞳美(石原夏織さん)が読み上げることになっていたそうなんですが、その場合最終話の後半パートに瞳美を除く主要メンバーが誰も喋らないことになってしまうため、それは少し勿体ないし、キャストの人たちも不完全燃焼で終わってしまう気がした、ということで、パート分けする構成に変更になったそうです。
ちなみに、最終話の台本を貰った際、東山奈央さん(河合胡桃役)が喫茶店で台本を見て泣いてしまい、それを色づくのグループLINEに暴露したところ、みんなそれぞれの場所で台本を読んで同じように泣いていたそうです。


瞳美が一瞬色を取り戻すシーン。
ここで監督が琥珀役の本渡楓さんに対して「この時の琥珀って、瞳美と唯翔の関係に気づいてた?」という質問を投げ掛けるという衝撃の展開。
アフレコ当時は演じる人たちの感性に任せて、敢えてどちらか決めたディレクションをせずに演じてもらっていたそうです。
ちなみに、本渡さん的には「気づいている」というつもりで演じていたとのことでした。

また、その後に出てくる「めがね橋」の電停は、ロケハンに訪れた当時は「賑橋」という名前だったのが放送の2ヶ月前(2018年8月)に改称されたもので、ストーリー的にも2018年の夏~秋を舞台にしているため、どうするか議論になったそうですが、放送後に聖地を訪れたファンに親しみをもってもらうためにも改称後の名称で全話統一することになり、一部カットの差し替えもしたそうです。


大浦展望公園の紙飛行機。
あのあたりの家からは、向かいの丘沿いに建っている家を真正面に見ることが出来るため、「向かいの家と部屋の明かりの点滅で合図してそう」というベタな恋愛ドラマ的な展開をアニメで再現することに。
当初はモールス信号とかにする案も出たそうですが、「作画が面倒だから」と却下されたとか。
尚、前述の通り向かいの丘沿いに家があるので、作中では出会うまでお互いに走っていますが、実際にそんな事をしたらおそらく息が上がってあんな名シーンにはならないとも話していました。



3つ目のコーナーは長崎弁アフレコ。
作中の一部のシーンを石原夏織さんと本渡楓さんに長崎弁に置き換えて生アフレコしてもらおうという企画。
ローマ教皇来県で忙しい長崎市観光協会が長崎弁への翻訳を全面協力してくれたそうです。

おそらく事前にイントネーションなどのディレクションがあった上での演技だったのでしょうが、2人の違和感のない長崎弁アフレコに「これが声優の実力か…」と感心せずにはいられませんでした。
MCの村山アナも「まさに今時の若者が話す長崎弁という感じで素晴らしい」と大絶賛で、プロデューサーの永谷さんからは即座に「長崎弁の何か、企画書を書きましょう!」と今後に期待を持てる発言も飛び出すほどの大成功となりました。


4つ目は質問コーナー。
個人的には瞳美が未来に帰ってからの60年間というのは気になる部分で、そういった質問もありましたが、監督としては受け止める人の想像にお任せしたい、ただ続編が作れるならそこを作ってみたいとも言っていました。
また琥珀役の本渡楓さんは、60年間当の本人である瞳美にも話せずにこの事を抱えていた、その間に実の娘(=瞳美の母)が魔法が使えない事や、その事で家を出てしまった事など、辛い事もあったと思うと話していました。

ここからは自分の憶測ですが、琥珀はおそらく60年後に瞳美を過去へ送り届けることが、それまでの辛い事をすべてひっくり返して、瞳美やその母(=琥珀の娘)を変えるキッカケになると信じて、星砂に満月の光を溜め続けていたんじゃないかな、と思ってます。


作品についてさまざまな話を聞くことが出来て、遥々長崎を訪れてホントに良かったと思える、とても素敵なイベントでした。

今後も色づくを応援していこうと思いますし、また何かイベントなどがあれば積極的に参加していきたいなと思います。

ありがとうございました。
スポンサーサイト



2019'11'27(Wed)00:26 [ Anime - 色づく世界の明日から聖地巡礼 ]
CM : 0 . TB : 0 . TOP ▲

タグ : 色づく世界の明日から キミノイクベキトコロ 長崎 石原夏織 本渡楓 アニメ PAWorks

Nagasaki Part.8 Fin. ( additional photograph )
今回の長崎聖地巡礼旅行の最終回。


またいつか、
聖地巡礼に訪れた際には、
Part.9から続ける予定ですが、
当面の最終回ということで。


おまけ編です。


+++++++++++++++



めがね橋で出会った金色の金魚。


色づく世界の明日からでは、
唯翔先輩が描く金色のサカナが鍵になっていたので、
こんなところで金色のサカナに出会えたのは驚きでした。


+++++++++++++++



新地中華街。


色づく世界の明日からのAT-X特番では、
石原夏織ちゃんがちゃんぽんを食べていたので、





同じ京華園のちゃんぽん(とゴマ団子)を頂きました。


ばりうまかー。
※シャニマスの月岡恋鐘ちゃんをイメージして聴いてみたい日本語(長崎弁)


