FC2ブログ
11≪ 2018| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303112/ ≫01
KUMANO Part.5


2日目は海沿いを回ります。




高野坂。

速玉大社~那智大社の巡拝道の一部です。

今はどちらとも繋がってないので、
ホントにただ歩いて景観を楽しむだけ。




すぐ横を紀伊本線の線路が走ってます。




1日目ほどではないですが、
森の中をずんずん進みます。




沢蟹がいました。




トンビらしき鳥もいました。




黒猫と三毛猫もいました。


なんとものどかな風景です。




鯨山見跡からの景色。

昔はこのあたりでも捕鯨してたようです。



そんなこんなで、
熊野古道2日目の旅は始まりました。
スポンサーサイト
2018'12'08(Sat)23:23 [ Travel - 熊野古道(18年夏) ]
CM : 0 . TB : 0 . TOP ▲
KUMANO Part.4


復路は別ルートで戻ります。




険しい。




険しい。。




振り返っても、
どこが道だったのかよくわからない。


午前中から写真を撮りながら歩いていたので、
体力的に限界が近づいていました。




湯峯王子。




湯ノ峰温泉。


残念ながら体力的な限界を迎えてしまったので、
復路はここで終了となりました。


おまけ。

残りをバスで行ったのですが、



整理番号56。

このバスは一体いくつのバス停を通ってきたんだろうか…。



おまけ2。

発心門王子に戻った後のこと。



せっかくなので、
熊野古道とMINIの写真を撮影。




ネコが現れました。




MINIに興味があるのか…

と思いましたが、

ただ眠いだけで、
特に興味は無さそう。




どこかの飼い猫のようです。


Part.5からは2日目に入ります。
2018'12'06(Thu)00:41 [ Travel - 熊野古道(18年夏) ]
CM : 0 . TB : 0 . TOP ▲
KUMANO Part.3


熊野本宮大社に到着しました。




ここの御祭神である素戔嗚尊のお仕えが八咫烏だったということから、
八咫烏ポストという珍しい真っ黒なポストがあったりします。

また、サッカー日本代表のユニフォームに八咫烏がいることから、
サッカーの必勝祈願で参拝する人も多いようです。




熊野本宮大社の御朱印。

創建2050周年記念で、
特別な御朱印と御朱印帳があったので頂きました。

(御朱印帳は普段持ち歩いているのを宿に忘れたから仕方なく買ったというのは、ここだけの話…。)





大斎原。
おおゆのはら。

かつて熊野本宮大社があった場所になります。

100年ほど前に水害で流されてしまったため、
今はほとんど何もありません。


何もありませんが、
鳥居がデカい。


ここまでが往路。

Part.4からは発心門王子は戻る復路になります。
2018'12'05(Wed)23:53 [ Travel - 熊野古道(18年夏) ]
CM : 0 . TB : 0 . TOP ▲
KUMANO Part.2


各王子にはスタンプ台が設けられてます。

上の写真はPart.1で通過した水呑王子のスタンプ。




果無山脈とはまたわかりやすいネーミング。

その名の通り果てなく続く山の稜線と、
キレイにV字を描いた谷が美しい。




伏拝王子。

ここから本宮大社を拝んだことが名前の由来。

大斎原の鳥居が見えるんですが、
ここからあそこまで歩くと思うと遠い…。




右 かうや(高野)
左 きみい寺(紀三井寺)

ここから高野山と紀三井寺に行けるそうですが、
何日かかるんでしょうね…。




古道感溢れる道。




こちらは一緒に行った友人の後ろ姿と熊野古道。

正直言うと、
写真撮りながら歩くのって、
カメラ重いし、一定リズムで歩けないんで、
普通に歩くより余計に疲れるんですが、
そこに写真に撮りたい景色があるからしょうがない。

本宮大社までもう少しというところで、
続きはPart.3へ。
2018'08'15(Wed)23:59 [ Travel - 熊野古道(18年夏) ]
CM : 0 . TB : 0 . TOP ▲
KUMANO Part.1
毎年恒例のお盆旅行。

2018年は熊野古道へ行くことに。


初日は発心門王子から本宮大社周辺。




この一帯は「中辺路」と呼ばれ、
世界遺産の一部にもなっています。




スタート地点の発心門王子。

王子とは、
参拝途中の儀礼を行う場所のことを指しているそうで、
熊野古道に沿って大阪市まで全部で99箇所あるとのこと。




こちらは水呑王子。




熊野古道の石碑。

なんともRPG感のある名前がついてる。




道に迷わないように、
「熊野古道 KUMANO KODO」
の看板がそこかしこに立ってる。

2枚目の看板の上にいるのは、
熊野大社の主祭神の仕えである八咫烏。

間違えそうな道には、




この道は熊野古道ではありません
NOT KUMANO KODO

日本語に対して、
実にシンプルな英語の注意書き。




なんとも「古道」という言葉がよく似合う。




至る所にある石積み。

パワースポット的な場所に行くと必ずと言っていいほどありますが、
何の意味があるのかはよく知りません。




途中にあるお茶屋大阪。

飲み物が安く売られているほか、
湧き水を無料サービスしてくれたり、
かなり良心的なお茶屋さん。


こんな感じで、
のんびりと歩きながら、
熊野本宮大社を目指して行く初日です。


Part.2に続く。
2018'08'12(Sun)23:59 [ Travel - 熊野古道(18年夏) ]
CM : 0 . TB : 0 . TOP ▲