+++++++++++++++



トンネルを潜る路面電車。

路面電車の第3系統、
桜町電停~市民会館電停の間にあります。

上は国道34号線が通っています。


+++++++++++++++



謎のバグを起こしたガソリンスタンド。


レギュラーガソリン、ハイオク、軽油
すべて888円/Lとはまたなんというボッタクリ。


+++++++++++++++



長崎のネコ。


色づく8話では、
祈念坂でネコ大集合の写真を撮っていましたが、
(※祈念坂の写真はPart.6参照)
長崎は割とネコが多いです。


+++++++++++++++



グラバー園から鍋冠山公園に向かう道にて。

アスファルトの砂の中に、
蛍光塗料が塗り込まれているものがあって、
ところどころ青く光ってる。

色づくに出てくる星砂のようで、
キレイな道でした。


+++++++++++++++



浜町アーケードの中にある、
長崎浜屋百貨店の屋上プレイランド。


先日は川越の屋上遊園地に行きましたが、
絶滅危惧種になりつつある、
デパートの屋上遊園地のひとつです。


そんなこんなで、
長崎聖地巡礼旅行記はこれにて終わり。
2019'03'15(Fri)00:00 [ Anime - 色づく世界の明日から聖地巡礼 ]
CM : 0 . TB : 0 . TOP ▲

テーマ : 写真旅の写真

タグ : 色づく世界の明日から 長崎 聖地巡礼 金色のサカナ 路面電車 ネコ 浜屋百貨店 屋上遊園地

Nagasaki Part.7 ( Tram )


長崎には長崎電気軌道という、
路面電車が走っています。

路線は全部で5種類あり、
方向幕の左側に系統番号が表示されています。

+++++++++++++++



1系統

市内北部の赤迫電停から、
長崎駅、新地中華街を通り、
思案橋の先、崇福寺(元・正覚寺下)電停まで


+++++++++++++++



3系統

同じく赤迫電停から、
長崎駅で市役所方面へ分岐し、
市内東部の蛍茶屋電停まで


+++++++++++++++



4系統

1系統の終点・崇福寺電停から、
浜町アーケード、めがね橋を通り、
3系統の終点・蛍茶屋電停まで


+++++++++++++++



5系統

Part.3で登場した石橋電停から、
新地中華街、めがね橋を通り、
3系統、4系統と同じ蛍茶屋電停まで。


+++++++++++++++

この他、
赤迫電停から、
長崎駅前、新地中華街、めがね橋を通り、
1系統と同じ蛍茶屋電停へ行く、
2系統もありますが、
現在は臨時電車のみの運用となっているようです。


料金はどこまで乗っても一律120円。
※2019年4月から130円




1系統と5系統の乗り継ぎのみ、
最初に乗った電車を降りる際に、
運賃の支払い後にのりつぎ券を貰うことで、
乗り継いだ後の電車では運賃が不要になります。
※新地中華街電停での乗り換えのみ有効


+++++++++++++++



新地中華街電停から、
出島電停へ向かう道路と重なっている細い道。

色づく世界の明日からでは、
OPで琥珀がこの道を横切っている様子があります。


+++++++++++++++



めがね橋電停

6話で唯翔が瞳美に、

「オレ、描くから」

と宣言するのがここ。

このやりとりをきっかけに、
瞳美は一瞬色を取り戻します。


+++++++++++++++



新地中華街電停

停留所自体の描写はありませんが、
6話で一瞬色を取り戻したことを振り返るため、
8話で瞳美と琥珀がきっかけを探しながら会話するのが、
停留所すぐの「オランダ橋」です。





停留所からオランダ橋を越えると、
1系統と5系統の分岐ポイントがあります。




右折する1系統の電車を待つ、
直進の5系統。

このあたりは車の交通量も多く、
電車の運転士もかなりのスキルが求められそうなポイントです。


+++++++++++++++



思案橋電停

こちらも停留所自体の描写はありませんが、
停留所のある交差点は、
8話終了後の次回予告と、
9話で将くんが唯翔に瞳美と撮影デートすることを宣言した後のカットで映っています。

思案橋とは、
その昔、近くにある丸山遊郭という有名な遊郭があり、
遊郭に行こうか行くまいか思案する場所だったことから名づけられたそうで、
今では川が暗渠となってしまい橋も無くなりましたが、
歓楽街の地名として残っています。


男同士の微妙な駆け引きのようなものを、
この「思案橋」のカットで暗に示したのではないかなと思います。


路面電車は、
長崎の街に無くてはならない交通機関なので、
色づくの中でも様々な場面で登場していました。

ブログもすっかり長くなってしまったので、
本日はこの辺で。

次回が長崎聖地巡礼旅行記最終回、
最後は聖地巡礼とは関係ないおまけ写真をまとめます。
2019'03'13(Wed)00:00 [ Anime - 色づく世界の明日から聖地巡礼 ]
CM : 0 . TB : 0 . TOP ▲

テーマ : 写真旅の写真

タグ : 色づく世界の明日から 長崎 聖地巡礼 長崎電気軌道 路面電車

Nagasaki Part.6 ( Kinenzaka )


祈念坂


色づく世界の明日からのキービジュアルにも使われた、
長崎に数多く点在する異国情緒あふれる坂道のひとつ。




路面電車の大浦天主堂電停から、
歩いてすぐのところ、
大浦天主堂の裏手にある坂です。





人がちょうどすれ違えるくらいの幅しかない、
非常に狭い坂道ですが、
両側の煉瓦造りの壁や、
石畳の道はどこか昔のヨーロッパのような雰囲気で、
長崎が古くから異国文化と交流の深い街だったことを窺わせる景観。




天気が悪く、
遠くの景色までキレイに撮ることが出来なかった反面、
観光客が極めて少なかったので、
誰もいない祈念坂の写真が撮り放題でした。



大まかに「聖地巡礼」と呼べるような場所を訪れたのはこれで全部。


今回の旅行で行けなかった場所は、
またいつか必ず訪れようと思います。

Part.7では、
聖地巡礼と言うほどでもありませんが、
色づくにもたびたび登場した長崎の路面電車を中心に書いていくつもりです。
2019'03'10(Sun)00:00 [ Anime - 色づく世界の明日から聖地巡礼 ]
CM : 0 . TB : 0 . TOP ▲

テーマ : 写真風景写真

Nagasaki Part.5 ( Mizubenomori Park )


メディカルセンター電停


ここは、
9話で将くんと瞳美が撮影デートした時の、
集合場所になった場所。




ここから、
長崎県立美術館を抜けた先にあるのが、
長崎水辺の森公園、
色づく世界の明日からの中で数多く登場している公園。




まずは4話、
琥珀が留学から帰って、
船を降りた桟橋。





そして、
桟橋のすぐ近くの橋(風待橋)で、
瞳美は60年前の祖母・琥珀と出会います。


+++++++++++++++

話は飛んで7話。




胡桃が勉強しながら、
千草にコーヒーの出前を頼んでいたのが、
この石の上。


さらに、
10話で将くん絡みで関係が悪くなっていた、
瞳美とあさぎが仲直りをして、

「あーもう!全部将くんが悪いんです!食べましょう!」

と言ってパフェを食べているのも、
この石の上。

なんか、
ごめんなさい。


+++++++++++++++



この他、
9話のデートシーンでは、
公園の中の様子がいろいろと登場しています。


撮影した日は、
霧雨が降る生憎の天気だったので、
お世辞にもいい写真ではないのですが、
公園内の写真はこんなところです。

天気が良い方が断然良かったんですが、
どうせ降るなら、
土砂降りになってくれた方が、
野球も中止になって聖地巡礼が捗ったんですが。


今回の旅行で訪れた、
「聖地」と呼べるような場所は、
あと1箇所ほどしかありません。

時間が全然足りなかった…。

Part.6ではそこを紹介します。
2019'03'09(Sat)00:00 [ Anime - 色づく世界の明日から聖地巡礼 ]
CM : 0 . TB : 0 . TOP ▲

テーマ : 写真風景写真

タグ : 色づく世界の明日から 聖地巡礼 長崎 水辺の森公園

Nagasaki Part.4 ( Megami Bridge )


長崎女神大橋。

長崎市中心部の南側にある、
長崎湾の上に架かる橋。


大型の客船が通過することもあるため、
非常に高い場所に架けられています。


色づく世界の明日から7話では、
千草がここから豪華客船の写真を撮る提案をしますが、
船が予定より早く出航してしまい撮影に失敗。

その後、
瞳美が魔法写真美術部のメンバーに、
色が見えないことを告白する、
そんな場所です。


7話のサブタイトルは、

「ヴィーナスの重荷」


胡桃の優秀すぎる姉へのコンプレックス
瞳美が色が見えないということ

これらの周囲には言えてない、
心に秘めている想いを比喩したワードだと思うのですが、
それらが最後に解消されるのが、
ヴィーナスウイングという愛称が付けられているこの橋というのは、
ダブルミーニング的な意味合いもあるような気がします。





みんなが走っていた女神大橋の歩道。

この橋は、
普通車100円の有料道路ですが、
歩行者は無料で歩くことが出来ます。

歩いて訪れる際は、
戸町の入口(長崎湾の東側)手前に、
無料の駐車場があるので、
そこに車を停めるのがいいのかと思います。







女神大橋からの長崎の夜景。

ここからでもなかなかの景色です。





女神大橋の主塔。


瞳美の好きなお菓子が「ポッキー」
※作中では「ポポッキー」

瞳美の祖母の名前が「琥珀」

ということで、
「ポッキー大人の琥珀」との2ショット。


色づくのニコ生にも一度登場してます。


このポッキー、
大阪通天閣のお土産屋に売られていたんですが、
普通のポッキーよりややビターな味わいで、
なかなか美味しいです。



最後に余談。

この橋は22時までライトアップされているんですが、
22時になるとスッと明かりが消えます。

周りに明るい施設とかもないので、
明かりが消えるとちょっと不気味になります。


これは、
自分が上の写真を撮った5分後に22時を迎えて、
実際に明かりが消えた瞬間に立ち会った経験からです。。。
2019'03'08(Fri)00:00 [ Anime - 色づく世界の明日から聖地巡礼 ]
CM : 0 . TB : 0 . TOP ▲

テーマ : 写真風景写真

タグ : 色づく世界の明日から 聖地巡礼 長崎 女神大橋 ヴィーナスウインク

Nagasaki Part.3 ( Mt. Nabekanmuri Park )
長崎市内中心部に戻り、
路面電車に乗車。


長崎の路面電車は全区間一律120円という、
リーズナブルなお値段。




到着したのは、
5番系統の終点である石橋電停。


ここは、
9話で将くん(山吹将、魔法写真美術部の部長)と
瞳美が撮影デートをした帰り、
将くんが瞳美に告白する場所。


アニメ内での瞳美の家(=まほうや)の最寄りは、
ここみたいです。





グラバースカイロード。

石橋電停からグラバー園に向かうエレベータ。

ただのエレベータではなく、
斜面を斜めに登る斜行エレベータです。

無料で乗ることが出来ます。


9話で告白された瞳美は逃げてしまい、
一人このグラバースカイロードに乗り込んで、
「急に言われても、そんなのわからない…」
と言った後、突如消えます。




グラバースカイロードの5階。

瞳美が消えた描写のあるのが、
この場所です。


この後11話になって、
瞳美の時間魔法が綻び始めていて、
時の淡いに引き込まれているのでは?
という話になりますが、
初めて時の淡いに引き込まれたのが、
この時かと思われます。


グラバースカイロードを登ると、
さらにもう一つ普通のエレベータがあり、
それを登った先にあるのがグラバー園です。

グラバー園は高低差がかなりある施設なのですが、
こちらからだと一番上から入る形になります。


グラバー園は、
6話でコスプレ写真撮影をした場所ですが、
今回は訪れた時間が遅かったので、
大した写真はありません。




胡桃ちゃんが
「たっかー…」
と言いながら登ってるのが、
この坂道状のエスカレーター。


ちなみに入場料は大人610円です。


登りながら撮ったので、
なんかアトラクションに乗ってるみたいな写真になりました。



エレベータからグラバー園をスルーして、
さらに上へと登っていくと、




鍋冠山公園に到着します。

偶然にもこのアングルとほぼ同じ絵が、
今度のAnime Japanでタペストリーになるみたいです。


AT-Xの特番でも、
石原夏織ちゃんがここからの夜景を見ています。


アニメ本編では、
5話で瞳美が唯翔に星砂をプレゼントしているのがここになります。



写真からもわかるようにここからは、
新世界三大夜景と称される長崎の夜景が一望出来ます。

長崎の夜景見物というと、
稲佐山が有名ですが、
こちらも負けず劣らずの絶景。

訪れたのが金曜日だったからなのか、
みんな稲佐山へ行ってしまってるのか、
夜景を見にきている人は数人しかおらず、
穴場スポットに来た気分でした。




色づく世界の明日からでは、
主人公である月白瞳美ちゃんは色が見えないということで、




上の写真と同じアングルの、
モノクロ写真も撮ってみました。


撮った写真をモノクロ加工するのではなく、
カメラをモノクロモードにして撮ることで、

瞳美ちゃんには長崎の夜景がこういう風に見えていたのかな…

と想像を膨らませながら写真が撮れます。




南の方に架かる大きな橋。
※この写真はグラバー園で撮ってます

Part.4ではこの橋に行きます。
2019'03'07(Thu)00:00 [ Anime - 色づく世界の明日から聖地巡礼 ]
CM : 0 . TB : 0 . TOP ▲

テーマ : 写真風景写真

タグ : 色づく世界の明日から 聖地巡礼 長崎 鍋冠山公園 グラバースカイロード 路面電車

Nagasaki Part.2 ( Witches Cafe )



森の魔女カフェ。

このカフェは、
色づく世界の明日からでは、
月白家が営む「まほうや」のモデルとなった場所。

非常に小さなカフェなので、
事前に予約が必要です。





昼食を食べに来たので、
ボロネーゼを注文。




食後にコーヒーとプリンもいただきました。


店内では、
タロット占いもやってもらえるようです。

色づくのAT-X特番では、
石原夏織さんも占ってもらっていました。



食事をすると、
色づくのコラボクリアファイルがもらえます。

12月からやってるサービスなので、
もう無くなってるかなーと思いつつ訊いてみたら、
まだ残ってました。




もらったクリアファイルでこういうことも出来ます。




ちょっと小高いところにあるので、
カフェからは大村湾を望むことが出来ます。


長崎市内中心部から目指すと、

R206を北上

県民の森方面への脇道へ

登り坂をひたすら登る


こんな看板が見えたら、
その横の細い細い道へ入る

到着。


最後の細い道が、
ホントに細くてビックリしました。


近くに公共交通機関が全く通ってないので、
車以外にアクセス方法はほぼ無いと言っていいと思います。


アニメの作中では、
グラバースカイロード付近にあるような描写がされていたので、
自分は行こうと思い始めた頃は、
実際にもその辺なのだろうと思ってて、
いざ調べて驚愕しました。


でも、
非常に美味しいものがいただけるので、
苦労して行く価値はあるかと思います。
2019'03'06(Wed)00:00 [ Anime - 色づく世界の明日から聖地巡礼 ]
CM : 0 . TB : 0 . TOP ▲

タグ : 色づく世界の明日から 聖地巡礼 長崎 森の魔女カフェ まほうや

Nagasaki Part.1 ( Megane Bridge )
人生初の長崎。

土日の野球観戦も目的の一つですが、
わざわざ前日の朝イチの飛行機にしたのは、

色づく世界の明日から

の聖地巡礼をしたかったから。






眼鏡橋。


実際の橋の形状と、
水面に映る橋とで眼鏡のように見えるから、
この名前が付いている橋で、
日本全国に似たような形状の眼鏡橋がありますが、
ここ長崎の眼鏡橋はその代表格のひとつ。


色づく世界の明日からでは、
キービジュアルで瞳美と琥珀が座っていたり、
オープニング映像に登場してたりします。




キービジュアルに近いアングルはこちら。


また、
AT-Xで放送された特番では、
※アニメのBD1巻にも収録されてます

瞳美役の石原夏織さんが、
ハート形の石を探していましたが、




この中にあるのがわかるでしょうか?


わからない人のために、
さらに近づいてみますね。




この石は周辺の改修工事をした際に、
話題作りのために意図的に仕込んだものなので、
橋の下の石垣の道を歩くと、
ゆっくり探しても10分程度で見つかります。


Part.2では一旦市内中心部を離れて、
車でとある場所を目指します。
2019'03'01(Fri)23:59 [ Anime - 色づく世界の明日から聖地巡礼 ]
CM : 0 . TB : 0 . TOP ▲

テーマ : アニメ・コミック名作アニメ

タグ : 色づく世界の明日から 長崎 聖地巡礼 眼鏡橋 ハートの石